カテゴリ:未分類( 13 )

<メキシコ読書> あなたは、誰かの大切な人 (原田マハ)

 新幹線の往復で、必ず一冊くらいは読了できる「こだまグリーン車」での移動が頻繁です。
なぜか、新幹線の早割ICチケットはグリーン車に限って、普通指定席よりもお安くなっていて、ありがたいことにもうグリーン車しか乗れないという状態なのだ。
隣の人の乗り降りが少ないので、静かに読書が楽しめますね、グリーン車!

 最近お気に入りの作家ナンバーワンの原田マハ。
彼女の「楽園のカンヴァス (新潮文庫)」を読んでから、かなりの作品を読んでしまいました。
新幹線の中で涙にくれた「夏を喪くす (講談社文庫)」。(すでに文庫にもKindleにもなってます)

 その短編の続編が、新刊の「あなたは、誰かの大切な人」のなかに収められている「皿の上の孤独」
その舞台は、メキシコシティ、ルイス・バラカン邸。ぜひ、「夏を喪くす (講談社文庫)」を読んでからの方がいいかなと。

a0254243_1784643.jpg


この本の帯にある
大好きな人と、食卓で向かい合って、美味しい食事をともにする---.
単純で、かげがえのない、ささやかなこと。それこそが本当の幸せ。

と言う一文に、ぐっときたねぇ。

 原田マハさん、昨年の6月にメキシコシティを旅していて、その様子は、芸術新潮2014年10月号に「フリーダカーロとの対話」としてまとめられています。昨日市立図書館で、バックナンバーは持ち出し禁止のため、白黒コピーをとらせてもらい、じっくり拝読したところ。
 いつも見慣れていたメキシコシティを、大好きな作家は、こんな風に切りとって描写するのもなのかと、メキシコシティが、私が観たいたものとまったく違ってみえてくるのが不思議です。
 巻末の日本女性カメラマンの石内都さんとの対談にも感動でした。石内都さんは、フリーダ没後遺言で50年目に開けられたフリーダの遺品を作品に収めていて、この写真も私が足しげく通ったあのフリーダの青い家で見た遺品とは、まるで違ってみえたのでした。
すでにメキシコでは、彼女の写真集「Frida by Ishiuchi」(2013)として販売されているそうだ。Gndhiあたりに行けばきっと並んでいるのでしょうね。

 ルイス・バラカン邸もしかり。でもいっぱいうなずけて・・・・。詳細は「芸術新潮」で読んでね。(きっとご近所の図書館のバックアンバーにあるはず)

 作家原田マハの経歴は、キュレターと言う事もあって、彼女の目を通して描かれたフリーダ・カーロがどんな物になるのか、小説になるのを首を長くして待ちたい!

 この「あなたは、誰かの大切な人」に収められているのは、2つのメキシコが舞台の作品のほかに、アラフォー、アラフィフの女性が抱える親の介護、親との葛藤、女性としての衰えと恋、女友達とのことなど、等身大の自分世代が描かれていて、どれもが涙腺を緩めて文字が滲んで揺れるのをこらえて読み進んだのでした。

 同世代の作家が、縁のあったメキシコを描いてくれてなんだかとっても嬉しい。
思わず、「芸術新潮」の記事のことをメキシコの友人たちに書き送ってしまいました。

 海外生活を送る駐妻が、異国を体験するとき、こんな風に、音楽や芸術、小説などを切り口に斜めに味わうのもいいものだと思います。日本人村での生活に窮屈を感じている時ほど、私は自分一人の楽しみで、異国の文化にのめり込んでいた気がします。
 メキシコにゆかりのある人には、こんなリレー読書もお薦めですよぉ~。








毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2015-02-18 17:09

11月13日 整理収納アドバイザー2級認定講座を開催します

 整理整頓や、家の片づけ方を理論から、実技まで体系的に習得したことがない人ってたくさんいると思います。家庭でも、学校でも「片づけ」って習わないんですものねぇ~。

 私もずっと自己流で過ごしてきましたが、整理収納アドバイザーという仕事をするにあたって理論からしっかり体系的に学ぶことは、すごく大事だと感じています。収納フェチ、片づけマニアの自己満足は、実は家族にとってはありがた迷惑でもありました。片づけを人に伝えるのもその理由や合理性がわかっていないとね。

 誰かと一緒に暮らすにしても、一人で暮らすにしても、ものの片づけにはルールと、合理性が求められることに気がつくと、住まいも、暮らし方もぐっと楽になりますよ。

 そんなことをお伝えしたくて、私のオフィスでもずっと認定講座を開催してきました。
お片づけのための基礎の勉強にさく時間は、たった一日だけです。
それで、ぐっと暮らしが、片づけが楽しく楽になったらいいのにね。

 交通の便の良い吉祥寺第一ホテル 今年最後のワミューズでの開催です。
参加申しこみの受付がスタートしました。ふるってご参加ください。

(社団法人)ハウスキーピング協会認定講座
整理収納アドバイザー2級認定講座 カリキュラムはこちら→★
開催日時 2014年11月13日 (木曜日) 10:00-17:00 途中休憩1時間あり
開催場所 吉祥寺第一ホテル 3階 ワミューズ
受講料   21,600円 別途テキスト代 1500円 (認定料を含む)

一日の講習で、片づけ生活がぐっと楽しくなりますよぉ~
お申し込みは、こちらから → ★

a0254243_9295461.jpg



毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-10-18 09:33

ヘルプマークとヘルプカードを知って欲しい!

 身内の家族に、外からは見えにくい障害を持つ人がいて、
昨日、都営多摩モノレールの立川南駅で、「ヘルプマーク」のストラップをもらってきました。

 みなさん、ご存知でしたか?
私は一昨日、Facebookでシェアされていてこれを知り、素晴らしい取り組みだなと思い、身内のためにもらいに行ってきました。

a0254243_9223877.jpg


 外から見えない障害や辛さがあって支援が必要な場合は、自閉症や、発達障害、パニック障害、義足、人工関節、妊娠初期、術後の体力がないときなどと実に様々です。
外見ではわからないそういう辛い方が、周りの人にその援助をさりげなくアピールするのが、良く考えられた可愛い真っ赤な赤十字にハートのこのヘルプマークです。じんわり広がっているようです。

a0254243_9252595.jpg


 もしもこのマークをつけている人がいたら、
「お席を譲りましょうか?」とか、「お手伝いが必要ですか?」とそっとアイコンタクトでマークを見てからいえばいいのです。

 もしもパニックを起こしていたり、災害時に途方に暮れていたら、「どうして欲しいですか?」、「連絡しましょうか」と聞いてあげればいいのです。

 それもさりげなくね!

ヘルプマークに合わせて、各自治体がヘルプカードというのも作成しています。
自治体によってまだ書式の統一がされていませんが、東京都の場合は、こちらにガイドラインの広報が出ています。

 ヘルプマークをつけた人は、ヘルプカードも携帯している事が多いので、言葉では上手に説明できないときも、このカードをみて連絡をとることができます。

 都内では、都営地下鉄、都営バスなどの各駅でこのヘルプマークのストラップを無料で配布しています。
必要としている人は、そのための申請の手続は何も要りません。
ヘルプマークのストラップが欲しいのですがと言ってくだされば、すぐにもらうことができます。
お役所がしかけた仕組みだけど、手続が何も要らない。
支援が必要としている人ならその理由も告げなくても、もらえます。
 障害のある人がいる家族としては、悪意は当然排除せれて、このマークが有効に活用されることを心から願います。

 もしも街で、このマークをつけた人がいたら、ちょっと気にしてくださるといいなと思います。
ほら、車につける若葉マーク??や、紅葉マーク??みたいな感じにね。

氷水パフォーマンスで、寄付を呼びかける素晴らしい仕組みを作った人ってすごいなぁって感心しています。
今後は、企業へも周知していくそうです。
孫さんには、ぜひ氷水パフォーマンスのあとはこれの拡散もお願いしたい。

そしてさまざまな支援を必要としている人は、じつは、すぐ自分のそばにもいるんだよねっていことにも改めて気が付きました。

 ヘルプマークと、ヘルプカードの認知と理解に協力してくださる人は、ぜひ拡散いただけると幸いです。

ヘルプマークの東京都福祉保健局公式HP→★


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-08-26 09:41

ハウスワイフ2.0を読了

 娘に薦められて、アメリカの有力各紙で、大論争が起きたエミリー・マッチャーのハウスワイフ2.0を読了。

a0254243_6201085.jpg


 不況が長引くアメリカ。娘の留学時代の学生寮の友人たちも、日本以上に就職難にあえぎ、そのうちアメリカンガールが2人も日本にやってきて就職している。ここ数年、多忙の娘に代わって日本での新居設営や各所の外国人登録手続きなどのお世話をするのはいつも私の仕事になっていました。

 この本は、アメリカの20~30代の高学歴キャリアウーマンの「主婦回帰」という社会現象をリポートしたもの。
ハウスワイフ2.0の数字は、1.0が彼女たちのおばあさん世代の専業主婦、そしてそのおばあさんたちの時代とは違ってバージョンアップされた専業主婦が2.0ということなのだ。
 キャリアウーマンを目指して、仕事と家庭にアップアップしてきた母親世代、そしてその次世代、超一流大学を卒業して今度はビジネスウーマン、MBA取得などの超高収入、バリバリキャリアの女性たち。
 今はもう「キャリアウーマン」という女性らしさを兼ね備えたオフィスレディーは死語なんだとかで、日本でもこういう女性は「サラリーマン女子」と言われているそうで、つまりは男性以上に仕事ができて、すっかり家事は放棄した女性。

 あたりまえだけど、男性以上に仕事をして、ちゃんと家事や育児もこなせるなんている人は世界を見回してもいるはずはない。絶対的に時間が足りないのだもの。
猛烈に働いて一日1時間程度しか我が子を抱きしめられない、まともに食事が作れないくらい帰宅が遅いんだもの、家事なんかできなくて当然じゃないですか!

 年収がゼロになって、それが夫の年収だけになったとしても、専業主婦になって「家庭をつくる」ことに価値観を見いだしている女性が増えたのは、やはり「企業の働らかされ方」に問題があるのだろうなぁ。これ日本も同じだね。

 家庭生活に新しい価値観、自ら野菜を育て、鶏や豚を買い、エコに配慮して持続可能エネルギーを使って暮らすことに重きを置き、子どもはホームスタディで自らが教育するという女性。
仕事がなくて働けないからの専業主婦でなく、高収入の夫にすがって三食昼寝つき楽(らく)したいからでの専業主婦でもない。
専業主婦その仕事に価値観を見いだいして楽しみ、生きるという女性たちのレポートなのでした。

 去年、娘に同じく紹介されたFacebookのCOOシェリル・サンドバーグのLEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲にみるガラスの天井に嘆く女性のその後の様子がみてとれます。

こんな有名な就職面接もあるくらいだし。

そう、主婦という仕事に価値観がみいだせるか?

 面白かったのは、レポートの中の女性たち、ただの専業主婦として埋没していないこと。
自分の主婦という生活観をブログで発信。10万アクセスのビックブロガーが実に多いのです。
 家事や育児を楽しむ専業主婦は、その仕事の価値を家族にときに感謝されてはいても、評価されるという事はまったくと言っていいほどない。
 自分で焼いたカップケーキ、丁寧に育てたハーブや野菜、ペンキを塗り替えた家具や壁、素晴らしいテーブルセッティング、オーガニックコットンで作ったベビー服・・・。だから誰かに共有してもらいたくてこれらをブログに発信して、共感をえたり、それらの価値を広めたり。

 おばあちゃん世代のハウスワイフ1.0が、“夫にかしずき夫が気持よく、子どもが健やかに育つことだけを願って家事の完璧”を目指していたのとはかなり違う。
 ブログの写真にはのらないごったごったのシンクや、夢のようにシンプルには生きられない厳しい現実は脇に置き、それでも「主婦という輝き」を欲している点。そしていつの間にか、人気主婦ブロガーはアフィリエイトブログに発展していき、手編みのショールや、カップケーキでビジネスをしなやかにスタートさせる現代のハウスワイフが2.0なのです。お気に入りの主婦ブロガーの発信する商品の読者の購買力、今は本当に市場を左右するほどの影響力になっていますからね。

 あらぁ、このブログのスポンサーのエキサイトブログの今週のピックアップブロガーさんたちなんて、まさにみんながハウスワイフ2.0じゃありませんか?
…なんてことを自虐的にヒシヒシと感じながら、痛快に面白かったレポートなのでした。

 専業主婦なんてつまらない。価値観が見いだせない。
仕事と家事と育児でアップアップしている。
赴任先で、いきなり専業主婦になって悶々としている。
そんな人にお薦めの本ですよぉ。

 さて、私ごとですが、まもなくメキシコ生活にピリオドが!やってまいりました。
日本に一時帰国中に決まってしまった帰任。2年と言われていたメキシコモンテレイの夫の単身赴任に始まったメキシコジェット妻生活もあと3週間です。

 帰国後の事、つらつら考えてます。夫も定年だし、今度は私が夫を帯同してどこかの国にシニアボランティアをしに行くっていうのはどうだろうか?洋裁指導、袋モノ制作指導くらいは出来そうだぞ…などなど。

 まったく海外生活を経験したことがなく英語力もかなり怪しい大親友が、ベトナム・ハノイに続いて中国の山奥にダーリンを日本に残して単身日本語ボランティア講師として赴きました。トランク2つだけの女寅二郎みたいな生活です。
 帰国後のアラフィフの生き方、主婦とか妻とかなんかにこだわらない、一人の人として今度は輝けたらいいなと、親友のブログを見ながらつらつら考えています。素敵な友だちはいつも刺激的だ!
「アラフィフ女子単身渡中」は、こちらから→★







毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-06-06 10:05

カリブ海の休日 Riviera Maya sanpo

セマナサンタ(イースター)の休暇でカリブ海Riviera Mayaに来ています。
メキシコに暮らして一番の贅沢は、カリブ海に国内旅行で来れることね。今回で三回目です。
a0254243_1241878.jpg


いつもながらカリビアン・ブルーは本当にすごく美しい。
結婚生活の半分以上は海外暮らし、休暇でいろいろなビーチリゾートを回ったけれど、たぶん海の色はカリブがいちばん美しいと思います。
a0254243_1262928.jpg

何もしない贅沢な休暇、よく冷えたコロナビールにライムを絞って、ビーチでゴロゴロ。

a0254243_12171556.jpg

日差しが強くなったらヴィラのハンモックでお昼寝。
滞在型の18歳未満は入れない隠れ家ヴィラで5日間ほど過ごします。
乾燥の激しいメキシコシティから来たので、じっとりした湿気、海の潮風、夕方の土砂降りのスコールがたまらなく嬉しい!
シニアバカンスを楽しむ世界の熟年カップルばかりの大人リゾート、
ビキニのはみ肉なんて全く気にしないマダム達に混じって…。

いつも空気の悪い酸素が薄い高地に暮らしているから、海抜ゼロになるとこんなに昼寝もぐっすりできる。夜も一度も目覚めずに。
頭の奥まで濃い酸素が行きわたる気がします。
肺いっぱいにいい空気吸って、心身ともにリフレッシュ。
日頃の緊張をゆっくり解きほぐす心地よさ。
ちょっと贅沢な休日を楽しんでいます。

VICEROY Riviera Mayaにて、iPadから更新。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-04-19 12:21

ミチョアカンのバスケット kawaii

 カゴフェチです。雑貨の中でもカゴは大好き。
インドネシア、バリ、インド、タイ、ベトナムなどアジアのカゴをいっぱい持っています。
わが家に来るお客さまたちには、いっぱいあちこちに使われているカゴをみて、「これはどこのカゴですか?」と聞かれることがしばしば…。

 それでメキシコのかごですが、トルティージャをいれるバスケットをはじめ、これまた、たーくさんカゴの種類が産地別にある。
整理収納アドバイザーとしては、スペースもの事もあって四角いかごをお薦めしたいところですが。
メキシコに来たばかりのころは、
「うーん四角のカゴがないのかぁ~」と、メキシコのカゴへの興味は半分だったのですが、長く暮らすとねぇ~、可愛いものにいっぱい出会っちゃうんですよね。そしてその実用性もわかってきて…。

a0254243_518272.jpg


 ひとくちにメキシコのカラフルなカゴと言っても、麦わら帽子をミシンで編んだような“ミシン仕上げの土産物屋のカゴ”には、全然興味がわきませんが、民芸博物館などにある手編みのカゴには目を見張るものばかり。

a0254243_5191925.jpg

 長い事、銅線で巻いてある機械編みのカゴとおもっていたら、ミチョアカン州のバスケットは、実はレース糸でパイナップルの軸(葉の繊維)を編んで作ったものだったのだと知ったのは、つい最近の事。

a0254243_520381.jpg


 公園の一角で、おじさんがレース糸を巻きつけながらかご編みをしていたのを見てからでした。
メキシコの手仕事のカゴ編みに、がぜん興味がわいてきてしまって・・・・。
a0254243_5212971.jpg

いい仕上がりですねぇ。

 治安が悪いミチョアカンには、旅ではなかなか行けません。こうして行商のおじさんの仕事を観るだけですが、ミチョアカンのカゴもなかなかいい感じです。

 だんだん、カゴの素材やデザインを見れば、メキシコのどこの産地かがわかるようにもなってきてメキシコのカゴにも愛着を感じてきました。
何気なくみているとなにも違いはわからないけど、何でも好奇心を持って、深く知ろうとすれば、面白さも倍増ね!旅くらいではなかなか見つからない、こういう発見が「海外生活」の醍醐味だと思います。

 私のカゴフェチを知ってか、お知り合いからお土産にいただくカゴのお土産もまた逸品。
これは、ベラクルス州トラコタルバンのカゴ。インディヘナの女性のおさげの三つ編みに編み込まれているのと同じリボンを編み込んでいます。メキシコの女性たちリボンが大好き!私は、裁縫道具の糸を入れています。
(13㎝×13㎝×8㎝)
a0254243_5245635.jpg


珍しい長方形の細長いタイプはお弁当用に使っています。
(8㎝×25㎝×6㎝)
a0254243_539711.jpg


 そしてこれはチワワ州、ウルトラマラソンで有名なタラウマラ族のカゴ。
(直径8㎝×高さ5㎝)
買って来てくださった方が、「思わず商品開発の助言をしてしまいそうだった」とつぶやいていましたが、十分に手作りの暖かさが伝わります。ピルケースとして使っています。
a0254243_5263869.jpg

 カゴの収納の文化ってすごいと思うの。暮らしの道具だけど、人類の分類や収納の文化ここにありですよ。
暮らし本来の意味での豊かさや、生活を楽しむ気持の意匠、こういうささやかな道具にも表れますよね。

またまたメキシコキッチュな可愛いものへの好奇心がわくわくです。
素材、形、色使い、編み方…あれこれ調べるのが楽しみです。
 先日もオアハカの可愛いカゴをたくさん買ってしまったばかり、カゴのコレクション、増えちゃいそうだなぁ~。
(オアハカのカゴの記事は、こちら→★
 
毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-04-05 00:15

Central de Abasto の鮮魚市場La Nueva Vigaについて

 先にご紹介した「達人と行く Central de Abasto (中央卸売市場)1」の記事に、鯵の売り場についてご質問をいただきました。
 返信のコメント欄には画像がはれず、リンク先も掲載できないので、こちらでご案内させていただきます。

 達人も、「感性の人」なので、地図では説明しにくいなぁ~と言っていました。(苦笑)
新弟子のアッシーも、行けば分かるけど、地図では行き方は説明できないなぁ~。
なんと、あてにならないんでしょう!達人の「奥さま」にお聞きして下記のURLをご紹介いただきました。

 鮮魚売り場だけが、一部、中央卸売市場から独立していて、鮮魚専用の市場になっています。
この魚市場La Nueva Vigaといいます。HPがあります。
こちら→★

 また入口付近の地図と、目印のゲートの画像が、こちらのHPに出ていますので、これを目標にしてみてください。(黄色い立て看板とBanorteの赤い看板の間から入ります。)
こちら→★

 そしてメキシコの鯵は、とても大きくて日本の鯵とかなり姿が違います。
a0254243_2394589.jpg


写真の色ではわかりにくいのですが、日本の鯵よりもずっと白っぽくて、身幅が広いです。
ゼイゴは同じようについているので、これが手掛かりでしょう。
これが一番小さいサイズくらいですが、すでにサバほどに大きい鯵です。 
(達人は、これを見て、うーん腹が割れているから、ダメだ!とダメだししていました。)

一般に通用するスペイン語での鯵は、Cojinudaだそうです。
Jurelは鯵よりもう少し大きくて、身の色が白くて油が少ないです。
また、これより小さいサイズになると、鰤(ぶり)のように名前が変わるそうです。地域に寄っても、鯵の名前が微妙に違うそうです。
 達人が購入した鯵のたたき用は、50センチ以上もある大物でした。

メキシコでも鰯や鯵の青背の魚は下魚扱いのようで、こんなに大きくても1kgで、$13です。
目の色やエラの様子で鮮度を上手に見分けてください。

 時間帯は、10時を過ぎるとどんどん店じまいをしてしまうので、朝は早い方がいいですが、あまりに早いと業者もいっぱいいるので、8時過ぎがいいかと思います。

 ただいま、セマナサンタ前で、お魚の価格は急騰中、市場もごった返していますので、セマナサンタが終わってからの方がゆっくり品定めができると思います。駐車場の出入りも大渋滞が予想されるそうです。

 当ブログでは、現地の安全については保証しかねますので、十分に事前情報や安全情報をご確認の上、各自の自己責任でお願いします。

今回の記事、あらためて色々な人にご協力していただき、質問してしまいました。ありがとうございました。
お役にたてば幸いです。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-04-02 23:53

世界で一番美しい本屋 メキシコシティのEl Péndulo

 イギリスの新聞社が選んだ世界で一番美しい本屋ベストテン。
そのランキングの8位に選ばれたメキシコシティのEl Pénduloへ。

a0254243_9295669.jpg


 ランキングの1位に、オランダ・マーストリヒトの教会を改修したSelexyz Dominicanen セレクシーズ・ドミニカン。
2位には、アルゼンチン・ブエノスアイレスの劇場内のEl Ateneo エル・アテネオ書店。
3位にランキングされたのが、ポルトガル・ポルトの世界遺産の建物Livraria Lello e Irmao レロイ・イ・イルマオン書店。
これらの有名書店にならんで、メキシコシティ、ポランコにあるCafe El Pénduloは8位(2008年)になっています。去年は11位。
ランキング上位はあちこちでご紹介されているけど、悲しいかな、メキシコシティのこのお店、まだ日本のメキシコガイドには話題にもなってなくて…。

a0254243_9332812.jpg


a0254243_9335224.jpg


 私がスペイン語で、読める本は写真集くらいしかないけど、今日もデサジュノ(ブランチのような朝食)でテラスはにぎわっていました。でも2階はガラすきだから、美しい本の陳列を眺めながらのひととき、本当に素敵。

a0254243_9343579.jpg

しばらくメキシコシティの喧騒を忘れて楽しめる本屋さんです。

a0254243_935049.jpg


 東京の代官山蔦谷にも似ているけど、こちらは完全にCafeがメインの本屋さん。
a0254243_9353455.jpg

お客さんの半分が注文するマンゴ&オレンジジュースがすばらしく美味しいのだよぉ。

a0254243_9364023.jpg

メキシコの美術館や博物館の建築や、展示が素晴らしいのは言うに及ばずですが、
Cafeのこういう趣向もメキシコは本当にお上手。メキシコ・ファンにはたまらないCafeです。

a0254243_937506.jpg


このラインキングには、日本からは、京都のけいぶん社が9位に選ばれています。

たっぷり撮影させてもらったので、素敵な本屋カフェのご紹介。
日本にももっとたくさんこういうCafeがあったらいいのにな。
スタバよりもずっと楽しい、本好きにはたまらない美空間。

Cafe El Péndulo
Alejandro Dumas 85
Polanco Miguel Hidalgo
55 5280 4111
8:00-23:00
http://pendulo.com/
ポランコ店の他にもCondesa、Sona Roza店などがあるので、HPにてご確認ください。


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-28 13:57

ミルヒ プロート (生クリーム入り食パン)

 穏やかなお天気なので、今日もパン焼きです。
昨夜のうちに捏ねて、冷蔵庫でじっくり発酵待ちをさせた生クリームたっぷりの食パン。
運動不足なので、350gで2本分を全力で捏ね、力尽きておかげで昨夜はよく眠れました。

a0254243_355185.jpg


a0254243_36951.jpg


 朝のおひさまが登る窓辺で発酵を待ち、成形はいつもどうりに雑だけど、このくらいで焼きました。
a0254243_365579.jpg

窯のびしてくれて高さもまぁまぁかなぁ。
レシピ日付をみてあらっ、もう15年も昔のレシピです。15年前は、ワープロのレシピのコピーだったね。
今は、もっと粉や、酵母にこだわったおされなパン作り教室が主流なのでしょうね。

a0254243_371672.jpg


 C先生どうされているかなって、お教室のHPを探したら、ちゃんとありました。
でも残念ながら、2008年にお教室を締めて、ご主人の故郷へ転居しますというお知らせがでていました。

 子どもが通う小学校の近く、オールドローズのアーチがあるテラス付きの水色のお家。
建築家のご主人さまのこだわりのお家で、前を通るたびに焼きたてのパンのいい香りがして。
お花に水やりしている女性にお聞きしたら、パン教室とわかり、これがC先生との初めての出会い。
それから1年もウェイティング待ちして入れていただいたパン教室でした。

 私が入れていただいたのは、定年後の60代後半のおじさまたち4人と私というクラス。
ここで月に2度、1年半ほどレッスンに通いお世話になりました。
パンとスープの教室なのに、おじさまたちはパンは熱心だけど、スープは全部私に任せっぱなし。
毎回、気温、湿度なども測定してレポートにまとめてくださるのがおかしくてねぇ。
皆さん、どうされているかしら。

 C先生が、地域で子どものためのパン教室や、ボランティア活動、地域のガレージセールなどをたくさんの人と交流されいる様子は、お手本にしたいと思う素敵な先輩でした。
 あれほど長く暮らした土地を離れて、老後、地縁も少ないであろうご主人の故郷へ引っ越したのを知って、終の棲家ってどうなるのか、先の事ってわからないものだなぁ、あんなに丹精して育てていたバラや、お庭の花は残していかれたのかなぁと、そんな事に思いを馳せながらパンを焼きました。

 15年も前のレシピですが、今では大事な宝物になりました。もう新しい習いごとはほとんどしないから、昔からの手順で、たとえ旧式でも、丁寧な料理をこころがけたいと思います。
 今日は同じ日に習った人参とお米のポタージュで一緒にいただきます。

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-27 04:30

秋まつり 親父バンド出演のお知らせ

 親父バンドDon Tacos y Amigos マネージャーYUKKEです。

恒例の日墨会館秋まつり、今週末の20日11:00-18:00に開催です。
我らが親父バンドは、野外ステージにて、16:00頃に出演予定です。

まだ一度も演奏を聴いたことがない方は必見。
この秋から大型新人女性ボーカルが加わって、新曲いっぱいのコンサート。
今回は、オオトリを仰せつかって、もう好きなだけ演奏しちゃう意気込みです。

 そろそろ来年は、帰任のメンバーも出始めるので、Don Tacos MAXは、今しかない!という感じです。

皆さん、応援に来てくださいねぇ~。

 ちなみに、わたしは今回も午前中は、メキシコ文庫の古本市にて書籍販売しています!
3冊10ペソにて販売です。こちらもお見逃しなく~。
11時開門~14時くらいは大混雑するので、15時ごろを目安にご来場くださると、
日本人の方はいいかなぁ~と思います。


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-10-18 05:50


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧