カテゴリ:一時帰国@japon( 41 )

母の思い(3) 天満天神繁昌寄席 ~息子編~

 娘ばかりにかまっていると、もうひとりも気になる。
今年から関西に転勤になった息子の元へもちょっと足を運ぶ。
嫌がられるかと思ったら、意外に歓迎されて、ちょっとホッとしています。

 わたくし、生粋の東女(あずまおんな)なので、関西圏は異国と思うくらい何も知らない。
さっそく予習のためにこんなコアなガイドブック買い込みました。
東京の人が文化圏を比較しながら大阪を見たらという趣向の本。
a0254243_1551563.jpg

 新大阪では、目当ての限定おこわを買って息子の迎えを待つことに。
a0254243_15514161.jpg

 日本では、スマホじゃなくてまだガラ携でGPI機能もついてない、メキシコで使っているiPadはフリーのWi-Fi圏でないと使えない。
いまどき紙ベースでは知らない街を歩けないんだなぁと思います。人にもなかなか聞けないわよね。

 無事に息子の迎えで、彼の住む街歩き。
「まださぁ、ぜんぜん友達できないよ。週末はゴルフとジムと日常の買い物くらいで、新規開拓は接待用の夜の店だけ。」と言う息子。あらぁ~、これじゃ完全版単身赴任親父と同じじゃん!
たくさんの友人とワイワイが大好きな彼にしてはかなり弱気モード。
これでは、観光案内は頼めそうにないね。
 わたしの行きたいところなら、どこでもご一緒しますということで、古い建築物を見て廻り、夜はかねてからの希望どおり天満天神繁昌寄席へ。

a0254243_15533894.jpg


 息子とは、小さいころの一時帰国のたびに、子ども寄席や、子どものための狂言や能へ出かけていたのだ。
クレヨンハウスで観た子ども寄席は衝撃的だったよ!と今でも覚えているらしい。
ふたりで、「上方落語」で、異文化体験。大阪弁がわからず、その上、噺が早くて日本語なのに8割しか聞き取れず。

 おりしも毎月25日は商売繁盛、天神様の寄席は特別講演とあって、今回のテーマは「経済」。
商売のメッカで商いについての落語を4席、県談では、NHKのEテレ、オイコノミアの大竹文雄先生が、落語と経済学のお話をしてくだったので、商いの街大阪をちょっと斜めに拝見した感じでした。

 「おかあさん、現地の文化理解なんて赴任先でまったく考えていなかったんだけど、寄席に来て初めて暮らす街の文化を深く知ってみたいと思ったよ。」という息子。

 おい、おい!
長いこと色々な国の異文化体験をさせてきたつもりだったけど、ひとりで暮らし始めてからは、息子は何をしていたんだろうか?
自分から進んで与えられた環境や、状況へ適応し、自ら世界を広げ、その文化を理解していこうと言う姿勢なくして、仕事も暮らしも成り立ちはしないだろう。

 「関西はつまらない!」とつぶやいていた息子が、
「もうちょっと、いろいろ自分から進んで体験してみるわ。」って笑顔をみせてくれて…。
そうそう、どこにいても自分なりに、その土地での愉しみは探せるぞ!と言ってみる。

駐在先でも、親や家族が訪ねてこないことには、歴史も文化にもかかわらず、ゴルフとジムとに明け暮れるビジネスマンをたくさん見てきた。これはとても残念でたまらない。

 息子よ!新任地での仕事はとても厳しいだろうが、どうぞどこでも人生を愉しんでいける人を目指して欲しいよと母は、かげながら思うのだ。

次回の関西旅、一緒にどこに行くか、あれこれ画策中の母なのです。
まだまだしばらくは、エスコートしてもらわなくては!






毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-26 16:02 | 一時帰国@japon

母の思い(2) 立つ鳥跡を濁さず

 小さな命を初めて胸にかき抱いたとき、
このかけがえのない人を私は全力で守っていくという決心と、
いつか、ひとりで生きていける大人に育てあげられるのだろうかという重責で、胸がつぶれそうになった日のことを思い出しています。

 愛情を傾け可愛がるのはもちろんのこと、動物の親が子に餌のとり方や、巣の作り方を教え、一人前に育てる様子を見るたびに、親に与えられた使命は、子を巣立たせることなのだと、折に触れこの重責に身震いしたりもしました。

a0254243_15124450.jpg

 あまりに厳しく言い過ぎたのか、娘が発った部屋には、ベッドがぽつんと残されただけ。
 朝脱いだパジャマさえも、スーツケースに収め、彼女のものは何一つ部屋に残っていません。
使いのこしの化粧品は処分してね。
携帯電話の契約解除の委任状入れたから、来週手続きお願いします。と言い添えて。

 「今度この家に戻るときは、この家には私は客人として泊まるんだわ、わたし。そのときはお母さんのパジャマを貸してね」と。

a0254243_15131466.jpg

 
 空港のお見送りから戻ったら親友が、「どうしてる?がっくりして、寂しく泣いてない?」と心配して電話をくれた。もう長いこと、娘と離れて暮らしているので特に今回の別れは寂しくはない。
ベタベタ母娘でもなかったので、成人後は、ひとりの大人の女性として互いに尊重しあってきたつもり。

 出発に感傷的にはならないのだけど、今までの子育ての重責を肩から下ろした安堵で帰宅後は電気もつけずにひとり部屋でしばらく呆然としていました。
これからも遠くあれこれ気をもみ、心配しても仕方ないのに、きっとそうしていくのが親業なのでしょう。

 素敵な伴侶にめぐり合って、人生を数倍、豊かに送れるようにと願っている母なのです。
 
毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-24 14:39 | 一時帰国@japon

いい道具たちと吉祥寺の北欧通り

 前から読みたかった外村吉之介の「少年民藝館」を読んでいます。
しばらく絶版だったのが、昨年復刻版がでて、あちこちの書評で取り上げられて気になっていた一冊。
日本の民藝だけでなくて、メキシコのものもたくさん取り上げられていてびっくり。
私がオアハカで買って、帯止めにしようとしていた紐が取り上げられていたりしてね。

 日本に帰国したら、すっかり和の民藝ものが気になって、毎日の買い物のついでに吉祥寺のアンティークショップや、雑貨店めぐりを楽しんでいます。
ただいま吉祥寺は、駅ビルが新オープンして、毎日が大混雑。

 サンロードや、大正通り、中道通りまでもが平日なのに、すごい人出になっています。
気になっていたMisto、MARKUS、サンク、pukpukuなどを見て廻っては、久々の日本の雑貨を愉しんでます。うちの前から吉祥寺東急デパートまでの大正通り、最近は別名「吉祥寺の北欧通り」と呼ばれているらしくて、たしかに北欧雑貨店や、ブティックみたいなパン屋のダンディゾン、北欧レストランのアルトゴットなんかもあるのだった。毎日歩く買いもの道が、地元っ子の知らないうちにこんなに有名になっていたなんてねぇ。

 毎日の生活用品のお買い物に支障が出るので、もっぱら朝の三浦屋で買い物を済ませてます。
地元っ子は、いつもの吉祥寺が大混雑過ぎて困ってます。

 新しい雑貨店めぐりは嬉しいけど、世代交代でなくなる店もまた多くて、それもちょっと残念。
エプロンはこの店、スリッパならあそこ、刃物とぎはあのおじさんに、味噌ならここにと決めていた店が3年の間になくなってしまっていました。

 さて、我が家のキッチン。
たくさんの留学生たちがやってきては、ショートホームステイをしていたようです。
大の料理好きのMさんのキッチンツールが置かれていました。学生寮のキッチンにはオーブンがないからと、我が家でパン焼きやら、オーブン料理をしていたらしい。
a0254243_18121612.jpg

もう家を閉めるから引き取ってねと連絡しましたが、この道具たち、長年とてもよく使い込まれています。
 大量生産、大量消費の国の出身の人だけど、こういうこだわりの料理ツールを拝見するのはなかなか楽しい。
パン用のスケッパーは木製、発酵温度をみる温度計は華氏表示。使いこんだ厚手のミルクパンでは、ママレードを作ったらしく帰国したママさん用にと、冷蔵庫に3瓶ほど保存されていました。
コーンミールで焼いた素朴なコーンパンとママレードはとても美味しかったです。

 メキシコに移ってからというもの娘はバスタオルを新調しなかったらしく、なんとまぁ、すごくゴワゴワ。
a0254243_18322115.jpg

せっせと始末しながら、雑巾を縫いました。訪問客に配ったり、近所の協会のバザーに出してもらうことに。

いい道具はいつまでも大事に使い、そしてちゃんとモノの始末をつけるという暮らし。
欲しい雑貨や、キッチンツール、食器の誘惑は大きいのだけど、まずは手持ちの始末からですね。




毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-15 18:14 | 一時帰国@japon

母の思い(1) 娘に持たせたいもの

 東京に一時帰国中です。
留守宅に一人暮らしをしていた長女が来週転勤となって、空き家になる留守宅を締めに戻っています。

 送別会で帰宅が遅く、週末にようやく余剰品を断捨離をする娘のうしろでゴミ袋をまとめながら、いろいろな思いが交錯している私です。
 娘は、インド駐在中に、高校入学のために親元を離れてひとり東京の学生寮で暮らしたり、大学時代はインドやマレーシアに長期インターンシップにいったり、アメリカにも1年留学していたので、親元を離れるのは初めてではありません。
 ましてもう5年も社会人としてひとりの暮らしを切り盛りしてきたので、なんら心配はしていないけど、いよいよこれで、もう親元に戻ってくることはなくなるのでしょうとおもうと、ちょっと寂しい。

 昭和の時代に嫁いだ私は、親の元から夫の下へ。
女性がまだひとりで生きていける時代ではなかったから、親元を巣立つときは、それなりに親はあれこれ準備してくれたのですが、今の時代は、どうなんでしょうね?

 家具や衣類は彼女の持つものをそのままに、私は親として特に準備してやることもないかなと思いつつも、心豊かな人生を送ってもらえるようにと、長く使うものはいいものを持たせたいなぁと、私の持ち物中から生活道具を選んでは、「持って行く?」と聞きながら、船便や、航空便のダンボールに仕分けしています。

 カタン糸は40番、木綿の針と、交換用のゴムひも、付け替え用のボタンのスペアを整え、彼女のお気に入りのセルロイドの裁縫箱に詰めました。クロワッサンの店で購入したものです。
a0254243_130893.jpg

セルロイド製 ソーイングケース(裁縫箱) 金魚

 一度買ったら、壊れることのないものは慎重に選んでおこうと、柳 宗理 ステンレス ケトル つや消し 311130

 カトラリーは、ヘンケルも柳宋里も彼女は嫌だというので、コンランショップで自分で選ばせました。イタリー製のMepraです。こうして一緒に買い物をするのも、だんだん少なくなってきたなぁ。
セットの中から当座使いの2本はアナカンで、残りは船便とパッキングを分けています。
a0254243_1304023.jpg


 和服は、訪問着と、カジュアル用に袷の紬。
浴衣はイベントくらいしか着ないわねといいながら、娘時代の大柄のアジサイの浴衣はさすがに子どもっぽいよねと、小さな柄行の浴衣に、博多の変わり献上の半幅を持たせます。
a0254243_13133251.jpg

(浴衣の柄は小さくなるほど大人っぽくて品よく見えるからね)

 あとは、私のキッチン用品から、有次の寸胴鍋、行平鍋、フライパンと中華なべ、すり鉢(!)を持っていくのだとか。お重箱、懐石盆、剣山に花バサミも私のお古でいいそうです。

 私がこだわって選んだ生活道具を、娘も同じように好きになってくれたのは、ちょっと嬉しい。
寝具や食器も私が選んだものの中から好きなものを持たせることにしました。

 新しい門出に寂しいほどに、準備してやれることは、この程度。
船便用にニットの洗濯をたくさんして、クリーニングに出して、これもパッキング。

 親のしてあげることって、もうほとんどないんだなって思うと、これもとても寂しいのね。
母の日に、母のこんな思いに心揺れながら、荷物をダンボールに詰めています。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-11 13:13 | 一時帰国@japon

幸田文展 世田谷文学館にて

 3週間の仕事は無事に終了。
時間どうりに動けるか、企画どうりに進められるか、そして分刻みの電車に乗って東京を移動できるかなど、時々あまりに心配しすぎて、デパス(精神安定剤)のお世話に3回ほどなりながら、過密な講演会のスケジュールを終えました。
世田谷区のみなさま、新宿OZONEに来てくださったみなさま、新聞社の記者さん、大変ありがとうございました。こうして皆さんからのご依頼にお答えできて、ようやくホッとしております。
最後ののこり時間は、世田谷文学館へ滑り込みセーフで飛び込みました。

a0254243_14174517.jpg


 愛読書のひとつ、大好きな幸田文の展覧会が世田谷文学館で、12月8日まで開催中です。
展覧会の監修には、「なずな」の著者堀江敏幸さんのお名前もあって、これはぜひともと熱望していました。
昨日は、抽選応募で当選した孫娘の青木奈緒さんの対談会もあって。
嬉しいことに、お母様(幸田文の娘、幸田露伴の孫)の青木玉さんのお顔も会場に見つけました。

 暮らしの始末を露伴にしつけられ、苦しく辛い半生ののち、筆をとって書きはじめたのは43歳。
70歳を超えてからは、日本各地の「崩れ」を見て廻って「災害文学」の最初、それも自然への感性の豊かさ、観察力、美しい言葉で、日本の自然の驚異を書き綴っています。
今回の青木奈緒さんの対談は、文の死後にまとめて発刊された「崩れ」という作品について。
 おりしも伊豆大島や秋田の土砂崩れの直後だけに、もう20年以上前の作品なのに、まるで日本の今を知り尽くしていたような文章にはっとさせられます。

 文の遺品には、始末のある暮らしを、垣間見て、美しく清く暮らすその姿勢にも心打たれました。

展示にあった「片付け」に関する一文。

片付けは、
一、ただ手当たり次第ではいけない。何の片付けが第一義か考えてからのこと。
二、あたまの冴えているときにすること。過食後や、睡眠不足でボケているとききはだめ
三、自分の能力を掛け値なく測定してからのこと。幾種類の鍋、幾通りの食器をじぶんはこなせるか等々を考えること
四、省くは整理に大事だが、加える増やすも大事な心得。


とありました。
幸田文語録とでも言うのでしょうか。背筋がピーンと延びたようなとても素晴らしい展覧会でした。
たくさんのアウトプットのあとには、スポンジが水を吸うようにたくさんのインプットも必要ですね。

ようやく、明日はメキシコへ。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-11-24 14:17 | 一時帰国@japon

手帳の話

 毎日の講演会の合間をぬって、お友達と会ったり、行きたい場所や催事にと寒風にも負けず忙しい一時帰国、出稼ぎの日々です。

 文京区のみなさまありがとうございました。
「文京区報を見て講演会を知ったよ!」と先に本帰国したメキシコの友人から会場にお花が届いて、もう盛大に感動しながらお仕事に励んでいます。
アンケートの集計も頂き、今後の研鑽に参考にさせていただきますが、時間の整理も大事ねというご感想も多く。
そして、いつものことながら生前整理!への関心度は年々増しています。
60・70歳代のご参加が多かったこともあるのでしょうね。

さて、私ごとですが、よく時間の使い方が本当に上手いね!言われます。
24時間をすごく有効に使っていますよねとか、忙しいのに、よくそんなに時間がありますね・・・とも。

おかげさまで、時間の整理も「片づけ上手」になると上手くなる!
これ本当の話。
段取りや、自分時間のマネージメント力がアップするからでしょうね。
先日のフォーラムでも同僚の整理アドバイザーたちも同じような人が多いもの。
時間整理の視点から、手帳を自作して出版しまったアドバイザーの友人もいるほどです。

 今年も新しい手帳はフランス製のQuovadisのレフィル、Business Prestigeです。
Quovadisの手帳のことは、過去のこちら→★こちら→★でも、ずっと書いてきましたが、
To Doリストも併設のこの手帳はプライベートもビジネスにも同じページで使い分けできます。

a0254243_8491598.jpg


スマホの手帳機能で、自分のPCと同期化してスケジュール管理というのもあるので利用していますが、
万が一、スマホのクラッシュや、スマホの携帯するのを忘れるという不測の事態のために、やっぱりアナログでの手帳もいまだ手放せないでいます。今はこの移行期かなぁ~。紙の手帳がなくなればバックは相当軽くなるのにとも思います。

 今年は古くなったアドレス帳の部分のレフィルも交換して、あたらしく無地ページのNotesも増設しました。
伊東屋で特注したティファニーブルーの皮の手帳カバーは、かなり擦り切れて来ていますが、これの更新は来年に見送りです。

 手帳が新しくなるとモチベーションあがりますねぇ。
仕事の整理もついたし、残りの日本時間も残すこと1週間、講演会はあと3つ!がんばります。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-11-18 06:54 | 一時帰国@japon

代官山蔦谷書店と自由が丘ポパイカメラ

 「忙しい、忙しい」と言うと“心が亡ぶ”ので、「予定がいっぱいで嬉しい」と思うことにしています。
出稼ぎ1週間目。寒風に正面から立ち向かって(仕事上での意味です)、仕事モード全力投球中でばく進の日々。

ようやく打ち合わせの合間を縫って、友人に会ったり、行きたかったところへ。
整理収納アドバイザー仲間で、私の写真の師匠・吉川永里子さんの個展へ行ってきました。
a0254243_9294337.jpg


会場は、女子カメラファンの注目の写真・カメラ店の自由が丘ポパイカメラ。
(2階の窓辺に永里子さんが、ちらりっ!)
a0254243_929079.jpg


 女性向けのカメラアクセサリーや、写真整理の小物雑貨が大充実の人気ショップ。
1号店と、2号店があります。
この併設ギャラリーで、かわいい写真展です。

収納と写真。
一見別物みたいだけど、永里子さん、ずっとカメラと写真と収納を平行してお仕事にしていきました。幼児2人のママさんとしてがんばりながら、いつもすごいなぁと思います。

 ほっこりした収納アートな写真は、わたしも学びたいこといっぱいです。
写真整理のアルバムやヒントも、たくさんで、帰りにはポパイカメラであれこれ写真整理用品を物色してしまいました。

 そして親友とのランチは、代官山の蔦谷書店。大好きな大橋歩さんの個展を開催中。
a0254243_9302991.jpg

大橋さんの作品はもう知りつくしているぞ!くらいにおなじみのものなのだけど、蔦谷書店のラウンジでミーティングしている生の大橋歩さんを遠くから拝見して、相変わらず素敵、素敵!と小さく小躍り。

 東京駅の丸善の松丸本舗がなくなってしまってから、面白い本屋がなくなってつまらないなぁ~と思っていましたが、期待を裏切らない蔦谷書店。
TUTAYAとやちょっと違うけど、大人が楽しめる書店としては最高ね!優雅なラウンジや、ゆったりしたソファー、スタバのコーヒーを片手にゆっくり選んだ本を読んで決めることもできます。
 定期的に、いえ、寝袋もって泊り込んででも長時間ひとりで過ごしたくなる本屋さん。
これ、お友達が一緒、お連れじゃないほうが楽しめますね。
アート、写真、料理、ファッションのジャンルの充実が実感できます。
 文芸の配架が今ひとつパンチに欠けるけど、それでも文脈ならぬ、棚脈をめぐる知的な刺激ある配置に、読書欲がムラムラしてしまう。本の展示が代官山のオサレ感たっぷりでファッションぽいのが玉に瑕ですが、書店員さんたちも、いかにも本好き大集合っていう感じ。
時間がなくて今回は、聞けなかったけど、旅に関する本の専門のコンシェルジュさんもいらっしゃいました。
滞在中に、もう一度行きたいな!

 仕事の合間に、ちょっと私にご褒美の大人時間を楽しんでいます。
さぁ、明日もまたお仕事が続々ありますから、がんばりマース!

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-11-14 09:37 | 一時帰国@japon

新潟のおいしすぎる旅

 新潟へ出張でした。
お仕事も大変楽しかったんですけど、新潟は美味しすぎる!

 夏の倉敷でも瀬戸内海の幸を堪能しましたが、今回は日本海ね!
海外から戻るたびに、あらためて日本って国は、海に囲まれた美味しい幸がたくさんある国だったんだ!を実感します。

 のどくろ、寒ぶり、甘エビ、のっぺ(新潟地方のサトイモや野菜を薄味のだし汁で煮込んだもの)、アンコウの肝(酢味噌)、海老しんじょう、へぎ蕎麦(麩のりをつなぎにした蕎麦)、越後のもち豚。
a0254243_2019822.jpg


 そしてなんといっても、魚沼産のこしひかりの新米。
塩沢の雪譜みそ、八色しいたけ(分厚い!)、菊の花、紫大根、
a0254243_20194078.jpg

そして米どころならではの美味しいお酒。

 たまりませんねぇ。
仕事以外はずっと美味しいものを頂いていました。
出かける前に、新潟出身の友人に、どこで食事をしたらいいかな?お薦めは?と聞いたら、
新潟はどこで食べても何でも美味しいといわれて、そんなことは嘘だろう?と疑っていましたが、本当にどこでも美味しい。

 お土産には、栃尾の油揚げ、酒チョコブラウニー、おせんべいに柿の種(浪花屋製菓)。
a0254243_20331214.jpg


新潟駅直結で、今年オープンしたてのホテルメッツ(JR東日本系列)にお取引先が予約してくださって。
このホテルに併設された「ぽんしゅ館」が最高でした。
a0254243_20205289.jpg

 ワンコインで5杯(お猪口でね!)の利き酒ができる日本酒ミュージアムは、新潟92軒の酒蔵全部を楽しめます。
a0254243_20211995.jpg

東京のおしゃれなセレクト和食ショップさながらの店構えで、地方都市らしくないレイアウトや陳列のプロデュースに、ついついお仕事モードで、ビジネス視線の見学&お買い物してしまいました。

 ここのぽんしゅ館でいただいた朝ごはんのコシヒカリと、分厚い八色(やいろ)椎茸を雪譜みそであえたお菜が最高で、新潟で一番美味しいと思った朝ごはんでした。

a0254243_20222290.jpg


ホテルのライブラリーにあった「にいがたのおかず」という本。すごく詳しく新潟のおいしいが、季節ごとにまとめられ、地産の素材の解説と伝統料理のレシピ本で、おもわずホテルからアマゾンに発注してしまいました。

 そしてもうひとつのお土産はNicoのキッチンスコップ。
a0254243_20231981.jpg

お菓子用の小麦粉軽量用にゲットです。もちろん新潟の燕のステンレススプーンです。

 食い倒れてしまいそうで、3日いただけなのに、新潟の大ファンになりました。
仕事がなければ、日本酒、羽目をはずしてもうちょっと飲んでみたかったなぁ~!あぁ、残念。

a0254243_20243317.jpg


省エネマンさん!
ムーチャス・グラシャスです。また新潟に呼んでくださいねぇ~!

ぽんしゅ館(新潟駅) お米とお酒のテーマ館 こちら→★
(越後湯沢駅にもあります)

にいがたのおかず

高橋真理子 / 開港舎



毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-11-11 20:34 | 一時帰国@japon

湿度70%のお家メンテナンス

 明日帰ります!メキシコへ。
その前に、やっぱり掃除だよねぇ~、掃除にはじまり、掃除に終わるのがとても私らしくて笑っちゃうけど。

 今日の東京吉祥寺周辺は、お昼には、気温30度、湿度70%です。
11時には、すでに60%超えていました。
かなり蒸してます。夕方からは大雨の予報だしね。
もう、空気が重たい、重たい。
パソコンでこうしてタイピングしているときも、腕と机の接触部分にはじっとりと汗がでてべたべた気持ち悪いの。思わずキーボードの下にタオルひいています。

a0254243_14194936.jpg
 
 でもねぇ~。
住まいのコンサルタントの私から言わせていただくと、こういう日こそ、住まいの大掃除に最適な日はないの。
空気にたっぷり水分があるので、とにかく埃が舞いません!

 朝、8時から4時間かけておうちの全部の床、家具を動かしてその下や後ろまで、丁寧に、丁寧に掃除機をかけて、皮のソファーを軽くブラシに住まいの洗剤をつけて磨き、何度も拭きあげました。
 その後は、蛍光灯や、棚、幅木の上、床までもぜーんぶ水拭きです。
喘息や、花粉症のある人には、お掃除の絶好の湿度なんですよねぇ。
 暑さで油汚れも浮いているから換気扇や、ガスコンロの周りもぴっかぴかに仕上げられます。

 午前中は、風があったので、窓を全開して、大掃除に取り組みました。最後はバスルームを磨き上げてついでにわたしもシャワー。

 こまめに水分を取りながら、ダラッダラに汗を流してのお掃除。
こういうのが、一番のストレス解消になるんだなぁ~。
湿度70%というのも捨てたもんじゃありません。

 さぁ~、埃は微塵もないぞという快適なリビングでエアコンのスイッチ入れましょ。
あぁ~すっきりした。

 明日のお荷物のパッキング完了。
スーツケースを持ち上げては、朝から何度体重計に乗って測りなおしているかしら?
中身は書籍と食べ物ばかり。
駐妻生活には、毎度のことならが、毎回ちょっと憂鬱になります。
あとまだ何回こんなことするのかなぁ・・・。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-08-23 14:21 | 一時帰国@japon

ニッポン がんばってねぇ~

 怒涛のようなニッポンへの一時帰国も、あさってでおしまい。
また、しばらくメキシコシティに戻って、夫とおふたり様生活に戻ります。
・・・そして、無事に飛行機が飛びますように!

a0254243_11494514.jpg

暑い、熱いニッポンのささやかな「涼」も楽しみました。

 たくさんの仕事のオッファーに、一つ一つ答えながら、丁寧な仕事、丁寧な暮らしを心に留めて過ごした2ヶ月。
たくさんの人にお目にかかり、その半分は、初対面だったり、新しい出会いであったのも刺激的。
 旧い友人には、数年ぶり、20年ぶりの経過や近況を聞いて、驚いたり、喜んだり、励みになったりです。
 今回お目にかかれなかったみなさま、次の機会にはぜひ!

 東京の殺伐とした「個人主義」に、帰国当初はおののき、フランクで陽気なラテン生活になれた者には、大きな違和感を感じてもいましたが、じっくり話してみると、個人は、さほど悪くない。
でもこの閉塞感と、余裕のなさに「なんだか変だよ、ニッポン」という思いを完全にはぬぐうことはできませんでした。
 やっぱり、コミュニケーションが足りなさ過ぎる。

 加えて、「ストレスになることは、取り組まない」、「無理にがんばらない」という
全ストレス否定思考が、とっても高い気もしました。
 子育てはストレス、毎日の家事はストレス、受験はストレス、忙しい仕事はストレス。
ストレスを回避することだけで、ストレス耐性については、まったく言及されていない。
ストレスがたまるくらいなら、そもそも最初からそれに取り組まないという考え方が大きくはびこっている気もして・・・。

 無理にがんばるのは、完全にかっこ悪いという光景もたくさんみかけました。
熱中症におびえながら、無理して節電でエアコンをつけないのは、情報量のすくない老人たちというのも顕著な例でしょう。

今回お仕事の関係で電力会社の方とお話をして、
「震災後の節電モードは、どこいっちゃったんでしょうね?もうみんな我慢はやめたんでしょうか?」とお聞きしたら、快適な暮らしは、「使わないで我慢するのではなくて、節電仕様の家電品に買い換えたりして、上手に使い、快適な暮らしを手放さなくても節電はできるんですよ。」と言われました。
なるほど!ですね。

 仕事の資料として、帰国中に岩村暢子さんの、日本の「普通の暮らし」のマーケティング本を再読もかねて数冊読んで、
家庭の食の崩壊を憂い、家族のあり方に将来の不安を持ちながらも、ニッポン、がんばれ!と言わずにいられない今回の一時帰国でした。

家族の勝手でしょ!: 写真274枚で見る食卓の喜劇 (新潮文庫)

岩村 暢子 / 新潮社



“現代家族”の誕生―幻想系家族論の死

岩村 暢子 / 勁草書房



 カードの清算の確認をしながら、特に美味しいものや、お買い物を楽しんだわけでもないのに、すっかりお財布の中身は飛んでいってしまったという怖い現実に、おののいています。
あぁ~、ニッポン!何でもあるけど、何でも高い。その上、暑い!とっても暮らしにくくなってるよねぇ~。

ニッポン!そして、ニッポンのみんな、がんばってねぇ~!

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-08-22 11:55 | 一時帰国@japon


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

お気に入りブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧