カテゴリ:週刊コミーダコリーダ( 8 )

週刊コミーダ・コリーダ番外編 ~究極のメキシコ朝ご飯~

==Comida Corrida とは==
Comida Corridaというは、直訳すれば「走る食事」。これが、転じて「日替わり定食」といわれるもの。最終回の番外編は、究極のメキシコの朝ご飯。セレブから庶民までが合い席で食べる朝ご飯定食屋さんです。日替わりメニューから選ぶ究極に旨いメキシコのおふくろの味は、メキシコで最高の美味しさでした。


a0254243_10542123.jpg


a0254243_10512151.jpg


 友人でもあるメキシコの達人が、「帰国前に絶対に食べに連れて行きたい店がある。議員さんやセレブから、庶民までが一堂に会い席で食べる朝ご飯定食のお店。セレブ達がこっそりリピートしたくなる絶品のメキシコ料理なんだから、これを食せずに日本には帰れないよ。」と。
a0254243_10522647.jpg

 半信半疑、半分脅かされて行ってきましたよぉ。Fonda Margarita、朝ご飯専門レストラン。

開店は、朝5:30~11:30am。その日の料理が売り切れたらもっと早くに店じまいしてしまうというお店です。
写真を撮らせて欲しいと言ったら、裏からちゃんと撮ってくれといわれて、大鍋の裏に回ると、このでっかいカセリータス(土鍋)を炭火で調理していてびっくり!ガスじゃないのよ。
a0254243_10525052.jpg


 火曜日のメニューに加えて、この店一番の人気卵入りのフリホーレス。
炒り卵が茹でた豆にまざっているのだけど、これがなんとほっぺの落ちる美味しさだのだ!
a0254243_10533971.jpg

トルティージャも絶品で、熱々トルティージャに、この炒り卵フリホーレスにサルサだけで、すでに大満足。

 野菜入りの緑トマトのサルサで煮た豚肉。緑の野菜はVerdolaga(すべりひゆ、たこ草)という野菜。
沖縄やトルコでよく食べられるやや酸味のある野菜だけどこれが豚肉によく合うの。
a0254243_10574727.jpg

 嫌いな人も多いチチャロン(豚の背油をクリスピーに揚げたもの)。
これをサルサで煮込んだChicharon en Verdeは、涙が出るほどに美味しいの。あぁ過去最高のチチャロンです。
a0254243_10562535.jpg


 お馴染みの肉団子ですが、これまたAlbondigasでは最高の美味しさでした。
a0254243_1058269.jpg

 食後にはこの店で有名なChuros(チュロス)に、メキシコのあまーいコーヒーのCafe de Olla。
a0254243_10593911.jpg


a0254243_110023.jpg


何度でも通いたくなる朝ご飯のお店。
売り切れた料理の鍋はひっくり返されているので、せめて8時くらいには行きたいね。
朝にも関わらず、マリアッチも待機。
a0254243_1104980.jpg

今日はW CapのブラジルVSメキシコ戦だから、みなユニフォームを着てお客さんたちは、朝からそわそわ…。

 月曜日は定休日ですが、お好みのお料理をこちらのHPのメニューから確認してから行くのもいいかも。
あぁ、もっとはやくこの店を知っていたら、全部のメニューを日替わりで試したのになぁ~。
デルバジェ散歩には是非!ホントは、教えたくない美味しい店なり。

Fonda Margarita
http://fondamargarita.com/
Adolfo Perieto Esq.Tlacoquemecatl
Col.Del Valle Benito Juarez
Tel:55-5559-6358
火曜日~日曜日5:30~11:30am 月曜定休

今週のコミーダ・コリーダ 
火曜日の料理
・Cerdo con Verdolagas
・Albondigas
・Longaniza en Verde
・Cerdo en Verde
・Chicharon en Verde
・Bistec en Pasilla

お味 ★★★★★
値段 ★★★★★
サービス ★★★★★


毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-06-18 11:02 | 週刊コミーダコリーダ

週刊コミーダ・コリーダVol.7 ~メキシコ北部 バーベキュー・チキン~

==Comida Corrida とは==
Comida Corridaというは、直訳すれば「走る食事」。これが、転じて「日替わり定食」といわれるもの。


 ようやく時差ボケ解消。
歳をとると、到着直後は気合いと緊張で何とか乗りきるのですが、4、5日目あたりが一番辛くて、四六時中眠い、夜も何度も目が覚める状態に陥ります。 
胃腸の方もそんな感じで、食べたいんだか、お腹が空いているんだかよく解らない状態になります。

 さて、元気になったところで、早速メキシコのB級グルメが、モーレツに食べたくなってしまう。
久々のコミーダコリーダ。今回は通常の定食コースからちょっと外れて、大人気のメキシコ北部のチキン・バーベキューのお店でランチセットメニューです。

 メキシコもBBQがとっても盛ん。
なんたって西部劇の時代から、ジュー、ジュー鋳物の鉄板でお肉を焼いていたので、メキシコ北部が本場。
だからメキシコ人は、Norteñoノルテーニョ(北部の人)のBBQはすごく美味しいといいます。

 今回は炭火焼のチキンBBQのお店、Pollo Estilo Norteñoへ。
(いちおう牛もあるけどね、お薦めは絶対鶏肉!)

 ほれぇ~。これで2人前でございまする。生唾ごっくんでしょ?
a0254243_619319.jpg


a0254243_6195289.jpg

メキシコ風七輪に乗ってやってきます。

こんな風にガンガン焼いています。
a0254243_6205252.jpg

愛想のいいお兄さん(メキシコ人は総じて愛想がいいけど)が、愛嬌たっぷりに鶏肉を焼いてます。

 付け合わせには、アロスメヒカーナ(メキシコ風ピラフ)と、ノパール(うちわサボテンのソテー)、いつもどうりにたっぷりのサルサに熱々のトルティージャとパン。
a0254243_6225488.jpg


 昼間だったのでビールはやめて、ハイビスカス水です。

こんな可愛い看板。
a0254243_62383.jpg


a0254243_6235371.jpg

メニューはこれがイチオシです。味付けにはAdobado(味付き)とNatural(塩だけ)がありますが、もちろんAdobadoでいただきました。

 なんたって、2人分でMX$125.00(¥500)でこの量とお味。
晩ごはんは要らないくらいに大満足でしたが、すぐにもリピートしなくなっちゃう美味しさでした。
★★★★★をあげちゃいます!

Pollo Estilo Norteño
Miguel Ángel de Quevedo 661 , Barrio Cuadrant de SN Francisco
Coyoacán, DF.
Tel:(55)5554-3110,5659-2071
月~土曜日 12:30~18:30 日曜日休み
ご近所ならデリバリーもしてくれます。

今週のコミーダ・コリーダ MX$125.00 (2人分)
セットメニュー Medio pollo (para 2 Personas)
・ 味付きチキンBBQ Pllo de adobado
・メキシカンピラフ (Aroroz Mexicana)
・うちわサボテンのソテー (Nopales)
・小葱グリル(Cebollitas decambray asadas)

追加注文
・ハイビスカス水 Agua de Hamaica MX$40


お味 ★★★★★
値段 ★★★★★
サービス ★★★★☆


毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-06-04 06:26 | 週刊コミーダコリーダ

週刊コミーダ・コリーダVol.6 ~老舗の味 Cafe de Tacba~

 ==Comida Corrida とは==
Comida Corridaというは、直訳すれば「走る食事」。これが、転じて「日替わり定食」といわれるもの。
コミーダ・コリーダには、典型的な定食のコース・メニューがあって、日替わりの料理を選びます。
1)アグア (フルーツ水)  2)ソパ (スープ) 3)アロス(お米)か、パスタ 4)メインディッシュ 5)ポストレ (デザート)


 1912年創業、メキシコの正統料理レストランCafe de Tacba。
a0254243_2595995.jpg

あまりにも有名すぎて、「観光客向け?」とソカロに行っても、ずっと敬遠していたレストランですが、「ここの定食は最高に美味しい!」と、在メキシコ年数の多い人ほど、口をそろえて言われてしまって、やっぱり行かなくちゃねってことで、行ってきましたよぉ~。ソカロ(中央広場)にあるCafe de Tacuba(カフェ デ タクバ)へ。
a0254243_302927.jpg


 老舗のレストランなので、コミーダ・コリーダなどという呼び方はもちろんしませんが、今月の定食Menu de hoyというのが毎曜日ごとにあって、つまりはコース料理。
このコースは、13:30からですが、この時間に行くと大混雑し過ぎて大行列なので、今回は15:00という、とんでもない時間に行きました。取材の試食には、ちょうどよい時間帯でした。
a0254243_311566.jpg

 でもなんとこの日、私はローガン鏡を忘れちゃって、メニューがまったく読めない。新聞の文字よりもメニューの文字が小さい。
だから注文も全くの手探り状態で、涙が出そうなくらいに残念だったのでした。
メニューの写真、今、みてもボケボケで、あぁ、楽しみが半減だよぉ。
 老舗らしいロゴと、銅の水差し。
a0254243_325736.jpg


 さすがに老舗のレストランとあって、どれを頼んでも、とても美味しくて…。
スープは、メニューが読めなくて、パスタを選択したのだけど、これもうちょっと冒険したかったです。

a0254243_321688.jpg


アロス・メヒカーナの正統の味は、こういう味だったか!の前菜。
a0254243_33385.jpg

いつもの事だけど、おかずの前にご飯か、パスタを食べなくてはならず、主菜と一緒に、ご飯を食べたい私には、ちょっと辛いのよね。
a0254243_342129.jpg

トロトロに煮込んだ豚肉のモーレでしたがこれがもうほっぺが落ちそうね。

 そしてCafe de Tacubaでは、ポストレが重要。
インスタントのゼリーなんか出てこないのよ。手が混んでいて、メキシコのおばあちゃんが食べたくなるような懐かしいメキシコのデザート、果物のコンポートがメインのポストレです。洋ナシ、桃、リンゴ、グアバなどがあって、これは表のショーウインドにも並んでいるから最初に決めておかなくては!
a0254243_354215.jpg

 私は、一番想像つかなかい味のグアバにしました。ここの店のコンポートは絶品だよと聞いていただけの事はある!素晴らしく美味しい。
メニューが読めないときにウエイトレスのお姉さんが、「リンゴ?洋ナシ?グアバ?…」って聞いてくれたので何とか好きな物の注文が叶いました。

 ちなみにこのレストランのウエイトレスさんの頭のリボン、真っ白ででっかい!のがまたいい感じよ。
a0254243_361338.jpg

ウエイトレスさんたち、昔のメキシコ美人って感じの人が多くて、(ちょっとお歳なんだけど)、すばらしくメキシコ的に容姿端麗な人ばかりでした。

 このレストランは、壁画家の巨匠ディエゴ・リベラとフリーダ・カーロが結婚披露宴をしたレストランとしても有名で、映画「フリーダ」にもこの場所での撮影シーンがあります。2階を見られなかったのは残念だけど、内装もThe Mexico!って感じで素晴らしいの。
a0254243_365520.jpg

あぁ、ディスプレイのメキシコのアンティークグラス…。本当にみごとに綺麗です。

 どうぞ、ここの店ではカフェだけじゃなくて、この曜日ごとの日替わりコミーダ・コリーダをお薦めします。土日は避けて、平日遅めの昼食が狙い目ですよぉ。

 私の信条として、ブログの食べ歩き記事は、メキシコの食の文化をちゃんと理解して記事にしたい。
「○○で、××食べました、<写真> とっても美味しかったです。」では、まるで小学生の絵日記ブログになってしまう。なんだか食欲だけの人みたいで、これは、ちょっと恥ずかしい。
これだけは避けたいと思っていたのですが、今回は、トホホね。
 もうちょっと、ちゃんとメニューを読んで、あれこれ料理の内容を聞いて、チョイスを悩んで食べてみたかったのですけど、とっても中途半端なレポだわね。老眼鏡を忘れずに、ここはもう一度おさらいに行かなくちゃっていうお店になってしまいました。

そして、食べ歩くコミーダコリーダが、高級過ぎるという声も。
私も早く$50くらいで、プラスチックのお皿の庶民派コミーダ・コリーダに行きたいんですが、紹介されるお店から制覇していたらこうなってしもうた。
来週からはもっと庶民派のお店へ行きたいと思いまする。

今週のコミーダ・コリーダ  MX$235.00
・オレンジエード Naranja nada
・メキシコ風炊き込みご飯 Aroz Mexicana
・パスタのスープ Sopa de Macaron
・豚肉のモーレ 
・グアバのlコンポート

Cafe de Tacuba
http://www.cafedetacuba.com.mx/Home.aspx
Tacuba No. 28 Col. Centro
Del Cuauhtemoc
Cp 06010 Mexico D.F.
Tel :5521ー2048、5518ー4950
お味 ★★★★☆
値段 ★★☆☆☆
サービス ★★★★☆


毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-04-11 00:28 | 週刊コミーダコリーダ

週刊コミーダ・コリーダVol.5 ~美食家キッチン Frida~

 ==Comida Corrida とは==
Comida Corridaというは、直訳すれば「走る食事」。これが、転じて「日替わり定食」といわれるもの。
コミーダ・コリーダには、典型的な定食のコース・メニューがあって、日替わりの料理を選びます。
1)アグア (フルーツ水)  2)ソパ (スープ) 3)アロス(お米)か、パスタ 4)メインディッシュ 5)ポストレ (デザート)


 ブログのコメントに、Kaorimさんから
「comida corridaの記事で思い出したんですけどmercado de coyoacanの近くにあるFrida gastronomia mexicana(Xicotencatl 252) はお勧めです。是非今度行ってみてください! メキシコ人の義父母のお気に入りなんです。」
というメッセージをいただきましたので、さっそく行ってきましたよぉ~。

a0254243_46734.jpg


 お店の名前はFrida。
近所に女流画家フリーダ・カーロの生家の美術館「青い家」があるからでしょう。地元っ子のオーナーがもう30年も前に創めたという家庭料理中心のレストラン。gastronomia mexicanaとはメキシコの美食家という意味。

美食家レストランと銘打つだけあって、頼まないけど勝手に出てくるCortesía de casa。お通しって感じね。
a0254243_493412.jpg


 今回もチョイスがいっぱいあって迷います。
いつもどおりに食べた事のある定番メニューは外して、食べたことがないものを注文します。

フルーツ水は、パパイヤ水。普通はいくらでもおかわり自由ですが、メニューには2杯までっていう但し書きあり。

a0254243_495842.jpg

スープは、Sopa oriental(東洋風スープ)、Consome de la casa(本日のコンソメ)、Sopa de pasta(パスタスープ)なので、オリエンタルスープってなんだろうってことでこれを選ぶ。
a0254243_4103244.jpg

 ヌードル入りのお野菜たっぷりのスープ、今回も入っている青菜はアセルガ(ふだん草、おいしい菜)でした。

前菜には、Champandongo、arroz blanco(白いご飯)、ensalada de la casa(本日のサラダ)なので、なんだかわからないけどChampandongoを注文。
a0254243_4114517.jpg

 大正解だったねぇ~。
トルティージャにフリホーレス(豆のペースト)をミルフィーユにしたてて重ね、チーズをかけて焼いたもの。
うーん、これが最高に美味しいよぉ。まさにお袋の味。フリホーレスの塩加減とチーズが絶妙です。

 そしてメインディッシュは、鶏肉のかぼちゃの種のソースがけとか、牛ステーキとか、チキンコロッケとか、エンチラーダスのモレソースとか色々あったけど…、びっくりですよ。Huazontoleがあるじゃないですか!だから迷わずこれ!
a0254243_413072.jpg

Huazontoleというのは、和名ではほうき草といい、メキシコではアステカ時代からインディヘナが食べていた野菜。
海ほうずきみたいで、私は茹でて海苔やカツ節で和えて、ポン酢でいただきますが、この葉っぱの間に、チーズをはさみこんで、卵白のメレンゲをつけて揚げたレジェーノをPasillaというチリのソースで戴きます。
a0254243_4141436.jpg

 実はこのHuazontoleのレジェーノは、メキシコ料理が世界遺産になった時に大々的にアピールされた料理でもあります。
 料理教室で習ったことがあるけど、とにかく手間がかかる。家庭料理ならではの一品が、ここで食べられるなんてねぇ~。美食家キッチンだけあるわねぇと感激でした。
a0254243_415589.jpg

 こちらはお隣の人が頼んだトマトソースのHuazontole。
ナイフとフォークで切り分けたら、枝を摘まんで前歯でしごいて戴きます。この野趣感がたまりません。

 もうじきメキシコはセマナサンタ(イースター)の聖週間がはじまるので、お肉を控えて、お魚や野菜の料理を食べる人が増えます。こういう宗教上の行事の配慮や、季節感あふれるHuazontoleがメニューにあるというのも、家庭的なレストランならではなのでしょうね。
「あぁ~美味しい!」だけ終わらずに、こういうメキシコの食の文化理解を深めることができるのもコミーダコリーダの魅力です。

あぁ~美味し過ぎて毎日でも来たいと思ったよ。

a0254243_4154188.jpg

ポストレは、さつま芋の甘いペーストか、このパン風のケーキのメイプルシロップかけ。
カフェか、お茶もついてきました。マグカップもカラフル!

 お客さんは、ビジネスマンと、近所の人たち(近くの学校帰りの子どもを迎えに来たママと子どもなど)半々。いつもの「さっさと食べて、出ていけ」という雰囲気はないのんびりしたお店。
とにかくレストランの内装がメキシコ・キッチュで可愛い!お庭の噴水も…。
a0254243_48405.jpg

コヨアカンのはずれにあるけど、観光のお客様が来たらぜひフリーダ・カーロ美術館の帰りには寄りたいお店です。

 お話し好きのオーナーが、
「昔はこのあたりは、カエルがいっぱいでねぇ、この道で子どもの頃はよく遊んだんだよ」と壁の古い写真を指さしました。古き良き時代のメキシコの家庭料理がいっぱい詰まったレストランのコミーダ・コリーダでした。

Kaorimさん、素敵なレストランを紹介してくださって、Muchas Gracias!
大満足のコミーダコリーダでした。

今週のコミーダ・コリーダ $128.00
・パパイア水 Agua de papaya
・スープ Sopa oriental(東洋風スープ)、Consome de la casa(本日のコンソメ)、Sopa de pasta(パスタスープ)
・前菜 Champandongo、arroz blanco(白いご飯)、ensalada de la casa(本日のサラダ)
・主菜 色々ある中から、Huazontle en pasilla
・デザート パンのケーキ もしくは、さつま芋のオレンジジェラード

Frida gastronomia mexicana
Xicotencatl 252 Coyoacan
entre Gomez Faria y Morelos
Tel:5554-4903
デサジュノもありますが、コミーダコリーダは13:00~
お味 ★★★★★
値段 ★★★☆☆
サービス ★★★★☆

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-04-02 04:29 | 週刊コミーダコリーダ

週刊コミーダ・コリーダVol.4 ~ビジネスマンご用達オフィスビルの定食屋~

 ==Comida Corrida とは==
Comida Corridaというは、直訳すれば「走る食事」。これが、転じて「日替わり定食」といわれるもの。
コミーダ・コリーダには、典型的な定食のコース・メニューがあって、日替わりの料理を選びます。
1)アグア (フルーツ水)  2)ソパ (スープ) 3)アロス(お米)か、パスタ 4)メインディッシュ 5)ポストレ (デザート)


 いつもビジネスマンでにぎわっているコミーダコリーダのお店がありますよと聞いて、サンアンヘル地区、Insurgentes(インスルヘンテス通り)のAltavista駅にあるオフィルビルPlaza innへ。
14:00のランチタイムになると有名なお店には行列ができてしまうし、遅く行くと今日のメニューに品切れが発生してしまうから、開店と同時に行くことにしています。
 13:30、まだお客さんもまばらなので、余裕でゆっくりメニューを眺めて。

アグアはタマリンド水、パンは黒糖パン。
a0254243_945787.jpg


 今日はスープは2択、前菜(Entradaっていうのを今日知りました)は3択、主菜のギサードも3択。
悩みますねぇ~。

スープは、コンソメか、Pasillaというチリを使ったスープで。
メキシコではよく食べられるFideoという極細パスタ入り。もちろんこのPasillaのスープを選択です。ふだん草(アセルガ)という青菜とミートボール入り。
a0254243_9454893.jpg


前菜は、いつものアロスメヒカーナ(トマト味の炊き込みご飯)か、サラダか温野菜。
ほうれん草のサラダのフレッシュオレンジジュースのドレッシングかけ。
そして温野菜なら蒸したズッキーニ。
a0254243_949026.jpg

ふんだんに使ったオレンジジュースのドレッシングがすごく旨い!

そしていよいよ主菜のギザードの3択。
これまた迷います。お連れがいたので、3種取って、ちょっとづつお味見しました。

まずは、いつもなら鶏肉が巻かれているFlautaフラウタ(フルートのように巻かれているという意味)には、今日は牛肉入り。シャキシャキのレタスとクレマとよばれるクリームがけは病みつきになります。
a0254243_9494311.jpg


これは鶏肉のユカタン料理。
コチニージャスと呼ばれるサボテンについた虫から作る天然食紅Achote(アショーテ)。
この食紅はユカタン料理には欠かせないもので、コチニータ・ピビルの赤ですが、今日は鶏肉をこれで漬けこんでホイル焼きにしたもの。ノパール(うちわサボテン)と、小玉ねぎのセボジータス入り。
蒸し焼きの中に、メキシコのハーブ、Hoja Santaという香り豊かなハーブが入っていて、この芳香にびっくり。こういう家庭的なお料理は、本当に泣かせますなぁ~。
a0254243_9504996.jpg


そして本日のイチオシは、カリフラワーのレジェーノ。
Relllenos(レジェーノ)という料理法は、野菜にチーズをはさみこみ、フリッター(天ぷら)のようなコロモをつけて揚げてあるものを言います。メキシコの食の世界遺産に選ばれたときには、ほうき草のチーズ挟みのレジェーノがその代表料理と言われました。
今日は、カリフラワーとチレ・クアレスメーニョ(ピーマンより大きく細く辛くないチリ)にパネラチーズをはさみコロモをつけて揚げて赤トマトのソースをかけてあります。ソースを最後までパンですくって食べちゃいました。
a0254243_9515598.jpg


ポストレ(デザート)はプリン。
a0254243_953870.jpg


 メキシコ料理や食材にもだいぶ詳しいくなってきたので、料理法、使われているチリの種類、ハーブの名前、メキシコ特産の野菜など料理の細かい内容もよくわかってメキシコの味を堪能しました。
 手の込んだ家庭の味のメキシコ料理ばっかりね!
コミーダ・コリーダは、本当に楽しいメニューだなぁと大いに実感です。

a0254243_9565651.jpg

オフィスビルの大人気のコミーダ・コリーダ。14:10には、お店の前には列ができはじめていました。
ビジネスマンのお邪魔にならないように、ピークの時間帯を避けて行くのがいいよね。

a0254243_9423429.jpg

ちなみにこちらは、お昼休みにも自動で公共料金、交通違反の罰金、支払い忘れた公共料金の追加徴収も支払いができるKIOSCO。
お昼休みにも対応できるオフィスビルならではの支払いサービスステーション。働く人にはとても便利ね。

a0254243_9431719.jpgSabor y Sazón Plaza Inn
Restaurante mexicano
13:30~
Plaza Inn Nivel Galería
Insurgentes Sur 1971,
Guadalupe Inn, Ciudad de México

今週のコミーダ・コリーダ $79.00
・タマリンド水 Agua de Tamrindo
・黒糖パン
スープ(Sopa)
・コンソメ もしくは、
・ごく細パスタフィデオとアセルガのパジーシャ(唐辛子)のスープ
前菜Entorada
・ご飯Aroz もしくは、サラダEnsalada(ほうれん草のオレンジドレッシング) もしくは、温野菜Verduras(蒸したズッキーニ)
主菜
・牛肉のフルータス Tacos dorados de Carne de res.
もしくは、
・鶏肉のユカタン風ホイル焼き Mixlote de pollo
もしくは、
・カリフラワーとチレクアレスメーニョのパネラチーズ詰めレジェーノ、赤トマトソース。
Torta de Coliflor con un chile cuaresmeno en caldllo de Jitomate
デザート(ポストレ)
・プリン

お味 ★★★★★
値段 ★★★☆☆
サービス ★★★★☆

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-03-27 09:04 | 週刊コミーダコリーダ

週刊コミーダ・コリーダVol.3 ~シウタデラ市場の行列ができる大衆食堂~

 ==Comida Corrida とは==
Comida Corridaというは、直訳すれば「走る食事」。これが、転じて「日替わり定食」といわれるもの。
コミーダ・コリーダには、典型的な定食のコース・メニューがあって、日替わりの料理を選びます。
1)アグア (フルーツ水)  2)ソパ (スープ) 3)アロス(お米)か、パスタ 4)メインディッシュ 5)ポストレ (デザート)


 この連載をはじめたら、メキシコ人からも日本人の友人からも推薦をうけたコミーダ・コリーダが、民芸品市場シウタデラにある大衆食堂のコミーダ・コリーダでした。
a0254243_9315528.jpg


 推薦してくれた人が声をそろえて、45ペソ(360円ほど)とは思えない大満足のコミーダ・コリーダだというので、さっそく行ってみました。
この民芸品市場は飽きるほど通い詰めていたのに私はまったく食堂を意識していなかったので、詳しい場所を友人に慌てて聞き直したほどです。(Kさん、グラシャス!)

a0254243_9321620.jpg


 市場の駐車場を入って右側、駐車場に面した間口で、チアパスの民芸品店のとなりの穴倉みたいな食堂というのを手掛かりに。お店の名前は、Mexico de mis Sabores(さしずめメキシコおふくろの味って感じかな?)

タマリンド水と空豆のスープ。
チポートレ(燻製のチリ)がはいっているので赤いけど辛くはありません。チポートレのコクって凄い。おでんに入れても美味しいと言われたけどまだ試していません。
ようやくメキシコ特有の食材の味の違いがわかってきました。
a0254243_9333845.jpg


 コミーダコリーダの名称の解釈には、ファーストフードという感じという人もいれば、順番に出てくるからという人もいるし、日本語のHPの解説には、「疾走する食事=食べたらさっさと出ておいき!」という意味合いがあると言う人も…。今日の食堂はまさにそんな食べたらとっとと出ておいき!感がムンムンの行列のできるお店でした。

みんないい顔して食べている。
a0254243_9341847.jpg


行列中に、前にいたおばさんに、「前菜のご飯か、Coditoってあるけどそれはなあに?」と聞いてみると、「パスタのチーズ和えだよ」って教えてくれました。行列中には知らない人とも、すぐにおしゃべりしちゃうのがメキシコです。
a0254243_9433249.jpg


メインディッシュをギサードと呼ぶのだと、今日知りました。
a0254243_9412684.jpg


私は、お魚のフライを頼んだので、隣のおじさんに頼んで、パネラチーズのほうれん草巻きを撮影させてもらいました。今日は三者選択なので、迷うよ、ほうれん草のほうが、美味しそうだなぁ。
a0254243_9414243.jpg

 いつもある「パンかトルティージャか」の選択はなくてトルティージャのみ。
こういう店では、トルティージャは、くるくるっとフルートのように巻いて左手に握りしめながら食べるのが大事ね。
みんなそうしているから真似すればいいのだ。トルティージャも熱々で、すごく美味しい!

a0254243_945356.jpg


デザートのポストレはありませんが、でも噂どうりに大充実!の大満足!
「食べたらさっさと出ておいき!」と言いながらも、コースでちゃんとフルーツ水、スープ、前菜、メインディッシュが一つづつ出てくるのがコミーダ・コリーダ。
日本だったら、お盆に乗ったセットが一度に運ばれて来るのが定食だから、メキシコ人の食事は、たとえ「走る料理」と呼ばれてもすごくおっとりなんですよ。

 ここは回転が早いので、行列は20分待ちくだいで大丈夫。
月~土曜日の14:00~開店で、日曜日はお休みです。
メニューはこんな感じの立て看板にございます!
a0254243_9455192.jpg


今週のコミーダ・コリーダ $45.00
・タマリンド水 Agua de Tamrindo
・空豆のスープ Sopa de Habos
・マカロニチーズ Codito もしくは、トマトの炊き込みご飯 Aroz Mexicana
・白身魚のフライ Filete de Pescado empanizado 
もしくは、
・パネラチーズのほうれん草巻き赤トマトのソースがけ
Torta de espinacas rellena de Queso en coldijo e Jitomate
もしくは、
鶏の緑モーレがけ Pollo en Mole Verde

Mexico de mis Sabores
シウタデラ市場 駐車場右側 チアパス衣料品店の隣
月〜金曜日14:00〜 日曜日は休み
お味 ★★★★☆
値段 ★★★★★
サービス ★★★★☆


毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-03-24 00:32 | 週刊コミーダコリーダ

週刊コミーダ・コリーダVol.2 ファミリーレストランSanborns~

 ==Comida Corrida とは==
Comida Corridaというは、直訳すれば「走る食事」。これが、転じて「日替わり定食」といわれるもの。
コミーダ・コリーダには、典型的な定食のコース・メニューがあって、日替わりの料理を選びます。
1)アグア (フルーツ水)  2)ソパ (スープ) 3)アロス(お米)か、パスタ 4)メインディッシュ 5)ポストレ (デザート)


 連載のつもりが、オアハカ行きで定食屋周りができず、オアハカのコミーダコリーダも食べてみたかったけど、それも叶わず。
・・・ということで、わが家から一番近くにあるメキシコを代表するファミリーレストランSanbornsのコミーダ・コリーダです。

a0254243_645208.jpg


 世界一のお金持ちと言われているレバノン系メキシコ人のカルロス・スリムが経営するメキシコのファミリーレストランSanborns。なんと創業100年。デパートも並列していて日本の三越デパートの食堂という感じですが、メキシコ全土で展開していてメキシコに3日暮らせばだれもが聞く「♪ ソロ、ソロ、サンボーンス」というCMソングのフレーズでもお馴染みです。
 アッパークラスの贈答品や、中高年には手堅く支持されている「はずれないメキシコ料理」のチェーン店。

 その老舗レストランの入り口で、「コミーダ・コリーダはありますか?」と聞く東洋人のおばちゃんに、にっこり笑って
「Sanbornsでは、Comida del Diaとしてこちらにあります」とメニューの端っこを指さしてくれたので、いざ!

通常は2者選択なのに、さすがにSanbornsは、4者選択。迷うなぁ~。
Sanbornsのレストランの何が可愛いかってそれは食器。レトロなこのホワイト×ブルーの食器が好きです。
加えて、ウエイトレスのおばちゃん(ほぼ私と同年齢)が、ふりふりメキシコ民族衣装に身を包み、甲斐甲斐しく給仕してくれるのもいい感じです。(写真撮れなくて残念、さすがにおばちゃんに撮影を頼めず…。)
このユニフォームは、オアハカの伝統衣装ですが、なぜか頭には10センチくらいの三角のナプキンが乗っています。幽霊みたいなかんじなのね。

1)フルーツ水は、レモンとイエルナブエナを選択しました。
a0254243_6455616.jpg


2)4種類のスープから選んだのは、たぶん一度も食べた事のないメニュー名のSopa de Albias
大豆とチュレータ、野菜の栄養満点スープ、あっさりの塩味。
a0254243_6463145.jpg


3)メインディッシュは、本日のお薦めで店頭入口に飾ってあったCostillitas de Cerado con Hongos en Salsa Verde y Granos de Elote。
a0254243_6471775.jpg

自分でも読めるメニューでよかったわ。
豚のあばら肉のキノコ入り緑トマトのサルサ大粒コーン入り。

 これが驚くほど旨い!びっくりです。ホロホロに煮込んだ豚肉に酸っぱいサルサ。アロスメヒカーナというトマトジュースで炊いたご飯つき。スープを完食した後で、お腹一杯になって全部食べられずちょっと残念。
パンも美味しいんですよねぇ~、おわず買って帰ってしまったほどです。

4)デザートは、フラン。プリンの事ね。
a0254243_6482566.jpg

キャラメルソースに溺れていますが、濃厚でなかなかグッド。
普通紅茶やカフェはつかないコミーダ・コリーダですが、ここでは、お茶つきなので、テ・マンサニージャ(カモミールティー)を頼みます。カフェが飲めない私は、紅茶がまずいメキシコでは、必ずカモミールティー。

いやいや、どうしてSanbornsのコミーダ・コリーダは、すごく美味しかった。
日本でファミレスには行ったことがない私が、メキシコを代表するファミレスで、プチ感動です。
地方都市で、困った時や、レストランのチョイスに困った時はぜひどうぞ。
客層はエリアにもよりますが、お値段的にも、味的にも、身だしなみの素晴らしい紳士淑女の中高年のお客様でいっぱいでした。

 こちらから、Sanbornsの歴史とブルー×ホワイトの食器の歴史、テーブルには必ず赤と白のカーネーション、フクロウのロゴ、ソカロにある青いタイルの家のお店、可愛いウエイトレスの衣装などがご覧になれます。


古き良き時代のメヒコが垣間見られますね。

今週のコミーダ・コリーダ $143.50
・レモンとイエルナブエナ水
・大豆と野菜のスープ Sopa de Alubias
・トマト味の炊き込みご飯 Aroz Mexicana
・豚のあばら肉のキノコ入り緑トマトのサルサ大粒コーン入り
Costillitas de Cerado con Hongos en Salsa Verde y Granos de Elote
・プリン Flan
a0254243_644349.jpg

Sanbornsのバターはこんなに可愛い!

Sanborns
お味 ★★★★☆
値段 ★☆☆☆☆
サービス ★★★☆☆

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-03-21 06:50 | 週刊コミーダコリーダ

週刊コミーダ・コリーダVol.1 ~メキシコ日替わり定食レポ~

 そろそろちゃんメキシコの美味しいを探求しておこうと思って、Comida Corrida(コミーダ・コリーダ)の食べ歩きをスタートしました。
 週刊コミーダ・コリーダ!日替わり定食レポートです。
(右のプラグインに「週刊コミーダコリーダ」を追加しました)

 Comida Corridaというは、直訳すれば「走る食事」。これが、転じて「日替わり定食」といわれるもの。
メキシコ料理を食べに行く時、どうしても自分のチョイスだけでは、メニューがワンパターン化してしまうので、定食としてセットされたモノ、それもできれば庶民が日常に食べるおかずを食べてみたいという思いから、ならば週一度くらいのペースでComida Corridaを食べ歩くのも楽しいのではないかと思ったのです。
 アジア系のおばさんが、カメラをさげて、メキシコ料理を堪能すべく、おひとりさまでふらりと入って、つたないスペイン語で注文して食べる料理では、この日替わりランチのコミーダ・コリーダはうってつけと思います。

 メキシコは、お昼ご飯が一日のメインの食事となります。
おおよそ14時ごろから1時間半~2時間かけて昼食を楽しみますが、中にはゆっくり食べていられない人もいるわけで、コミーダ・コリーダは、ちゃちゃっと早く出てくるのがまず嬉しい。
 日本時間のお昼ご飯12時にはまだはじまらず、1時半ごろからようやくスタート、だいたい2時からのお店が多いです。(フライングすると、まだ卵料理のデサジュノになってしまいますからご注意あれ)

 コミーダ・コリーダには、典型的な定食のコース・メニューがあって、
1)アグア (フルーツ水) 
 タマリンド水、ハマイカ(ハイビスカス)水、オルチャータ(お米)水、他フルーツを水で薄めたジュース
2)ソパ (スープ)
コンソメ・デ・ポジョ(チキンコンソメ)、クレマ(スリーム・スープ)など。
3)アロス(お米)か、パスタ
 アロスメヒカーナ(ケチャップライス)、アロスプリマベーラ(ミックスベジタブルの炊き込みご飯)、スパゲッティなど。
4)メインディッシュ
 チキン、ビーフ、ポーク、魚、野菜料理などから、今日の2つのメニューが用意されていて、どちらかを選ぶ
5)ポストレ (デザート)
 スイーツあれこれ、選べることは少ない。
さらに、頼めばパンやトルティージャ、茹で卵や、目玉焼きトッピングなども追加で注文が可能です。

 価格も、45ペソ~100ペソ(360~800円)くらいが相場で、当然、安くて旨い店はどこも行列ができています。日本でもおなじみのワンコイン定食って感じです。
デサジュノ(メキシコブランチ)みたいな気どりもなく、お店の用意した日替わりの2者選択メニューから、フルーツ水、スープ、ご飯かパスタ、メインディッシュを選べばいいので欧米人などの旅行者にも人気です。

 私が暮らす地域やポランコ辺りの高級レストランでは、なかなかお目にかかれないコミーダ・コリーダ。
レフォルマ通りのビジネス街裏や、下町のレストラン、カフェあたりが狙い目です。
もちろん古くからの老舗レストランのコミーダ・コリーダや、専門店もあります。

 まず、初回は、外国人旅行者向けにもなっているコミーダ・コリーダ。
今日のアグアは、マンゴ水だけで、チョイスはなし。
スープは、コンソメ・デ・ポジョ(チキンコンソメ)か、ソパ・デ・カラバサなので迷わずにカラバサ(ズッキーニの花)のスープを選択。

a0254243_33672.jpg


 メインディシュは、ご飯付きで、メキシコ料理の定番トマトソースで煮込んだ肉団子Albondigas。茹で卵入りか、
a0254243_3365431.jpg

パプリカのオアハカチーズ詰めPoblano de Pimiento con Queso Oaxaca。
a0254243_3373774.jpg

肉団子Albondigasは、もともとはスペインから伝わった料理ですが、アラブ人が多いプエブラではお米入りだったり、地方ではハーブをいれたものだったりちょっとづつメキシコアレンジが楽しめます。
私はピーマンを選択したので、お隣の人から肉団子の写真をいただきました。

 今日のデザート、ポストレはAroz con Leche。甘いミルクで煮たご飯にカルダモントッピング。
a0254243_3381189.jpg


 満足、満足。
お薦めのコミーダ・コリーダのお店があればぜひコメントくださいませ。体をはって食べに行きたいと思います。来週もお楽しみにぃ~。 

今週のコミーダ・コリーダ $110
・マンゴ水 Agua  de Mango
・ズッキーニのスープ Sopa de Carabasa
・パプリカのオアハカチーズ詰めと白いご飯 Poblano de Pimiento con Queso Oaxaca con Aroz blanco
・お米のミルク煮 Aroz con Leche
a0254243_23211147.jpg
La Esquina de los Milagros
(コヨアカン ソカロ噴水広場)
Jardín Centenario 18, Col. Villa Coyoacán
8:30-23:30
Tel:5659-2454 / 5659-2859
お味 ★★★★☆
値段 ★★☆☆☆
サービス ★★☆☆☆

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-03-08 00:02 | 週刊コミーダコリーダ


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧