カテゴリ:メキシコシティー散策( 28 )

国立大衆文化博物館 Museo Nacional Culturas Populares

 オアハカの天然染色、貝紫やハーブの染色のワークショップが博物館でありますよと聞いて、国立大衆文化博物館Museo Nacional Culturas Popularesへ。

a0254243_845202.jpg


 なんと、せっかく来たのに、参加者数が足りなくて、成人クラスのワークショップがキャンセルになってしまいました。
「セニョーラ、今日の申し込みはセニョーラがお一人だけでした。すみませんが、今日のクラスはキャンセルです」
がーん!!残念すぎる~。
鼻息荒く、たとえスペイン語がわからなくても染色のワークショップに参加させてもらおうと思っていたのでとてもがっくり。
平日の夕方から夜にかけて、働く人にも嬉しい時間帯に設定されていて、大人の学びの時間がちゃんとある。4時間のプログラムで、いろいろな天然染色だったので、すごく期待むんむんだったのに。(泣)
15-19:00のクラスなので、家の用事も済ませ、晩ごはんも作ってから参加したのに、張り切り過ぎていたから本当にがっくりが大きかったよ。
実は、この博物館に来たのは今回が初めて・・・。

a0254243_8471290.jpg


 ちょうどモダンアートの特別展と、オアハカ民芸品の展示があったので、先日のオアハカ旅行の復習も兼ねて展示品だけを観て回りました。

メキシコのガラス、綺麗ですよね。とても興味があります。
a0254243_8493134.jpg

このブルーガラスはテキーラグラスや、ジュースグラスではお馴染み。
民芸品として売られているのは、どれもが分厚くてごっつい素朴な感じで、6グラス選ぼうものなら、30個くらいを見比べないと同じ形や大きさに出会えませんが、それもまた楽しい。
a0254243_8501487.jpg

グリーングラスのこの雌鶏のエッグ・ポットもとても有名です。

 先日のオアハカ旅では観そこねたSanta Maria Atzompa村の故テオドラ・ブランコという女性が創作した陶器の人形の作品たち。メキシコシティでも観られたのよ。
a0254243_8503964.jpg


a0254243_8512550.jpg


a0254243_8521580.jpg


 先にご紹介したコヨアカンのカルチャースクールの連続クラスも楽しいけど、こういう博物館や美術館の単発のワークショップには、成人教育の楽しいプログラムがたくさんあることに最近気がつきました。

イベントのインフォメーションを集めるのが大変だなぁ、スペイン語も下手だしなぁとおもったら、各博物館や美術館のFacebookページに「いいね!」をしておけば、順次案内がアップされて情報が自然と集まってくることに気がつき、興味ある博物館、美術館には全部「いいね!」をクリックしています。

 スペイン語の壁が厚くていつになっても霧が晴れないメキシコシティでの生活。
上手にこういうツールを使わなくちゃねぇ。

 またまたお気にりの博物館が一つ増えました。
ここは毎日のように民芸品や手工芸の体験型プログラムがいっぱい。
次回のワークショップを楽しみにしようっと!

MUSEO NACIONAL DE CULTURAS POPULARES
http://museoculturaspopulares.gob.mx/index.php
Av. Hidalgo No. 289, Col. del Carmen, Coyoacán, México, D.F.
月~木 10:00 a 18:00 hrs., 金~日 10:00 a 20:00 hrs. 月曜日休館
Tel:(55) 4155 0920

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-03-26 00:38 | メキシコシティー散策

ディエゴリベラの溶岩博物館 Museo Anahuacali

 ようやく念願かなって、メキシコの壁画の巨匠ディエゴ・リベラが晩年にコヨアカンの南に、溶岩でマヤ風建築様式でつくったピラミッド型の博物館アナウアカリMuseo Anahuacalliへ、行ってきました。

a0254243_8361429.jpg


 「博物館を撮る」というテーマでの写真の練習を兼ねています。
うまく素朴な雰囲気が出ていたらいいなぁ~。

a0254243_8375257.jpg


 このMuseo Anahuacalliは、メキシコシティ観光では、“フリーダカーロの生家の青い家”と、“ディエゴとフリーダのアトリエの博物館”の入場共通チケットでセットになっているんですが、ちょっとコヨアカンの南のはずれにあるので、なかなか行くことができずにいました。あぁ~、なんと今まで勿体なかったことか!

a0254243_839151.jpg

*壁画の下絵には、妻のフリーダカーロの姿も…*

a0254243_8462483.jpg


a0254243_840357.jpg


a0254243_8402733.jpg

 壁画家として有名なディエゴですが、彼が生涯を通じ、時には食費も事欠くほどに困窮している時にさえも情熱的に買い集めた先スペイン時代のメソアメリカの考古学の大コレクション約6万点がここに所蔵されています。
a0254243_8411131.jpg

石像、土偶、土器などの遠いメキシコの創作物に想いを寄せ、ここにはメキシコのアイデンティティーが詰まっているような気さえします。

a0254243_8415974.jpg


 メキシコの博物館や、美術館の展示方法には毎回舌を巻くのですが、プリミチブな土偶たちが、ユーモラスで、今にも立ち上がったり、動き出したりしそうです。
丁寧にみて歩きました。原始のインスピレーション、心地よいです。
溶岩のピラミッドに収まったその状態全部が、まさにディエゴの作品と言えるのかもしれません。

a0254243_843948.jpg


a0254243_8435016.jpg


 ディエゴ自らが設計しているこの建物は、ディエゴのピラミッドと言ってもいいくらいで、このあたりから多く出てくる溶岩で造られています。完成したのは彼が死んで7年目の1964年。遺言によって信託された形で広い庭ごと寄付されていて、500ペソのお札に堂々と顔写真が乗るほどに国民的英雄といえる気前の良い芸術家でもあったわけです。

a0254243_844288.jpg

 考古学コレクションに交じって、壁画の下絵もあり、資料室(閉架式)には、たくさんのディエゴの資料がつまっているそうで、後進の芸術家たちための資料になっています。

a0254243_8472994.jpg

この日も、若い芸術家たちのワークショップが行われていました。

 屋上に登ると、すぐ近くにクイクイルコの遺跡、世界一大きい10万人収容のアステカスタジアム、遠くにサンタフェや、レフォルマのオフィス街が望めます。

 週末のゴルフに変えて私の散策につきあってくれた夫。
なかなかタクシーでは行けない場所にありますからね。メキシコシティでは、必見の博物館だと思います。

 とっても残念なことに、日本からくる偉い取締役や監査役のおじさま達に、
「“メキシコ芸術や遺跡観光”と、“ゴルフ”、どっちになさいますか?」とお聞きして、夫はこの4年間で一度も!遺跡や芸術観光に、ご接待でお連れしたことがありません。
 どうぞ、日本からの出張者の皆さま、ゴルフは、世界中どこでもできますが、せっかくのメキシコの週末のお休みには、Museo Anahuacalliで、メキシコの熱い魂を感じていただけたらと思います。

 ディエゴ・リベラの生涯について、日本語で書かれた本がなかなかありません。
私は、黒沼ユリ子さんの「メキシコの輝き コヨアカンに暮らして」(岩波新書1989年)に詳しくあってこちらを参考にしています。


Museo Anahuacalli
http://www.museoanahuacalli.org.mx/index.html#
Museo 150, San Pablo Tepetlapa
04620, Coyoacán, Ciudad de México
‎(55) 5617-3797, 5617-4310,

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-03-23 08:51 | メキシコシティー散策

カミノ・レアル・メキシコへ

 メキシコシティの名所旧跡はほとんど回りつくした気がしていたけど、まだ行ってませんでしたね、カミノ・レアル・メキシコ。(Camino Real Mexico)

 メキシコの建築家の巨匠ルイス・バラカンの影響を受けたリカルド・レゴレッタのデザインによるメキシコシティの有名ホテル。1968年のメキシコオリンピックには本部にもなり、如何にもメキシコらしいアーティスチックなホテルです。

a0254243_519580.jpg


 車寄せにある大噴水は、いつも波が踊っています。

a0254243_51955100.jpg


a0254243_5192624.jpg

メキシカラーのショッキング・ピンク、ハカランダの花の紫、太陽の黄色。

ロビーからレセプションへの空間演出。
a0254243_5203475.jpg

ルフィーノ・タマヨの大きな壁画も見どころ。(ロビーのお客が多くて撮影できず)

 日本で言えば、ニューオオタニや、ホテル・オオクラって感じで、無駄にだだっ広くて…という、ちょっと一時代前のモダンホテルという感もするのだけど、まだまだ趣ありますね。
久々のメキシコカラーを楽しみました。

まだメキシコシティ散策で訪れていない名跡は、ディエゴ・リベラが作った溶岩のアナワカリ博物館かなぁ…。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-12 00:43 | メキシコシティー散策

UNAM(メキシコ自治大学)の植物園へ (2)

 UNAMの植物園は、たくさんのプログラムがあって、10名から申し込み可能なガイドツアーがあります。(スペイン語ですが、頼めば研修者による英語のガイドもあり。)

a0254243_1125961.jpg

 昨日もこんな可愛いちびっ子や、熱心な学生たちがガイドツアーで参加していました。

 小学校から、大学生、一般人向け、植物の興味も、乾燥地帯の植物、熱帯雨林の植物の温室や、蘭、ハーブとさまざま。
a0254243_1143147.jpg


a0254243_1145951.jpgホームページ(こちら→★)からも申し込みできますが、
こちらのインスティチュートからご相談ができます。
おおよそ、1月前からの申し込みですが、
研究者たちの都合でもっと早く予約が取れる事もありとか。

植物園入口にある売店。すごく可愛い!蘭の赤ちゃんも売ってるのだ!
a0254243_1165055.jpg

こちらに、詳しいガイドブックがあるので買い求めてね。植物園内の地図もあります。

お土産に、大好きな「ショコノストレ」(サボテンの実の干したもの、甘酸っぱくて最高に美味しい)買いました!

a0254243_1172965.jpg


 植物園の散策が終わったら、UNAMキャンパスの南西地区へ移動。
ここは、Centro Cultural Universitarioという複合文化施設のエリア。

a0254243_1175249.jpg

シアター、コンサートホール、本屋さん、カフェなど日曜日は野外演劇もあってなかなかイベントたくさん。
アカデミックな場所で、ちょっと偏差値が上がっちゃう気分になれるのが大学のキャンパス。

そして現代アート美術館のMUAC(Museo Universitario Arte Contemporaneo)へ。

a0254243_118323.jpg

すごく素敵なモダン建築の美術館で、この地下にあるレストランNube Sieteがとっても有名。
a0254243_1192047.jpg

このUNAMのある地域はポポカテペトル(メキシコの火山)の溶岩がたくさん流れ込んだ場所で、ごつごつした溶岩をアートにしたレストランですごくおしゃれ!

a0254243_1181742.jpg


 メキシコ以外の世界の研究者もたくさんいて、なんだかとてもアカデミック・カフェで素敵です。

 お食事は$179の日替わり定食から、desayuno($159)など、フュージョンメキシコ料理がおしゃれすぎて・・・!
大学のキャンパスのなかのレストランってどうしてどこも、こんなに素敵なんでしょうねぇ。
東大駒場キャンパスのフレンチレストランみたいだけど、UNAMのキャンパスカフェ、どこもすごくいい!

 今までUNAMは、モザイク壁画の図書館周辺くらいしか散策していませんでしたが、まだまだ広い!
メキシコシティ散策には、お気に入りの場所になりそうなUNAMのCentro Cultural Universitario地区です。

NubeSiete MUAC 地下1階
月ー火曜日 9:00-18:00
水ー日曜日 8:00-20:00
http://www.nubesiete.com.mx/
 
毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-07 01:21 | メキシコシティー散策

UNAM(メキシコ自治大学)の植物園へ (1)

 大好きなメキシコ映画「グッド・ハーブ」のロケで登場するUNAM(メキシコ自治大学)の植物園へ。
「グッド・ハーブ」の事は、こちらの過去ログから→★

日本人の植物学者、松田英二が作ったJardín(庭)もある、知る人ぞ知る貴重な植物を集めた植物園で、薬草園、そしてメキシコのサボテンをたくさん集めた植物園です。

 世界一広いといわれるUNAMのキャンパスの南西1/4が、このJardín Botanico del IBUNAMで占められています。森林浴と、そろそろ開花するだろう梅や桃、杏のお花見に。
散策スナップから。

a0254243_11422623.jpg


a0254243_11431977.jpg


a0254243_1144197.jpg


a0254243_11442394.jpg


a0254243_11452893.jpg


 あぁ~、一眼レフカメラを持って、こんなに自由にスナップが撮れるのはここだけだよぉ~。
平日の植物園は、遠足の小学生と、キャンパスから逃れた学生が芝生にチラホラいるだけ。

とぉ~っても癒されましたが、メキシコのピーカン晴天の下、単焦点レンズの露出が・・・。
晴天すぎて、オーバーしちゃった写真が多くて泣き!
ちょっとスキル不足が辛いわ。

a0254243_11465010.jpg


a0254243_11472422.jpg


a0254243_11485024.jpg


a0254243_11481145.jpg


a0254243_1149474.jpg


a0254243_11501745.jpg


a0254243_11505697.jpg


 植物園の詳しいお話と、UNAMのおしゃれキャンティーンについては、また明日ね!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-06 11:52 | メキシコシティー散策

チナンパとウーパー・ルーパー

 メキシコシティから南へ30分程のところにある、ソチミルコへ。
メキシコシティは、アステカ帝国ができる前から、浮き畑農法のチナンパ(Chinampa)が営まれてきました。
 そもそもが、メキシコシティは、湖に浮き畑を作ってここが埋め立てられて作られた都市なのだ。

a0254243_843985.jpg


 そのチナンパの様子がわかるソチミルコという湖は、今は、遊覧船を仕立ててマリアッチとともに屋形船で楽しむ観光スポットになっています。
a0254243_853291.jpg


 このソチミルコの自然を守ろうとしているNGO自然保護団体が行っている、「チナンパとウーパールーパー」という自然環境保全プロジェクトの観察会に参加して来ました。

a0254243_861364.jpg

こちらは原種。繁殖のために養殖されたものではないそうです。

 全部スペイン語だから、私にとっては、ほとんど五感で感じて、観て理解したという観察会です。
観光船が行きかう表のソチミルコがあるとしたら、今日は、裏のソチミルコ。

a0254243_864992.jpg


 まだ細々とチナンパは行われていますが、どこの国もそうだけど、メキシコも同じく環境保護を考えながら、昔ながらの有機農耕は放棄されがちで、NGOではこの回復に努めています。

a0254243_87116.jpg


チナンパの環境保全の指針になる生物が、ウーパー・ルーパー
メキシコでは、Axolotl(アホロテ)とう呼ばれています。和名は、メキシコサラマンダー。
両生類で、日本でも少し前に大ブーム(日清焼そばU.F.O.のCM)になって、映画にもなって、ポケモンにも登場していますね。じつは、生息地は、ここソチミルコなのです。

 もともと、メキシコでは、アステカ神話にも登場するほどの、美しい湖に生息する生物。
 ソチミルコの汚染と、ピラニアの大繁殖で、従来の生態系はがらりと変わり、肥沃なはずのチナンパも放置され初めています。(絵本になって子ども向けの解説も丁寧)。
今日もアステカ時代から、アホロテが人とどう共存してきたかというお話からプログラムがはじまりました。

a0254243_885528.jpg


 日本が里山の自然を守って有機農法に取り組む地域があるように、ソチミルコでも、単一農産物だけの栽培ではなく、多種な農作物を育てて、循環や収穫の時期に多様性を持たせながら、自然と取り戻そうという試みをしています。
a0254243_8103774.jpg

今回はその実験ケースと、ウーパー・ルーパーを育てて元の環境に戻してやる取り組みの説明を聞いてきました。インタープリター(自然案内人)の人たちの熱心さも素晴らしい。
とてもお話もプログラムも興味深いのよ。

 肥沃な湖底の汚泥をすくい、種をまき、苗を育て、
畑の畝は、ホロホロした本当にいい土。

a0254243_8115240.jpg

ひと畝ごとに休耕させながら、ハーブや青菜を栽培していました。

a0254243_874791.jpg


 もちろん化学肥料も使わず、完全なオーガニック。虫喰いも多いし、蝶もわんさか飛んでました。

a0254243_8112144.jpg


 湖水の眺めもすばらしく、しばしのネイチャー・ヒーリング。
とても気持ちのいいところです。採れたてのレタス。
思わずそのままちぎって食べちゃいました。美味しい!!

 NGOの取り組みで、ウーパー・ルーパーがたくさん生息する持続可能な生態系が戻ることを願ってます。
a0254243_8152100.jpg


やっぱりこういう自然の中にいるのが、いちばんわたしは癒されます
できれば、専用チナンパを一つくらい借りたいと思ったほどなのだ。

このNGOが借りている実験農法のチナンパは、
このソチミルコ名物「人形の家」の所有者さんによる無償提供で運営されています。

NGO REDESの取り組みは、こちらから→★
大人向け、子どもむけのプログラムがいろいろ用意されています。


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-10-13 08:27 | メキシコシティー散策

散策スナップ コヨアカン・メルカド

 メキシコの台所、メルカド(常設市場)散策スナップです。
やっぱりこういうところで一眼レフを取りだすのは相当緊張します。(よい子は真似しないように!)

a0254243_240837.jpg

キッチュ過ぎる雑貨店。

a0254243_2314070.jpg


a0254243_232411.jpg

メキシコのトリフ Huitlacoche(ウイトラコーテェ)、黒穂病のトウモロコシに寄生して生えるキノコ。
不老長寿のキノコといわれている。いつもはバラ売りなんだけど、トウモロコシの形で観るのは初めて!

a0254243_2351659.jpg

ハーブのお店。

a0254243_241490.jpg

Mole(モーレ)のお店。測り売りというのが昔のお味噌屋さんみたいで、懐かしい感じなのだ。

a0254243_242348.jpg

焼き菓子の型抜き。使い方わからないまま購入。何気ない生活雑貨好きです♡
焼き印にもなるらしい。

歩きながらは、街並みスナップ、なかなか難しいねぇ~。
スナップ撮影には、ボディガードが欲しいよぉ。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-09-27 01:27 | メキシコシティー散策

散策スナップ サンアンヘル

 大好きな街を切り取ってみました。
a0254243_615539.jpg


a0254243_6152889.jpg


a0254243_6155480.jpg


a0254243_6162472.jpg


a0254243_6164627.jpg


コロニアルな街サンアンヘルは、何度歩いても、
スナップ写真の題材や被写体に困りませんが、腕がなかなか上がらないのが辛いわね。

 晴れ女のわたし。
撮影には素晴らしい快晴でしたが、露出、ホワイトバランス、いまひとつです。課題満載。
思いがけず、上手く撮れたスナップは縦位置ばかりでしたね。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-09-19 06:18 | メキシコシティー散策

歴史地区 ソカロをぶらぶら(4) Solo Solo Sanborns

 ソカロ・レポート最後は、通称「タイルの家」。
Ejc.Central Lazaro Cardenas通りをはさんでアメリカンタワーの反対側にあります。

世界記憶遺産の慶長使節団!各所で盛り上がってきましたねぇ~。

今年は、伊達政宗に命を受け、メキシコ経由スペインへ赴いた支倉常長たちの慶長使節団400年目。
その400年前に支倉ご一行様が、宿泊したと言われるホテルが、この歴史地区にある。
青く焼かれたタイルが一面に張られていることから「タイルの家」と呼ばれています。

 今は、このタイルの家は、世界一お金持ちといわれているカルロス・スリムの事業で、基盤となった最初のファミリーレストランSanborns(サンボーンス)になっています。
重要歴史建造物の保護には、こういう企業さんがスポンサーになるのがいちばん適任かもしれませんね。
 近所には、同じく歴史建造物をBanamex(メキシコの大手銀行)がスポンサーになって、入場無料の素敵な美術館(常設ではない)になっている建物もあります。

 ラジオや、テレビのCMソング ♬Solo Solo Sanborns♪ はメキシコで一番最初に覚えたメロディーだった。

a0254243_538825.jpg

 正面の教会から青いタイルの家のSanbornsをのぞむ。

 このSanbornsは、日本で言うところのファミリーレストラン&百貨店って感じ。
今でも中流階級では、Sanbornsの包装紙の贈答品というのがステイタスにもなっていて、ちょうど三越の包装紙で手土産持っていく感じの百貨店。
メキシコのいたることろに、このフクロウのロゴのお店がありますが、たいていシティー(無線タクシー)乗り場が玄関先にあるので、私はこのお店は、“シティオ乗り場の目印”として重宝しています。

a0254243_541063.jpg


 お食事は、典型的なメキシコ料理ですが、ファミリーレストラン的なお味ね。不味くはありません。
ウエイトレスのコスプレ制服のメキシコの民族衣装のも、ちょっと暑苦しくも、悪くありません。
a0254243_5415739.jpg

 メキシコ人の友人が、「Sanbornsって言えばね、この亀のチョコレートが有名なのよ!」っと。
「美味しよぉ、だまされたと思って食べてご覧!」って言われました。たしかに美味い!

 亀はTortuga 、苦いはAmarga 苦い亀というチョコレートです。
手足はアーモンドでできてるの。もちろん甘いのもあります。
ちなみにSnbornsは、ソカロ以外の店もメニューや商品は同じよ。
ソカロのこのレストランは、内装がレトロですけどね。

 さて、ソカロは危険がいっぱいといわれていてなかなか思うようには散策がかないませんが、
ツーリスト向けに、こんなMapガイドも出ています。
a0254243_5434227.jpg

フリーペーパー Todito en el Centro (the guidance of Mexico 's Dontown)
http://www.toditoenelcentro.com.mx/

昔からの老舗の店に加えて、楽器街、ドレス街、印刷・文房具街、靴街、電気街、日曜大工街などなど通り別にお店が集中しています。地図は通りごとに色分けされてます。
電気街などは、メキシコ人でも警戒して近づかない人たちもいますので、よく知った人と行きましょうね!

 ありゃま!昨日の3日のブログ記事が、エキサイトの旅とおさぽに選ばれました!

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-07-04 00:40 | メキシコシティー散策

歴史地区 ソカロをぶらぶら(3) キッチン用品専門店 sanpo

 次なる老舗は、キッチン雑貨、それもメキシカンスタイルの雑貨専門店。
メキシコのカッパ橋商店街みたいな感じね。

a0254243_517737.jpg


 欲しかったのは、コマールと呼ばれる薄いクレープを焼くようなパン(鉄板)と、オレンジ絞り(お友だち)、琺瑯やアルミのお鍋類。

a0254243_5145227.jpg


 お鍋売り場は圧巻です。
他にも、ガラフォン(ミネラルウォーターをのせる揺りかご式のラック)スタンドとか、トルティージャをペタンコにする道具とか、ライム絞りとかも激安で種類が豊富。
 こういうお店は、一日中いても飽きないよ。

 コマールは残念ながら欲しい丸型の小さなサイズがなくて断念。
(写真左の四角のパンがコマール=トルティージャを焼くのが目的の薄手のフライパンです)
お買い上げは、この深さのあるミルクパン(肉厚ステンレス製)と、チョコラテ用のChocolateraと呼ばれるアルミのジャグ。こういう風に口がすぼまっていないと、モリニージョで撹拌した時にあふれ出るからメキシコ特有のフォームなのねぇ。

a0254243_5162747.jpg


 ちなみにこれでチョコラテ作る気はさらさらなく、ガーデニングかお花をいける花瓶にします。
いろいろな国に暮らしたり、旅したりしてさまざまな家庭の日常生活用品や雑貨をみて歩いている。
日本には、絶対ないような、その国ならではの道具や使い方を知るのは、とても愉快です。
 あぁ・・・ソカロの老舗街は楽し過ぎる!

Almacenes Anfora(キッチン用品専門店)
16 DE SEPTIEMBRE # 10-C
COLONIA CENTRO
TEL: 5521 3265, 5521 3273
月~土曜日 10:30 am a 8:30 pm
日曜日    10:00 am a 6:30 pm

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-07-03 01:04 | メキシコシティー散策


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧