<   2012年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

多国籍料理2 バナナの葉っぱの粽子(ちまき)

  今週の親父バンドの差し入れです。

a0254243_128739.jpg


 いい気になって、毎回作りたいものを創作しながら楽しんでいる差し入れ料理です。
もち米がたくさんあるから、粽子(チョンズ=中華ちまき)なんか作ろうかなぁ・・・と。

 街角のナッツの量り売りのお店に、何気なくふらりと入って、ピスタチオや、カシューナッツを物色しながら「Piñon(松の実)はある?」と聞いてみる。
 白くはなくて薄皮の紫色。でも摘まむとお味は最高の松の実なので100グラムほど買い求めてきました。
中国スーパーには粽子用に「竹の皮」が売っていたのだけど、ジャカルタの華僑のニョニャ(奥さま)に習った粽子のレシピは、バナナの葉っぱで蒸すタイプ。

 メキシコには、トウモロコシの皮で包んだタマーレスという蒸し料理があるのだけど、一度、この皮で粽子をつくったらトウモロコシの香りが強すぎてちょっと別物になってしまったのだ。

a0254243_1255882.jpg


 メキシコにもユカタン半島には、バナナの葉っぱで包んで蒸し焼きにする肉料理(コチニータ・ピビル)があるので、バナナの葉っぱは手に入る。ときどきスーパーマーケットの青物野菜の側にもあるけど、なじみのメルカド(常設市場)の“怪しげな魔女”がいるハーブ屋にいって新鮮なものを買い求めました。
マヤ・アステカの民間療法のハーブ店ですが、バナナの葉っぱを買うおかしなハポネサに「何に使うの?」などとは言わずに、魔女のおばさんは、二コリともせずにお金を受け取ります。 
バナナの葉っぱは3枚(1枚が約2メートル)で45ペソ。

 一晩水につけておいたもち米。
松の実、筍、干しシイタケ、そして先週焼いた焼き豚に玉ねぎ。
野菜を炒め、もち米をいれて、醤油、酒、砂糖、ごま油、お酒、中華スープで味付け。
煮汁がなくなるまで煮たら、これをバナナの葉っぱに巻いて30分程蒸す。

a0254243_130623.jpg


 バナナの葉っぱには殺菌作用もあるとかで、ご飯を包んでも亜熱帯の暑い気候でも腐りにくい。
葉っぱの裏側には白い粉がふているので、熱いお湯の中でよく洗う。
ジャカルタではこれを庭に並べて天日に干して葉を柔らかくしたけれど、
ここではそれはかなわず、10センチほどの幅に切って熱湯につけ、温めて葉を柔らかくすると葉っぱがいうことをきいて、扱いやすくなる。

 熱々の湯気のたった粽子も美味しいけど、冷めてもっちりとした粽子も美味しい。
40個作った差し入れは、あっという間になくなって・・・。

a0254243_1325677.jpg


 親父バンドは9時間もの熱の入った練習と大宴会で、さぁ、今月はいよいよデビューコンサートです!!

↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-30 13:08 | メキシコの美味しい

メキシコふれあい街歩き 小さい秋見つけた!

 金曜日の朝のおさんぽ。
メキシコの小さい秋をみつけに行こうが、今日のテーマ。

 まずはたくさん昨日の風で落ちてきたドングリみたいな実。
見上げて、よく観るとドングリみたいだけど、ちょっと違うかなぁ~?

a0254243_5544279.jpg


 ポランコのリンコン公園はあまりにも綺麗にガーデニングされていて、雑草ひとつない。
手入れを怠けたカフェのハーブガーデンに、エノコログサを発見。

a0254243_5551596.jpg


a0254243_5553434.jpg

 
 駐車場には、ススキが穂を膨らませてました。
もうお月見は終わってしまいましたね。

a0254243_5562167.jpg


ススキを観ながら、あぁ秋の月も愛でなければ、お団子食べ損ねたなぁって・・・、やっぱり花より団子か。

 永遠の春のメキシコシティは、ススキの隣にはタンポポも咲いていて、
ハイビスカスや、ブーゲンビリアは一年中咲いています。
カラフルな色の花が一年中まわりにあるのだから、
こういう枯れた色気の草花で秋を感じるのは、日本人の感性があればこそかな。
だからメキシコ人セニョリータたちのファッション・カラーがオータム・カラーにはなりませんね。
秋色の先取りなんてないんだね。

 おさんぽで日本人らしいメキシコの小さい秋みつけた。

↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-29 05:46 | ふれあい街歩き

メキシコふれあい街歩き 放課後の買い食い

 メキシコは公立学校が2部制なので、午後2時ごろになると下校する学生と、午後から登校する学生が入り乱れます。

 学校帰りの楽しみは、なんといっても買い食いなのよね。
たとえ、おうちで美味しいシエスタ(遅めの昼ごはん)がたっぷり用意されていようとも、
お友達とスナックを摘まみながらのおしゃべりは、世界共通の生徒の楽しみでしょうね。

 学校の校門わきに男子生徒の人だかり。

a0254243_5361381.jpg


近づいて覗かせてもらいました。
みんなのお目当ては、このポテトチップスにチリパウダーをかけて、たっぷりレモンを絞ったスナック。

a0254243_5365441.jpg


おじさんは、注文を聞いてから、切りたてのレモン(メキシコはライムです)をギューっと絞ります。

 メキシコ人もあまり小さいとまだ辛いメキシコ料理は食べないけれど、
「辛さ」と「酸っぱさ」が大好きなメキシコ人らしい味覚が育ち始めた中学生に大人気なのもわかるなぁ~。

 私が「ひとついくらなの?」と聞いたら
「ディエス・ペソ!」、
「ディエス!」と、
屋台を囲んでいた生徒たちから、大きな声。
くったくないお返事がいくつも飛び交って、それが可笑しいらしくて、どっと笑い転げる生徒たち。
 買い食いが楽しくて、楽しく・・・てという学校帰りなんだね。

10ペソ玉(およそ60円)を握りしめた生徒が、向こうからまた駆けてきました。
チリ・レモンのポテトチップ屋さんは、大人気みたいですね。

↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-29 05:27 | ふれあい街歩き

アルケミスト 中南米版の”星の王子さま”

 秋の気配がすると、あちこちから「秋の夜長の読書には・・・」という読書案内がはじまりますね。
今は、忙しくて、明るくて、日暮れが早くなっても夜が長いとは思わなくなりましたね。
それでも本好きにとっては、特集号の新しい本の紹介記事や書評を読むのはワクワクする季節です。

 メキシコには夏時間と冬時間があって、10月のどこかの土曜日に冬時間に変わります。
夜明けが一時間遅くなる。でも今朝の7時は、まだこんなに真っ暗・・・。
通勤や、通学、ちょっと辛いね。

a0254243_0182889.jpg


 そのかわり、今はまだ夜8時でも、夕方くらいに明るいのですけど。

 読書好きのお友達が「ロンドンの空港で買ってフライト中に読み終えたんだけど、中南米では、ベストセラー作家ですってよ」と薦めてくれたのが、ブラジル人作家パウロ・コエーリョの「アルケミスト」という本。
 メキシコ人の友人も、「あぁ、パウロ・コエーリョはいい作家ですね。すぐ読めちゃう本だけど、人気です」と。

a0254243_0234796.jpg


 薦めてくれた友人は英語版で、メキシコ人の友人はスペイン語で読んだとか。
原作はポルトガル語ですが、日本語翻訳もでていて、私も買い求めて、今週読み始めました。
とても薄い文庫本なのに、ブランケットを膝にかけ、ソファーで読み始めると、毎日なぜか数ページで眠ってしまう。
それも魔法にかかったように・・・。

 読みにくわけでもないし、静かで、ここころ落ち着く本なのに、急いで読めないのがちょうどいい感じ。
速読の私が、珍しく5日もかかって読了しました。

 スペインのアンダルシアの羊飼いの少年が、アラーの神の国エジプトのピラミッドを目指して旅に出る。
そこには彼を待つ宝物があるからという夢を信じて・・・。
 題名のアルケミストは、「錬金術師」。副題には、「夢を旅した少年」とあります。
世界中で読まれている中南米の”星の王子さま”ですよと言われて、なるほどと・・・。

 作者のパウロ・コエーリョは、リオデジャネイロ生まれ。若いころにチリ、メキシコ、ペルー、ボリビアを旅したあと、ヨーロッパをまわり、北アフリカを放浪しています。
「夢」を追う事の意味と、運命を淡々と語る物語ですが、
「夢」を持つことが難しく、「時間的なゆとり」を持つことが小さなころから少なくて、
幼いころからいつも忙しい日本の子どもにとっては、どうなのかしらと思います。

 退屈すぎて死にそう!

そういう経験をするのも成長の過程には大事かなと思った一冊。
 ここでの暮らしが退屈すぎて、読みながら途中で何度も寝ちゃった私にとっても、のんびりさせてくれるとってもいい一冊でした。

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

パウロ コエーリョ / 角川書店



↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-28 00:28 | メキシコを読む

焼きいもの季節 メキシコの秋

 メキシコシティは、常春(エルテナ・プリマベーラ = 永遠の春)と呼ばれる温暖で過ごしやすい気候ですが、ちゃんと秋もやってきてます。
 街路樹の根元に小さな猫じゃらしをみつけたり、空き地にはススキもあって、「一年中、着るものは春のつもりだけど、ちゃんと秋が来るんだなぁ~」と思います。
 街ゆくセミョリータ達の首元にもおしゃれなスカーフが巻かれるようになって・・・。

 滞在が2年目になって、秋の実りにもちょっと敏感になりました。
メキシコの秋の風物には、焼きいも屋さんの屋台。
石焼きいもならぬ、木炭焼きですが、煙突から煙がポッポーと吹き出て蒸気機関車みたいな屋台です。
引き出しからは、2種類の焼き芋が登場。ひとつ25ペソくらいです。

a0254243_23522877.jpg


メヒカーナたちは、チリパウダーをふったり、レモンを絞っていただくみたい。

 ここのさつまいもには、メキシコ産の中身がオレンジ色のものと、日本と同じような黄色いさつまいももあって、「黄色いのはアメリカのヨセミテ産だよ」と、八百屋のおじさんが教えてくれました。
 日本人好みのほくほく、ねっとりという感じは少ないのだけど、さつまいもは、秋の味覚を感じますね。

a0254243_2341281.jpg


 先週は蒸してレーズンとマヨネーズで和えてシナモンシュガーをふってサラダに、
おとといはご飯と一緒に炊き上げて、昨日は大学いもにしてみました。
揚げものも、標高が高いメキシコシティ(2200メートル)では、油も沸点が低いので、1分程レンジでチンしてから揚げたらいい感じにふっくらと。

a0254243_2342171.jpg


 メキシコシティにもこうして秋が来ました。

小さい秋、見つけた!&秋探しお散歩スポット

↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-27 23:24 | メキシコあれこれ

絶対失敗しないローストビーフの日々

 Boa Mesaの若林三弥子先生のお料理本”ワインのひと皿”にある「絶対失敗しないローストビーフ」を先週から立て続けに3回も作ってます。
 自分が納得する出来上がりまで、何度もお料理しちゃうタイプなのだ。

a0254243_2243056.jpg


 海外に暮らすと、食材、特にお肉の部位を選ぶのは難題ね。
鶏のささみや唐揚げ用なんてまとまって売ってないし、トンカツ用なんて書いていないし、すき焼きやしゃぶしゃぶ用のスライスもなかなか手に入りません。ひき肉は、ほとんどが赤身なのでしっとりしたハンバーグ作るつもりが意外にパサついてしまって難しい。

 ステーキ用の上等牛肉が安いわけじゃない日本の主婦にとって、
いきなりの安いお肉天国のメキシコで、「はてぇ~?どこの店でなら、○○料理用の美味しい肉があるの?部位はどこを選ぶの?」という問題がございます。

 どういう料理にするのか?煮込みか、焼くのか、フライなのか?
それをお店の人に上手に説明できたらいいけど、スペイン語で日本料理を説明するのは難しい。
「ローストビーフ用にしたいのだけど・・・」くらいなら通じつかなぁとおもったけど、見事にスーパーマーケットでも玉砕しました。スーパーの店員さんが、日常的にメキシコ料理じゃないローストビーフを食べているとは思えないしね。無理もないか。
こうなれば、あとは、自分の目と舌で確認していくしかございませんね。

 最初はシティーマーケットで買った贅沢にも牛フィレ肉でつくりました。
とってもやわらかくて、大成功でしたけど、1キロで390ペソ(2340円)。
もうちょっと経済的にと、コストコの特売1キロ125ペソ(750円)のCuete en Trozo Choiceってので作ってみました。安くてなかな結構ですねぇ~。
半生でいただくローストビーフなので冷凍の肉は避けたいです。

a0254243_2262318.jpg


 冷蔵庫から出して常温に戻した肉をタコ糸で成形し、肉の塊にメキシコのあら塩をすり込み、粒コショウもまぶして、サラダオイルを塗り、油をひかないテフロンのフライパンで2~3ミりまで火が通るように焼いて肉の表面をシールします。
 
  70度(鍋肌に小さな泡が立つくらいが70度)のお湯を炊飯器にいれて、ジップロックにいれた牛肉を沈め、保温モードで1時間。
 オーブンで低温でじんわり焼くと、ローストビーフは、いつも火が通り過ぎてしまっていましたが、炊飯器でやるとこれが上手くいくのだよね。
 三弥子先生のお料理は、いつもこういう科学的な根拠と、日常の道具でできるのが嬉しい。
さすが、元カリスマ駐妻だけあって、どの国にくらしても、現地で対応できちゃうのがすごいなぁと思います。

 ブログを読んでくれた友人たちは、
「毎日、夫婦二人の食卓になったのに、ちゃんとお料理していて偉いねぇ~。」と言われますが、
私の場合は、簡単で手元にある道具を工夫しながらというのがもっぱらなのだ。
気温や、気候、食材もできれば現地対応に準じていきたい。
お取り寄せはなるたけしたくない。
 簡単便利なレンジ用の道具も、ブランド鍋も持ってないので、生活力のみを試されている気がします。
今、一番日本の主婦になくなってきた「生活力」や「工夫と知恵」が大事だなとおもうのよ。

 ソースは、粒マスタード、バルサミコ酢、お醤油、お酒が各大さじ1を、まぜて軽く煮たてて・・・。
なるべく気負わずに、できる範囲で、家族の笑顔が見たくてやってるだけ。
ローストビーフで飽きた翌日は、手巻きすしにしてみました。

a0254243_2273338.jpg


 アボガドのネギ入り和風ワカモレも一緒。
お土産に頂いたヒレ酒も添えて。

 今週はこの1キロ分のローストビーフをお弁当や、サンドイッチにも展開して、「ローストビーフ」週間になっちゃいました。安くて、お手軽で簡単、ぜひお試しくださいませ。

 反抗期の子どもも、寄り道して帰りの遅い夫も、
美味しい食卓は「魔法の磁石」になるよね!とメールで友人がいました。
豊かな食卓は、家族を笑顔で家に引き戻す引力になるんだとか・・・。
知恵と工夫で、大事にしたい日々の営みだね。

ワインのひと皿

若林三弥子 / メディアファクトリー



↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-27 02:31 | メキシコの美味しい

耳が生えたよ!小うさぎみないなサボテン

 メキシコの雨季は終わりかけています。
恵みの雨のおかげでメキシコの草花はとっても元気に成長しています。
わが家の寄せ植えした小さなサボテン。

 苗を買ってきた時に、乱暴に扱って片方折れてしまった、象牙団扇サボテンの「耳」。
これがないと、Conejo(小うさぎ)のような可愛さが半減してしまわっと思ったら、
主体は大きくならないのに、にょきぃ~と、小さな耳が生えて、日に日に大きくなってきました。生えたのは、一番左のポットの右の耳です。

a0254243_0122467.jpg


 寄せ植えしたのはいつだったかなぁ~?
と、ブログの過去ログを探せば、こちら→(2012年7月12日 おうちガーデニング1)の記事にありました。
最近は、写真整理と、メキシコ生活の防備録になりつつある私のブログ。
写真も「いつ撮ったんだっけ?」という時は、ブログ記事を検索しているのです。

 わが家に着てから、かれこれ2月。
左右のバランスを取りながらどんどん大きく育ってくれて、
このサボテンの特徴らしく、ちゃんとConejo(小うさぎ)のサボテンに成長しました。

a0254243_015192.jpg


 うしろ姿が、また可愛いのよ。
新生児の赤ちゃんの背中のように見えますね。
写真が下手で、背中の丸みが上手く撮れなくて・・・残念。

a0254243_4113783.jpg


 ブログを書いていてよかったなぁ~と思うのは、こういう記録をもう一度読み返すことができることと、
自分の日記の整理にもなっていること。
 ゆれる心の整理もかねていますけどね。

 昨日、東京・吉祥寺で開催されたStudio HAGAの「ファイリングセミナー」はとっても盛況だったとか。
秋は、まとめて「キッチン」「クローゼット」「住まいのリセット」セミナーなどを順次行っています。
詳細のお申し込みはこちらからどうぞ→
11月、12月は、大人気のスペシャル講座の「おもてなしセミナー」も予定しています。
 日本の優秀なスタッフたちが、皆さんをお待ちしています。

 さぁ、そろそろ、今年も終盤戦がみえてきたので、写真の整理をちゃんとしておこうと思います。
震災で、失って一番辛かった「モノ」が家族の写真だとか。
万が一の時にも悔しい思いをすることなく、バックアップデータをサーバーにあげたり、CD-ROMに焼いたり。そしてブログは防備録にもなって便利。

公開・非公開は別としてもHPやブログに画像をアップしておくのは写真の整理には、とても便利だなと思うこのごろです。

↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-26 00:19 | メキシコボニータ

多国籍料理 本格Samosa en Mexicana

 メキシコ名物の大きな鶏の丸焼きを1つ買ったら、やっぱり夫婦二人では持て余しました。
小さくほぐしてロメインレタスにトッピングしてシーザーサラダにしてもまだ余る。

 うーん!と唸って、冷蔵庫をゴソゴソと・・・・。このチキンをなんとかしたい。
残りの材料でつくるリメイク料理が大好きです。

 思いついたのが、久しぶりのインド料理。
そうだ!得意のインド・スナック、チキンSamosaを作ろう!!

a0254243_6563792.jpg


 冷蔵庫には、マスターシードも、クミンシードもある。春巻きの皮もある。
インドから毎年届くミッタルのガラムマサラも、カレーパウダーもある。
ジャガイモも、コリアンダーも、玉ねぎもある。追加したのは、グリンピースの缶詰だけ。
うふふ、メキシコで本格的なSamosa作りです。

a0254243_657241.jpg


 ムンバイ時代に、インド料理の先生から習った直伝のサモサは、春巻きの皮で作ります。
本場のサモサの皮は意外に厚くて、手作りしてまでは・・・と思ったら、彼女も、あなたの国にはいいものがあるじゃない?春巻きの皮で作りなさいよ!といわれてから、ずっとインドに暮らしても春巻きの皮でこしらえていました。インド人の彼女もシンガポールでいつも買って帰っていたのよね。
薄くてヘルシーじゃない?って。

 ジャガイモを蒸して潰しておき、クミンシードと、マスタードシードをよく油で熱し、インド料理に欠かせないアメ色玉ねぎを作ります。カレーパウダーを加えて、グリンピースに干しぶどう、コリンンダーのみじん切りを加えて、仕上げにちょいとガラムマサラ。春巻きの皮につつんで油で揚げます。
そういえば育ち盛りの中高校生のインドでのお弁当には必ず片隅にサモサを入れていたんだっけ!

a0254243_658348.jpg


 山ほど作って差し入れに。
ビールのおつまみに最適なのだ。
メキシコのローストチキンと、中華春巻きの皮で作る本格インドのマサラ入りのサモサ。
グローバル・マダムの多国籍料理と、思ってちょうだいませ。

↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-25 06:45 | メキシコの美味しい

機を織る メキシコ伝統織りものを学ぶ

 メキシコの染織がずっと知りたかったのですが、機会を得て、今日から手機を織ってみることにしました。
メキシコ人の伝統作家に教えを願って・・・・。

 小さな木製のフレームに縦糸を張って、平織りで羊毛を伝統的な文様で織っていくというもの。
横糸に渡す糸巻きや、すきを寄せるクシもメキシコのもの。

a0254243_62237100.jpg


小さな物差しは、縦糸を持ち上げる定規。
こういう小さな道具を使えるようになって、ちょっとメキシコのお母さんの気分だ。

 好きなせいか、身近に小さな染織品が集まってきました。
今は絶滅してしまったチアパスの貝紫で染めた織りもの。

a0254243_6315695.jpg


これなどは、小枝にハンモックのように縦糸をはって、膝で端を引っ張りながら木陰で居座り織ったであろうモノです。チアパスの典型的なサソリを織りこんだもの。
私は立派なマルコ(手織りのフレーム)を持っていても、なかなか大変。

a0254243_6343531.jpg


 織りに幾何学模様を入れるには、奇数と偶数、2進法や3進法で糸を数えていくのだけど、インディヘナの女たちは、そんな数式はわからなくても、イメージだけで精密に織られている。
伝統的な手仕事に敬意と、尊敬の念をいだいてしまう。オレンジが鮮やかなチアパスの織り物。
クロスステッチの刺繍のように見えるけど、これも精密なメキシコの織物なのだ。

 メガネがあわないこともあったでしょうが、初日の今日は、3時間集中して糸を追っていたら、ちょっと根を詰め過ぎて気分が悪くなってしまった。
 パッチワークや、和服の仕立て、小さな刺繍も大好きだったのに、老眼になってからというもの、とんと根(コン)がなくなりました。
 のんびり織り目を数えながら、メキシコの伝統的な染織を体験したいと思います。
今はサンプラー(パターンの練習)を作成中。
 この織り物の楽しみは、作品にならなくても、織りの過程や文様の背景を知ることでも十分の喜びなのです。

↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-24 06:18 | ラテン文化

おはぎがお嫁に行くときは

 お彼岸なので、おはぎを作りました。
ちょっとご訪問するお宅への手土産も兼ねて・・・。

a0254243_4313228.jpg


 歳をとると、こういう日本の季節の折々のことが気になります。
あんこを煮ながら、母のことを偲んだり、お隣のおばあさんがいつもお彼岸にはおはぎを分けてくださったことを思い出します。

 いま、自分が丁寧におはぎを作りながら、亡き人に思いをはせていることや、
ご先祖様のことをちょっと思う自分自身に驚いています。
こういうことが、供養なんだと改めて思うわけ・・・。

 信心深くはないのだけれど、
「あぁ、妹はお墓参りに行ったのだろうか?」
だれかが、今年もお墓を掃除して、花をたむけてくれたのかなと。

 おはぎは、もらわれていくことを前提に作られるものの様な気がします。
私も同じマンションのお友達にお裾分けしたり、今日伺うお宅へ手土産に。
だれかに食べていただいて、みんなのご先祖様の供養なんか考えてしまいます。

a0254243_4345138.jpg


 きなこの化粧のおはぎは、残ったあんこをもち米でくるんで・・・。
お番茶を飲みながら、夫とふたりで、亡き親を想いました。

 ハローインや、サンクスギビング、死者の日、ガネーシャのお祭り・・。
海外に暮らすとその国の行事もあるけど、自国の風習や伝統も忘れてはいけないよねと。

↓ 毎度ご訪問ありがとうございます。
 こちらから世界の駐妻のブログをご覧になれます。
ポチっと応援してください


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2012-09-23 04:20 | メキシコの美味しい


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

お気に入りブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

50代
住まいとくらし

画像一覧