<   2013年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

年越しはマヤステカの伝統の味で

 日本で、皆さんがNHKの紅白歌合戦をご覧になっている時、メキシコは、まだ大晦日がはじまったばかりの早朝です。大晦日の朝から紅白を観るのって、ちょっと変ね。
放送事故もなく、予定時間どおりピッタリに世界に生放送を配信できる日本の技術と、几帳面なその日本人の段取り力に改めて感心してしまう。
 そうまでちゃんとするのは、どうも居心地が悪いなぁ~と思うのは、3年ほどメキシコに暮らしてラテン気質にすっかりなじんだ証拠でしょうか?

 お節料理の最後の仕上げをしながら、メキシコらしい年越しの準備もしてみました。
メキシコ人は、カウントダウンをしながら12粒の葡萄を食べるしきたりがあります。
12のお願いをするのだとか・・・。
 紅白を観ながら“炬燵でみかん”じゃなくて、“葡萄に12の願い”ってことね。

a0254243_703615.jpg


 今年のブログは、食べ物中心になってしまいました。
年をとったら節句や、季節の食べ物、相手への気遣いのが「食」中心になってしまったのかもしれません。
あしたも、あさっても、来年も、大事な人への気遣いは、「きちんと食べること」と、「健やかな睡眠」。
 シーツを新しくしてピーンとはってベッドメイキングしました。

 メキシコのクリスマス、ニューイヤーのご馳走は海の幸とおかひじき。
バカラオと呼ばれる干し鱈や、海老の料理が祝いの膳として並びます。
そして、なぜかおかひじきのロメリート。

a0254243_1305967.jpg


 最後は、マヤ・アステカの伝統味で〆ましょうってことで・・・。
メキシコ伝統の石臼Molcajeteに盛られたメキシコ産の味。
ノパールと呼ばれるサボテンのステーキ、チョリソー(腸詰のソーセージ)、ハラミの牛肉、パネラチーズに辛いサルサをたっぷりと。

a0254243_1315019.jpg


 茹でたおかひじきにチョコレートのモレソース。
a0254243_1325828.jpg

甘くて辛くて香ばしいソースで煮込んで、クリスマスリースのように盛り付けて、お飾りは海老。

 2013年の締めくくりはメキシカンスタイル!
もちろん夫は年越し蕎麦も準備しました!

ブログに毎度お運びいただき、ありがとうございました。
どうぞ、皆さん、来年もよいお年をお迎えください。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-31 21:16 | メキシコの美味しい

12月の愛妻弁当まとめ

 クリスマスパーティーの出張が多くて、月の半分以下しか自宅でご飯食べなかった夫。
勢いお弁当持参の日も少なくなりましたが、そういう時こそお野菜中心にと思ってお弁当作っています。

 メキシコに暮らす駐在員や、その奥様たちに、
「Blogに影響されて、わが家もお弁当生活をはじめましたぁ~。」とか
「ジェット妻を観た夫にお弁当作って言われて挑戦したけど、これは違うなぁ?って言われちゃって、それ以後頼まれなくなってしまいました。」
「お弁当もだけど、毎日の献立が浮かばなくて、毎日何を作ったらいいんでしょう?辛~い。」
「子どものお弁当つくり、義務って感じでとても楽しむまでの余裕ありません、毎日が苦痛。でも楽しそうですよねぇ…」
とか、いろいろなご感想をいただきます。

 うちのお弁当は、前日のご飯のおかずの残り物弁当が大前提で、
おかずの残り物をなんとか消費したくて作っています。
逆に言えば、おかずをお弁当に繰り越す展開、「前夜のおかず作り→弁当のおかず」が弁当作りの根底にあるのね。

 お弁当作りが苦戦中の皆さま。
ぜひ、“毎晩のおかずを、明日はどうお弁当にリメイクして展開してやろうか?”を工夫くださいませ。
残り物を詰めても傷まないメキシコの気候が、あなたの味方になってくれますよぉ~。
(東南アジアではこうはいかなかったんですから…)
 あとは、詰め方、盛り付けのセンスを磨くだけだよぉ~。

a0254243_3372989.jpg

<前夜のおかずから>
さつま揚げ、切り干し大根の煮もの、春菊のおひたし、蕪ときゅうりの浅漬け、かぼちゃの甘煮
<常備菜から>
黒豆、たくわん、小鰯の佃煮

a0254243_3385263.jpg

<前夜のおかずから>
焼売、茹で野菜の胡麻マヨ和え(人参、アスパラガズ)、かぼちゃの甘煮
<当日朝のしごと>
茹でブロッコリーの胡麻あえ、卵焼き、昨夜の茹で野菜のベーコン巻焼き

a0254243_3394777.jpg

<前夜のおかずから>
ヒレかつ、茹でアスパラ、さつま芋の甘露煮、ゴボウと鶏挽肉のきんぴら、きゅうりの塩糀漬け
<当日朝のしごと>
茹で卵、塩鮭をやいてほぐす

a0254243_3404861.jpg

<前夜のおかずから>
なし
<当日の朝のしごと>
ウインナー焼き、野菜炒め、卵焼き、豚肉の生姜焼き(全部フライパン料理)
<常備菜から>
昆布巻き、ウズラ豆

a0254243_3412241.jpg

<前夜のおかずから>
海老フライ、ズッキーニと茄子・パプリカのオイスター炒め、肉じゃが、セロリの浅漬け
<当日の朝のしごと>
グリンピースご飯 (炊飯器がタイマー炊飯してくれました)
<常備菜から>
黒豆

a0254243_3421794.jpg

<前夜のおかずから>
かき揚げいろいろ
<当日の朝のしごと>
天丼汁でかき揚げを煮る。ガリ生姜を薔薇の花にまとめて、ウズラ豆を串に刺すだけ。
かぼちゃの衣が脱げてもご愛敬!

a0254243_049128.jpg

今年最後のお弁当
コストコの鮭には本当にお世話になりました。塩糀漬け。
卵焼きおしゃれバージョン、きゅうりと大根の浅漬けは、なくてはならない箸休め。
海苔、胡麻、おかかには、毎度おかずの水分の調整で、名脇役を務めていただき、今日もほうれん草の胡麻和え。

 日本はもちろん、メキシコのお弁当ブログをあちこち、覗かせていただいています。
みんなの工夫が参考になるねぇ
メキシコお弁当同好会の皆さま(そんなのないけど)、来年も楽しくお弁当作りしましょうねぇ~!
Buen Provecho! (ブエン・プロベッチョ!=美味しく召し上がれ!)

大晦日、NHK国際放送英語版で、私のお弁当が、サラメシ英語版Lunch onで4回ほどオンエアーされます。
ネット配信もあるので、お時間がある方はご覧になってねぇ~。

メキシコからお弁当に愛をこめて!

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-30 23:06 | メキシコの美味しい

お正月の準備(3) 松風焼きと松飾り

 晦日になったので、お正月用の漆器をだして、お祝いのお箸に銘々の名前を書きます。
メキシコには、お屠蘇セットを持参してないので、屠蘇散いれてお屠蘇を作るのは来春は省略。
徳利には、紅白の水引をつけるだけ。
 お友だちが、お正月のお飾りにと、山へ松を採りに行ったんだとかで、届けてくれました。

a0254243_655096.jpg

嬉しいねぇ~。見事な枝ぶりで、お正月気分がでますよねっ!ありがとう!

 東京からは、独り暮らしの娘から、「お雑煮のレシピ送って!」と電話がありました。
おやっ!そろそろそういう事も習おうと思うようになったのか?
いえいえ、食いしん坊だからお雑煮を食べないと気になるのでしょう。
今年は自分ひとりでやらないとね!ガンバっ!
「あなたの年には、わたしはもう母だったんだから。」といいかけてクスッと苦笑、言わずに胸にしまいます。

 家族の一番人気の鶏の松風焼き。
a0254243_6555590.jpg


西京味噌をたっぷり入れて、そぼろにした鶏肉半分と生の鶏肉半分を丁寧にすり鉢ですりあげて、ケシの実ふって焼きあげます。

 どうしても、気持ちがおさまりきれない発色が悪い芋きんとん。
時間がたったら、さらに渋のアクがまわってすごく色が汚い。
思い切って作り直しました。真っ白なさつま芋。

a0254243_6562790.jpg

コロニア母さんの工夫のちょっとかぼちゃをいれて色つけて。

a0254243_6572394.jpg

 おぉ~、見事に黄金色に仕上がって、でもよーく味わうと、かぼちゃの味隠れてます。
それでもこちらの方が、金運にはご利益がありそうですものね?
色の悪い不出来なきんとんは、来年アンパンの餡にしましょう。

 松風焼きは、末広扇に切り分けて、鉄砲串をさします。
四隅の切り落としを「お味見させて!」といって、オーブンの前でいつも焼き上がりを楽しみにしていた食いしん坊の娘。

a0254243_7312765.jpg

「お母さん、タローはずるい!お味見のところじゃないところを食べたよぉ~」と言っては、
必ず毎年喧嘩になるほど、みんなが待ちどうしい松風焼き。

 今日も、西京味噌の甘く焼ける臭いがたまりませんが、お味見する人はいませんねぇ~。
切り落としは、明日の夫のお弁当の隅っこを埋めると思います。

 では、私のお雑煮を作りたいという娘に、レシピを書き送りましょう!

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-30 06:56 | 暮らしの工夫

お正月の準備(2) 昆布巻きときんとん

 29日は、9=苦に通じるとからと、お飾りやお供えは30日に見送って、ゴミ出しして厄落としにしています。

 来年、年明けから転勤になった息子。
わたしが、日本にいたら、今頃は頼まれていなくても引っ越しのお手伝いに参上して、引っ越し屋を仕切っていたに違いない。
日本にいなくて良かったかも・・・と思っていたら、義母はものすごく気を揉んで、心配して息子に電話をしたらしい。

 もう社会人3年目。自分の事くらいなんでもできようと、見守りたい。
新しい家具の購入や、学生時代から使っていた家具の処分、出て行く家の修繕について聞かれて、それだけを答えたものの、本当はあれも、これもと口出しもしたいところをグッとこらえていたわたし。
でも義母はただただ、「ひとりで可愛そう」と不憫に思っていたらしい。
 そんなことにあれこれ想いを馳せていたら、心ここにあらず。

なんだかおせち料理の仕上がりが、ぱっとしません。
長野のお土産にいただいた小布施の栗でこしらえたきんとん。

a0254243_219650.jpg

最初からクチナシはないから発色は諦めていたけど、欲を出して足りない栗を補おうと、渋皮煮の栗の渋をむいて投入したら、色が・・・。
 お味はいいけど、何とも色が・・・。
きんとん(金とん)は、「金」に通じてお金がたまるようにというお節の謂われ。
ほうらねぇ~、欲をかいて増量なんてたくらむからこうなるわけさぁ。
来年もお金は貯まりそうにありませんね。

 メキシコで手に入る材料で昆布巻き。
鰊(にしん)は日本から。

a0254243_220558.jpg

べったり濃い味で煮ないようにと思ったら、昆布をもどした水を捨ててしまって・・・。
あぁ、やっぱり、あれこれ思いあぐねて、仕事に集中していないのよね。
心ここにあらずですねぇ~わたし。久々に母心揺れてます。

【追記】
山本商店のえみちゃんにお聞きした、コロニア母さんたちの栗きんとんは、
さつま芋に、かぼちゃを加えて蒸して裏ごして、黄色の芋きんとんを作り、コストコのマロングラッセ(栗の甘露煮の替わりに)をいれて作るそうです。くぅ~、最初に知っていたらなぁ・・・。
まだの方はお試しを!


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-29 02:21 | 暮らしの工夫

お正月準備(1) 紅白なますと黒豆

 衣類の整理、食品ストックの点検、クローゼットの整理、大掃除を終わらせて、
さぁ~、28日だもんねと、本格的にお正月の準備です。

 国際結婚をしている友人(夫:日本人、妻:メキシコ人)が、
「メキシコはクリスマスツリーは来年のロスカ(1月6日)まで飾っているんだけどね、うちは2つの文化を背負っているでしょ?
日本の年神を迎えるために、私は結婚以来、ずっと12月26日にはさっさとツリーをしまっているの。
そのあとは全力投球でお正月の準備よ。」と言いました。

 メキシコに暮らす日本人のアラフィフの友人たちは、
「おせち料理?うちみんな嫌いだから作らないわ。お雑煮?実家で食べるからねぇ、うちではこしらえない」
と言いました。
 材料が入りにくいを理由に、和食の手はいくらでも抜けるのも海外生活です。
お雑煮のためには、日本料理店に逃げ込んじゃってもいいしね!

 お正月。
私は「住まいや暮らし」をずっと大切にしたいので、どこに暮らしてもお節料理は欠かしたことがありません。
実際全部を手作りできない年もあるけど、毎年、私がこしらえている過程を知っているせいか、家族は私が作るおせちはどれも喜んで食べてくれて、作りがいがあります。

a0254243_6263138.jpg


 28日は、掃除もやめて、いよいよ料理に専念する日。
実家の習慣なのですが、お正月=年神さまを迎える、その祈りの料理=お節を作るのは、縁起を担ぐために、新し菜箸をおろすのが習わし。今年も新しいものと交換しました。

 最初に取りかかるのが、包丁研ぎ。
千切り大根に、スライサーを使って作った事がありました。

a0254243_6301957.jpg

亡くなった厳しい母に
「そこで手を抜くなら、最初から作るのを止めなさい。買ったらいいじゃない?」と戒められ、こういう節句の料理はなるべく昔ながらの作り方です。

 毎年3本ほど刻むので、包丁が切れないと腕が痛くなってしまうのです。
なぜか子どもたちの大好きな「紅白なます」、3本刻んでも、毎年、元旦には売り切れてしまいます。

 そして、黒豆。
丹波産は手に入りませんでしたが、秋の一時帰国で持ち帰った物。

a0254243_6312694.jpg


 毎年、おせち料理を作るという海外生活の長い友人は、夏の一時帰国ですでに準備をしてきたとの事。
節句を大切に暮らすのは、日本にいても、海外にいても同じですからね。心がけ次第だなぁ~。
 こういうことを考える時は、いつも母の亡霊が登場して、背中をびしっと叩かれる気がする。
自分に厳しく賢くありなさいと。

 さて、お供え餅がまだ見つかりません。山本商店、今年はもうお餅つきをしないとか・・・。
さて如何したことか?本来なら、〆縄飾りやお供え餅、28日に飾るんですが・・。
 
毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-28 06:35 | 暮らしの工夫

虫に喰われちゃいました! Naftalina Bolas(防虫剤の話)

 衣類整理をした夫が、「おぃ、おぃ。全部喰われちゃってるぞぉ~」とがっかり顔でセーターを差し出す。
ウールや絹につく衣類害虫、ヒメマルカツオブシムシらしい。
でも、ちょっと変なのは、日本の衣類につく虫なら、上から下へ食べ広げていく習性があるのに、なぜか横に大きく喰いちぎられている。
a0254243_4355654.jpg
 メキシコの衣類害虫は、食べ進む方向が違うのか?
それとも下へ向かって食べ進めない他の繊維が間に入っていたのか?
引き出しから取り出した時の状況がわからず、実証検分をしそこねました。

 衣類の保管や収納のプロの私としては、このあたりとても解明しておかないことには気が済まないけど。
衣類害虫や、防虫剤については、その手の企業さんとコラボさせていただき、十分に知識はあるつもりだったが、これは外国の害虫の特性なのかなぁ。

 防虫剤には、ナフタリン系、パラジクベンゼン系、樟脳(しょうのう=天然の楠・あのトトロにでてくるクスノキから抽出)したものがある。和服用には日本から樟脳を持参しているが、もしかしたらここでは効かないかもしれないなぁ。

 近所の下町商店街の日曜雑貨店に、虫穴あきのセーターを持参して、衣類用の防虫剤が欲しいと言ってみたら、このNaftalina Bolasというのを奥から出してきてくれた。ひと袋3個入りで3.50ペソ。(28円)
名前からもナフタリン系の防虫剤でしょう。

a0254243_4363736.jpg


 衣類の防虫剤は、あくまで防虫であって、殺虫剤ではない。
さらに虫がつくというけど、虫が這ってくるのでなく、外出中に空気中で接触した衣類害虫が繊維に卵を生み、それが孵化して収納した衣類を喰いちぎるのが一般的。

 通常はナフタリンを衣類の一番上に置き、気化して下へ浸透するので衣類の一番上に直接おいても問題ない。むしろ間に挟まずに、一番上に置くのが効率が良いのだ。
ナフタリンは、日本のように、薄紙にはつつまれておらず、衣類の出し入れで、衣類の下にもぐったり、衣類の取り出す際に、直接手に触れるのもはばかられて、お茶パックに入れてセーターの上に載せました。もちろん引き出しの中は濡れた雑巾で良く拭いておきます。

a0254243_4371729.jpg


 私のクローゼットのウールの引き出しにもナルタリーナ・ボーラを再投入。
日本から防虫剤を持ってきているのであれば、樟脳、ナフタリン、パラジクベンゼンの混合使いは危険なので、中途半端に混ぜない事が大事です。

ちなみに、ビニール袋や、プラスティックコンテナに、ウールやシルクをぴっちりと収納しても上記の理由から、防虫効果はありません。
ちょっと隙間を作って引き出しにふっくら入れて、衣類の一番上にのせる。できればビニールやプラスティックコンテナは避ける方が無難ですね。
そしてニット(セーターやカーディガン)は、素材の形状記憶の問題からゲージが伸びちゃって型崩れを起こすので、ハンガー収納はタブーです。

 収納のプロとしては、この虫喰い問題は、許せないゆゆしき問題となりました。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-26 04:13 | 暮らしの工夫

アラフィフ夫婦のクリスマスの過ごしかた

 乾季のメキシコシティなのに、クリスマスのお天気は最悪。
しとしと降り続く小雨、盆地いっぱいに垂れこめた低い雲。
20年以上、ここメキシコシティに暮らす友人も、「こんな雨のクリスマスは初めて!」というお天気でした。

 クリスマスの公式休日で、夫は、24日、25日と連休です。
多くの駐在員が、この休日をカリブ海のリゾートや、北米のウインターレジャー、クリスマスセールのショッピング休暇にでかけて、駐在者の残留はごくわずか。
 メキシコ人は、家族主義なので、各家庭ごとにお家でこの日を祝っているから、イヴは営業も午前中、25日はお正月のように、車の往来さえ見当たりません。

 休日ものんびり過ごすことがままならないいつもの私たち夫婦。
それは、それで楽しいのですが、電話もメールもせず(そしてBlogの更新もせず)、外出さえもしないで誰とも会わず、ひっそりとお家で過ごしました。
好きな本を持って、ラフな部屋着でソファーに陣取り、一日中読書にくれるわたし。
自分の身の回りの持ちモノ(衣類、靴、クローゼット、机の引き出しなど)をごそごそ点検して整理する夫。

 何もしないという贅沢を2日たっぷり。
さすがに耐えかねた夫は、夕方はジムや、スタバへ歩いていって息抜きしてましたが、私はこういうヒッキーなのんびりが意外にも好き。
 とても日本にいたらこうはいかないだろうなぁ~。

a0254243_162871.jpg


 夕食は、たまには手を抜いて、レストランで外食と思っていたのに、
夕方になって、外食のためにドレスアップ(メキシコの高級レストランは、ほどほどにディナーにはドレスコードが必要)をしなくちゃと思ったとたんに、
「おうちであるものご飯にしない?」という提案に、一も、二もなく二人で合意。
 ご飯の支度よりも外出のほうがめんどうくさい!

a0254243_181791.jpg


完全版おふたり様(親を看とり、子どもたちを巣立たせ)になって、丁寧な暮らしを心がけたこの一年。
「めんどくさい」と決して言い訳せず、ひとつひとつの暮らしの仕事を請け負ってきたけど、
外出がめんどくさい!になっているなんてねぇ・・・。
きらめくクリスマスディナーや、ショッピング、イベントよりも、
丁寧なおふたり様の日常生活の方が、私たちにはとても居心地のいいスタイルになってきたのねと思う。

 冷蔵庫の残り物で、ささっと摘まめるタパスを3品、ルッコラとトマト、モッツァレラで即席クリスマスカラーのサラダ。
丁寧にこしらえた秘蔵のカラスミでパスタをあえる。上等なシャンペンを抜いて!

 一緒に過ごす35回目のクリスマス。
そのいくつかを夫婦で振り返りながら、夜遅くまで、ゆったりおしゃべり。
 初めて交換したお互いのクリスマスプレゼントの話。
イブの晩に、ロンドンから出張で戻った時に、息子たちに
「さっき、飛行機の窓からサンタクロースが見えてね。同じころに日本についたぞ!」というお父さんの言葉に大興奮した子どもたち。スキーに行ったクリスマスもあれば、南国の島で迎えた時もある。
病気で高熱の子どもを一晩中抱いていた年もあったし、仕事でパパのいない寂しいクリスマスもあった。
日本から毎年プレゼントを送ってくれた友人や、両親。
プレゼントよりも高い送料の国際郵便で、届かなくてなならじと、11月末には届いてしまうくらいに気を使ってプレゼントを送ってくれた両親ももういません。
 バブルのころは、酔っ払い過ぎて、パパのお土産のケーキが箱の中で潰れていた年もありました。
ティーンエイジャーになった子どもたちは、もうクリスマスは、ほとんどお家にはいなくなりました。
一番辛かったのは、危篤の父を病院のベッドで、一晩中手足をさすっていたクリスマス。

a0254243_1121161.jpg


 遅く起きたクリスマスの朝は、久しぶりにパンケーキを焼きました。
夫がマンダリンオレンジを絞り、気の短い私がパンケーキを焼きあげ・・・。
夜は、気になる甘酸っぱい恋愛小説が原作の映画をApple TVで観て過ごす。

 ビーチにも、ショッピングにも行かず、美味しいレストランもスル―、サプライズのプレゼントもなし。
何もしないクリスマスをきっかけに、私たちに一番心地良い生活って何かな?って、
おふたり様の丁寧な暮らしのスタンスを再認識したのでした。

今夜観た映画、読んだばかりの有川浩の小説「阪急電車」の映画化版。

阪急電車 片道15分の奇跡  [レンタル落ち]


 
毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-25 22:40 | アラフィフのつぶやき

冬至のかぼちゃと羊のお守り

 今年最後の二十四節気の冬至。
この日から太陽のエネルギーが満ちてきて、再生や、運気が上向きになるんだとか。

a0254243_3275317.jpg


 暦をみては、縁起をかつぐ父のおかげで、子どもの時からなじんだ「暦と節気の習わし」。
今年も早いうちにかぼちゃを買い求め、冬至の日を待つことに。日本もかぼちゃは収穫時期は、秋からですが、3月ほど冬至用に寝かせておくものだと習ったのは、ホームヘルパーに伺ったおばあちゃんの家でした。
小豆と一緒に炊きなさいと指示されて栗かぼちゃを炊いたことがある。
私の家では小豆は炊き合わせたことはない。

 長い海外生活で、モスリム教の国、ヒンズー教の国、そしてキリスト教のメキシコにと世界三大宗教の国に暮らしてみて、自分に信仰心のないことを再確認し、その国の祭りごとには、傍観を決めることにしてからは、クリスマスには何もしなくなりました。

でも年のせいか、暦のことはとても気になる。
今年も無病息災を願いながら、「ん」のつくものをと、なんきん(かぼちゃ)を炊きました。
夫とおふたりさま生活になって一緒に年を重ねるうちに、
クリスマスのケーキは焼かずとも、なんきん炊きに心を砕く自分に、ちょっとおかしさも入り混じって。
私の根っこの日本人を確認したりして。
柚子湯があればいいけれど、それはここでは望めぬことゆえ…。

 メキシコのこの季節。道端で売られている小さな子羊のぬいぐるみ。
a0254243_3284618.jpg

羊をもらうと、「運」がつくだんとか。私も友人から、こんな小さな可愛いのをいただきました。

 日本のサイトには、「メキシコの羊のお守り&ストーンで運気向上」というやや怪しげな紹介のされ方もされていますが、ご利益あるかな?

 日本向けのメキシコの輸出用のかぼちゃ。
今年はハリケーンで収穫が遅れたうえに、いまひとつ不作だとか?
2軒ある日本食材店のかぼちゃ、産地が違うようで、ホクホク加減やお味ちょっと違いました。

 でも、ホクホクの冬至のかぼちゃをいただけただけいいね。
来年も無病息災でありますように。

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-24 03:30 | メキシコの美味しい

新蕎麦を打つ

 古くからのなじみの蕎麦屋の大将から、
無理を言って分けてもらった今年の北海道新得町産の新蕎麦粉。
アイヌの言葉で「風の香り」という意味の「リラの香」という品種。
 大将が、丁寧に石臼で挽いた蕎麦粉は、いい香りと、新蕎麦ならではの黄緑の色が美しいことといったら。

a0254243_31232.jpg


 体調不調の私は、このところ、夫に日々の“おさんどん”を任せぱなし、もっぱら食べる人に専念。

「ブログネタにするからなぁ~」と、手打ちそばの手順は撮影させてもらえませんでしたが、
上等な今年の新蕎麦、なんとか繋がって無事に打てたようす。

a0254243_333635.jpg


 う、う、本当に美味い!
日本人だから、わかる蕎麦のほのかな甘み、噛んだときのコシの強さ、喉越しのよさ。
切りはいま一つだけど、形の武骨さも汁とのなじみが、よろしいようで。

半年ほど前に仕込んだ「かえし」(しょうゆ、さとう、みりんを煮切った蕎麦だれ)を、
厚削りの節けづりで出汁をとり、割る。

 メキシコでは、いやっ、海外では、贅沢過ぎる日本の手打ち蕎麦。
そのうえ、極上の素材なのだから言うことなし。

 かつみやの大将のいる方角に手を合わせました。
その昔、学生の頃、わたしは、この名店の蕎麦屋で勘定娘でアルバイトでさせていただき、
“うたつき さんばい きそぉ~”(たぬきうどん1杯に、きつねそば3杯の意味)とお店で唸ってました。
蕎麦好きの夫は、ここで大将から蕎麦打ちを伝授していただいき、もう30年以上の長い付き合いの蕎麦屋です。

a0254243_353013.jpg


あがりに、蕎麦湯で締めて。
あぁ、蕎麦打ちの亭主をもって、わたし極楽、極楽。
年越しは、熱々の鴨南蛮でお願いしますねぇ~。

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-23 02:43 | メキシコの美味しい

12月に読んだ本まとめ アラフィフ応援小説

 思いがけず、熱をだして、無理したら途中でぶり返し、ベッドでごろごろ1週間近くを過ごすことになってしまいました。だから本読みいっぱいできました。
ひさしぶりの宮本輝のハードカバー。「水のかたち」(上・下)

a0254243_536878.jpg


 東京下町の平凡な主婦が、近所の喫茶店で出会った年代物の文机、茶碗、朝鮮の小引き出しを端に、予期しない出会いや、不思議な縁、セカンドライフへの再挑戦を構築してく様子は、アラフィフに大きな刺激を与えてくれる。文句なく面白かったです。
 自分は平凡に50歳の主婦なんていうけど、平凡なんてないんじゃないかなぁ。みんな何かを抱えて、蓄えていて、もう一度開花させられると思わせてくれる小説でした。

 ちょっと早いけど、今年のまとめでもあります。
エンターテイメント小説が増えてきて、ライトノベルはそれなりに面白いけど、
久々に手に取ったアリス・マンロー(今年のノーベル賞作家)もとても素敵でした。
来年は、人生の襞を集めたような彼女の作品をじっくり読み進めたいです。

 学生のころから、海外小説の翻訳本は、新潮社で読んできて、新潮の活字が好きです。
苦手は、太くて丸みを帯びた角川文庫の活字。微妙に各社ごとに活字のフォントが違うんです。
新潮ブッククレストは、名作品が多くてここで出会ったアリス・マンロー。
他の作品もぜひ、新潮ブッククレスト版で読みたいです。あの繊細な活字がいいんだなぁ~。

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2916ページ
ナイス数:22ナイス

水のかたち 下水のかたち 下感想
朝鮮脱出の話が重かったんですが、地味に生きてきた50の女性が、その後の人生に今までの生き方を再検証して、再挑戦していく姿には、読後感のいいものがありました。好きな骨董、小さなご縁、セカンドライフに向けての再構築。アラフィフ女性のための応援小説かなぁ~。
読了日:12月23日 著者:宮本輝
水のかたち 上水のかたち 上感想
平凡な主婦だって50歳になれば、色々あるでしょうと最初につぶやきながら、あまりに面白くて一気読み、期待して「下」巻へ。
読了日:12月21日 著者:宮本輝
イラクサ (新潮クレスト・ブックス)イラクサ (新潮クレスト・ブックス)感想
ノーベル賞授賞で再読。風景描写も美しいカナダの女流作家の作品ということで、ずいぶん前に図書館で借りて読み、友人にも薦めていたのに、再読したらこんなに苦肉の小説だったかと、ときどきページを閉じては目をつぶって深呼吸しながら読み進めました。翻訳ということもあってか、ときどき読みにくいなぁというところもあるけど、誰もに日常に起こる舞台設定だけに、苦さを胸に押し込めながら読み進みました。短編集なのだけどどれもが長編作以上に重たいずっしりくる作品ばかり。
読了日:12月20日 著者:アリス・マンロー
破天 (光文社新書)破天 (光文社新書)感想
大志をいだく若い人の薦めで読んだ本。インド、それもインドの仏教事情を知っているだけに、一気読み。アンベドカールの遺志を継いだのが日本人の一人の僧。私はそう簡単にインドからカーストはなくならないと痛感するだけに、どうぞ戦わずとも、インドの最下層の人に心の平安を与え、救ってくれるのが仏教であって欲しいと願って読了。インド時代にはお馴染みだった山際基男さんの本でした。ムンバイやプーネ、登場人物、久しぶりに懐かしくもあり。
読了日:12月18日 著者:山際素男
くじらの潮をたたえる日くじらの潮をたたえる日感想
定年間際の親父が主人公で、わたしよりも夫がさきに読んでしまったのがちょっと悔しい。ときどきファンタジーになる展開に、頭がこんがらがりそうになるんだけど、愚直に生きるのはかっこいい。食の偽造が取りざたされているこの時期に読んだので、さらに面白かった。年頃の娘に口を聞いてもらえない親父世代はは一読あるべし。
読了日:12月10日 著者:高村透
あまからカルテット (文春文庫)あまからカルテット (文春文庫)感想
面白かったです。「アッコちゃんのランチ」に続いて柚木麻子の2冊目。食をめぐるミニミステリーの謎解きや、食べることが好きな女性なら読後感も爽快。NHKのごちそうさんのむこうをはって、きっとどこかでドラマ化されるちゃうだろうなぁと思うので、映像化されちゃう前に読むべしのお薦め。
読了日:12月8日 著者:柚木麻子
限界集落株式会社限界集落株式会社感想
地域活性エンターテイメントというんだとか。男性マンガにありそうなお話。起業のためにIT企業を辞めたエリートが、故郷の限界集落の立て直しにに燃えるという設定。過疎化、高齢化、雇用問題…リアリティーには欠けるけど、これもまたドラマになりそうなエンタメ小説でした。面白かった。限界集落って言葉、初めて知りました。最近、身近にあるねぇ、こういう「限界」
読了日:12月7日 著者:黒野伸一
医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法感想
この手の本は苦手なんだけど、友人に薦められて。要は、医療の選択も自分で決めなさいってことですよね。インターネットのある時代で良かったなぁって思います。延命治療しないようにリビングウィルのテンプレートがあって、さっそく書こうと思いました。薦めてくれた友人は、はたしてどこまで治療をとうざけたのか、勝手に心配になったけど。
読了日:12月3日 著者:近藤誠

読書メーター


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-12-22 05:19 | 読んだ本


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

お気に入りブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧