<   2014年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

世界で一番美しい本屋 メキシコシティのEl Péndulo

 イギリスの新聞社が選んだ世界で一番美しい本屋ベストテン。
そのランキングの8位に選ばれたメキシコシティのEl Pénduloへ。

a0254243_9295669.jpg


 ランキングの1位に、オランダ・マーストリヒトの教会を改修したSelexyz Dominicanen セレクシーズ・ドミニカン。
2位には、アルゼンチン・ブエノスアイレスの劇場内のEl Ateneo エル・アテネオ書店。
3位にランキングされたのが、ポルトガル・ポルトの世界遺産の建物Livraria Lello e Irmao レロイ・イ・イルマオン書店。
これらの有名書店にならんで、メキシコシティ、ポランコにあるCafe El Pénduloは8位(2008年)になっています。去年は11位。
ランキング上位はあちこちでご紹介されているけど、悲しいかな、メキシコシティのこのお店、まだ日本のメキシコガイドには話題にもなってなくて…。

a0254243_9332812.jpg


a0254243_9335224.jpg


 私がスペイン語で、読める本は写真集くらいしかないけど、今日もデサジュノ(ブランチのような朝食)でテラスはにぎわっていました。でも2階はガラすきだから、美しい本の陳列を眺めながらのひととき、本当に素敵。

a0254243_9343579.jpg

しばらくメキシコシティの喧騒を忘れて楽しめる本屋さんです。

a0254243_935049.jpg


 東京の代官山蔦谷にも似ているけど、こちらは完全にCafeがメインの本屋さん。
a0254243_9353455.jpg

お客さんの半分が注文するマンゴ&オレンジジュースがすばらしく美味しいのだよぉ。

a0254243_9364023.jpg

メキシコの美術館や博物館の建築や、展示が素晴らしいのは言うに及ばずですが、
Cafeのこういう趣向もメキシコは本当にお上手。メキシコ・ファンにはたまらないCafeです。

a0254243_937506.jpg


このラインキングには、日本からは、京都のけいぶん社が9位に選ばれています。

たっぷり撮影させてもらったので、素敵な本屋カフェのご紹介。
日本にももっとたくさんこういうCafeがあったらいいのにな。
スタバよりもずっと楽しい、本好きにはたまらない美空間。

Cafe El Péndulo
Alejandro Dumas 85
Polanco Miguel Hidalgo
55 5280 4111
8:00-23:00
http://pendulo.com/
ポランコ店の他にもCondesa、Sona Roza店などがあるので、HPにてご確認ください。


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-28 13:57

ミルヒ プロート (生クリーム入り食パン)

 穏やかなお天気なので、今日もパン焼きです。
昨夜のうちに捏ねて、冷蔵庫でじっくり発酵待ちをさせた生クリームたっぷりの食パン。
運動不足なので、350gで2本分を全力で捏ね、力尽きておかげで昨夜はよく眠れました。

a0254243_355185.jpg


a0254243_36951.jpg


 朝のおひさまが登る窓辺で発酵を待ち、成形はいつもどうりに雑だけど、このくらいで焼きました。
a0254243_365579.jpg

窯のびしてくれて高さもまぁまぁかなぁ。
レシピ日付をみてあらっ、もう15年も昔のレシピです。15年前は、ワープロのレシピのコピーだったね。
今は、もっと粉や、酵母にこだわったおされなパン作り教室が主流なのでしょうね。

a0254243_371672.jpg


 C先生どうされているかなって、お教室のHPを探したら、ちゃんとありました。
でも残念ながら、2008年にお教室を締めて、ご主人の故郷へ転居しますというお知らせがでていました。

 子どもが通う小学校の近く、オールドローズのアーチがあるテラス付きの水色のお家。
建築家のご主人さまのこだわりのお家で、前を通るたびに焼きたてのパンのいい香りがして。
お花に水やりしている女性にお聞きしたら、パン教室とわかり、これがC先生との初めての出会い。
それから1年もウェイティング待ちして入れていただいたパン教室でした。

 私が入れていただいたのは、定年後の60代後半のおじさまたち4人と私というクラス。
ここで月に2度、1年半ほどレッスンに通いお世話になりました。
パンとスープの教室なのに、おじさまたちはパンは熱心だけど、スープは全部私に任せっぱなし。
毎回、気温、湿度なども測定してレポートにまとめてくださるのがおかしくてねぇ。
皆さん、どうされているかしら。

 C先生が、地域で子どものためのパン教室や、ボランティア活動、地域のガレージセールなどをたくさんの人と交流されいる様子は、お手本にしたいと思う素敵な先輩でした。
 あれほど長く暮らした土地を離れて、老後、地縁も少ないであろうご主人の故郷へ引っ越したのを知って、終の棲家ってどうなるのか、先の事ってわからないものだなぁ、あんなに丹精して育てていたバラや、お庭の花は残していかれたのかなぁと、そんな事に思いを馳せながらパンを焼きました。

 15年も前のレシピですが、今では大事な宝物になりました。もう新しい習いごとはほとんどしないから、昔からの手順で、たとえ旧式でも、丁寧な料理をこころがけたいと思います。
 今日は同じ日に習った人参とお米のポタージュで一緒にいただきます。

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-27 04:30

こんどこそ、桜さく!

 友人、知人のお子様&甥たち、受験生の合格発表を聞きながら、良かったねぇ~と胸をなでおろしています。楽しい青春時代になりますように!

a0254243_11125440.jpg


 メキシコシティは、日中の気温が25度を超えて、水仙、ヒヤシンス、チューリップと春の花が一斉に咲いています。
先日桜と間違えた桃の花。こちらは本物の桜、琉球桜なんだそうです。
本日満開、メキシコの桜毎年とても色が濃い上に、花の時期がとても長いのです。

 多忙の東京の娘は、今年もお雛さまは飾らない様子で、ちょっと心配。
今年の雨水(うすい)は、2月19日だったんですね。
メールし忘れたから、もう遅いね。毎年、雨水に、お雛様出すのになぁ~。 
今年は大雪で、雪が雨には変わりそうにない。出遅れた感がしますね、縁遠く嫁にいけないかもなぁ。

 一足先にすっかり春めいてきたメキシコシティです。寒がりの私でも昼間はブラウスだけでも大丈夫。
あぁ、カメラの充電不足で、桜の写真、これしか撮れませんでした。がっくり…。

(日墨会館 日本庭園にて)

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-26 11:14 | メキシコボニータ

お節介おばさん登場

 うちのご近所の日本食レストランの暖簾。

a0254243_4132859.jpg


 3ヶ月間くらい、ずっとここを通りかかっては「間違っています!」って言いたかったの。
ついに、我慢ができなくて、お店の人に「紙と鉛筆」を持ってきてもらって、その場で訂正を入れました。

 「おいしい焼き肉 鮪 野菜 肉 箸」の方がいいですよぉ~と。
でもどうもなんだか、すっきりしません。肉がだぶっているし、箸は意味不明。

お店の中の赤い暖簾も「火 肉 炭」なのよね。
ここは、「炭火焼の肉」って言いたいのでしょうねぇ。アメリカと同じように「Teppan焼き」はメキシコでもポピュラー。でもこの店は炭火焼にこだわりたいらしい。それってBBQとどう違うのって突っ込みも入れたくなるけどさぁ。
ここの日本語も 「炭 火 肉」の語順に直しても、なんだかスッキリしませんねぇ。

 自分の日本語にもだんだん自信がなくなってきちゃうわ。
どうせなら、「旬菜 旨肉 鮨 美味鉄板」くらいを提案してしまおうかとおもうけど、今度は中国語っぽくなっちゃうわ。中国語じゃないんでしょうしねぇ。

a0254243_4141151.jpg


 そして、翌日、2つの「肉」と、意味不明だった「箸」が削られて、ようやく語順が直ってました。
どうでもいいんですが、お節介おばさんなんで、言わずにいわれなかったのよ。

あぁ、スッキリしたわ。

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-25 02:25 | メキシコあれこれ

達人と行く Central de Abasto (中央卸売市場)2

 達人と行くCentral de Abostoの戦利品で作るお魚料理三昧。
昨日に引き続き、市場報告です。

a0254243_391594.jpg


市場では、氷も買えるので、アイスボックスにたっぷり詰めて持ち帰ったお魚。
「ニッケイ新聞でくるむと、旨くなるのよぉ~」というのが達人の弁。なんの根拠なんだろうねぇ~。
株価の誌面に乗せてます。達人は、「死んだ魚はなぁ~」って、釣りじゃないんだから、市場で買う魚が全部は生きてはいなんてないだろうと思うんだけど、それほどに鮮度にこだわってました。

左から、カサゴ(ノドクロの一種らしい)、鯵(実が厚くて、日本のモノよりも皮の色が薄いです)、海老、さわら、まながつお、ハマグリ、きびなご。全部で300ペソ(2400円)ほどでしょうか?
わがやのシェフ(夫)が、果敢に全部上手に3枚におろしてくれました。
 下処理をしてくれたので、わたしは隣でせっせと仕込みです。
共同作業だととても楽しいねぇ~、土曜日のマルシェ(?!)通いがクセになりそうです。
“マルシェ”って欧米風に言わないと、地味なイベントが素敵に聞こえないもんねぇ~。
おフランスだったらこういうのを喜んでも、メキシコだと、げっ市場ぁ~ってめげちゃう人いっぱいると思おうから…。
(何事も前向きなのが取り柄です)

ちなみにハエもほとんどいなくて清潔な市場に驚きました。店じまいでは、魚のトロ箱を丁寧に洗剤で洗い上げていた市場の人たち…。洗剤使いすぎでしょって言いたいほど。メキシコ人は国民レベル的にもすごく綺麗好きだからねぇ~

a0254243_3102770.jpg

スペイン語でNegrilloというカサゴは、醤油とお酒をちょっとふってから揚げに。キトキトしたぷりっぷりの身がたまりませんねぇ。
日本海沿いの漁港でとれる高級魚ノドクロみたいな食感だねと言ったら、ノドクロの仲間らしい。
残った半身はポワレ用に冷凍。

a0254243_3112499.jpg


残ったカサゴの頭は潮仕立ての汁に。
a0254243_3123298.jpg


鯵は、三枚におろして、フライ用に冷凍と、ひと塩して干物に。
a0254243_313313.jpg


鰆(さわら)も、ひと塩で一夜干しと、麦味噌漬けに。金色の背の水玉があるほうが美味しいです。
a0254243_3144137.jpg


a0254243_3154593.jpg


関東の人は、まながつおって、お煮つけくらいしか美味しくないよねといいうけれど、関西では、もっぱら西京漬けなら“まながつお”という位に人気だそうで、ムンバイ時代も関西の人に味噌漬けを習って、よく食べたパンパノ。
a0254243_320993.jpg

筒切りにして、お煮つけとおもったら、シェフが三枚にしてくれちゃったので、人気メニューの西京味噌漬けに。西京味噌をみりんでのばして漬けてます。(ケチって、ちょっと麦味噌も混ぜたけど)

a0254243_3212283.jpg


ハマグリの酒蒸し。
a0254243_322997.jpg

出汁にしみでたハマグリの旨み、その美味しさと言ったら!レストラン太郎では、このお出汁にほうれん草の煮びたしをいれて一緒にでてきたので、次回は青菜の煮びたしを入れたいなぁと思います。

きびなごは、頭と腹をとって、片栗粉をまぶして素揚げにして、塩山椒をまぶしてお酒の肴。
a0254243_3233249.jpg


残りは、南蛮漬けにしてみました。
a0254243_324148.jpg

 10日くらいで、おふたりさまでも食べきれそうな量にしておかないと、次回の市場行きの楽しみがなくなってしまいます。せっかく長靴もかったので、市場行きも1回きりの見学だけじゃつまらないからねぇ~。
 次回は、アクアパッツァとかパエージャとか、ブイヤベースとかイタリアンシーフード料理の材料でも仕込みたい。

 コストコの鮭、日本食材店の輸入のサバや秋刀魚、お刺身になった鯛やスズキくらいだったメキシコでのお魚料理の幅をぐーーーんと広げてくれる中央卸売市場。
サンファン市場に行く手間ならこっちの方がだんぜん良いよね。あとは師匠に良く聞いて美味しい魚と食べ方を探せばいいかな。

これでしばらく「今月はどんな魚にする?」とか言いながら、夫と一緒に土曜日を仲良く遊べるなぁ~と思っています。市場は、本当に楽しいねっ!

メキシコシティ中央卸売市場 Central de Abasto
公式ホームページは、こちら→★

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-24 03:31 | メキシコの美味しい

達人と行く Central de Abasto (中央卸売市場)1

 達人のご案内で、メキシコシティの築地こと、Central de Abasto 中央卸売市場へ行ってきました。
a0254243_2144387.jpg


 とにかく、でっかくて広いこと、広いこと。
なんと10万平方メートルもの敷地に、グルメシティ・メキシコの胃袋をささえる豊かな農産物、精肉、鮮魚、乾物が終結。
公式ホームページの上空からの写真をみるとさらに驚愕です。(画像は、こちらからお借りしました)
a0254243_215188.jpg


 家族ぐるみでお付き合いさせていただいてるN家の達人にくっついて、Deepな鮮魚市場へ。
夫もこういうところが大好きなので、もう着任当時からずっと行きたいと言っていたのだ。ようやく念願がかなってね。

a0254243_2171279.jpg

築地の市場同様に、業者向けの売り場と、一般の人向けの小売りの場外市場がありますが、もちろん達人と一緒なので、業者向けの売り場です。そのための長靴だったわけよ。
 (場外だけなら長靴はいりませーん)

 朝一番と言いたいところですが、さすがにプロばかりの時間帯に素人がちょろちょろするのは危なくて、荷捌の邪魔になって怪我でもしたらということで、朝8時出発。それでも鮮魚はたくさんです。

a0254243_2181052.jpg

 こちらは、場外のお上品な人、一般客向け。
達人、「品物は綺麗でいいけど、値段がなぁ~。鯛やスズキの上品ぶった魚より、こういうところじゃ鯵やさわらよぉ~。」と、わたしは十分にお安いと思ったけど、達人は目もくれず。
a0254243_219091.jpg

マナガツオ(パンパノ Panpano)
日本じゃお目にかかれないサイズでしょ?
a0254243_2195083.jpg

スズキ (ロバロ Robaro)
ちなみにお値段は、1ペソが8円として、でっかい鯛でも一匹2,000円程度です。

a0254243_2213564.jpg

達人、「これはさぁ、醤油とみりんで煮たら最高よぉ~」っていうけど、魚の名前がわからない。
安くて、旨きゃいいのよって。煮こごりができるほどに濃厚でぷりっぷりらしい。スペイン語ではCabrilla、日本語はマハタとあるけど、マハタさえもしらないのよね。
【追記】 友人からマハタは、潮州・広東料理のガルーパだと教えられました。なぁーんだよく食べていたじゃん、唇ブルブルの油揚げや蒸してコリアンダーいっぱいのお魚料理。

 これは、Negrilloという魚。カサゴやノドクロの仲間らしいんですが、このでっかい(50センチ)のお魚を買いました。(日本の名前わからず)
a0254243_2221773.jpg


 達人は、1kgで13ペソのこんなでっかいたたき用の鯵を2本。担ぐ姿もさすがにマになっています。
a0254243_2233415.jpg


わが家は20センチほどの鯵を3本それでも18ペソなり。新しい長靴で新弟子も頑張ってます。
a0254243_224926.jpg


「女房がうるさいから、鱗だけはここで、ひいておいてもらおう。」と、女房には、やや弱気な達人。
a0254243_224416.jpg

ブッチャー登場で、包丁ブンブン振り回して鱗を引いて、三枚におろしてくれます。

a0254243_2251231.jpg

ちょっとお味見とか言って、達人と私たちがその場で摘まむ鯵に、さすがに魚市場のメキシコ人たちもたじろいでました。うふふぅ~、普通、日本人じゃないと、こうやって生じゃ食べないよのね?

a0254243_225591.jpg


 場外には、名物のエンパナーダス(アルゼンチン料理が元祖)のシーフードのお店がわんさか。
カニや、海老、白身魚のチリソース煮を具にしたエンパナーダスです。
a0254243_2265278.jpg

 市場には、パンクな兄ちゃんもいっぱいで、活気があってすごかったぞ。
いつもご近所の上品でセレブなメキシコ人に囲まれているせいか、こういうところの楽しさはまた別のものね。

a0254243_2272110.jpg


 魚市場から一度場外へ出て、車で5分の青物市場。
中国野菜の売り場で、大根、春菊、さといも、カイラン、生姜、白菜、チンゲン菜を買い求めました。
新鮮すぎてクラクラ、あまりの安さにホクホク!

 達人は、早速鯵のたたきを作って、このあと次々にやってきた25名もの食べざかりの男たちに振る舞ってました。
a0254243_2283094.jpg

 巨大な鯵は、おろした端から7名の男たちのお腹に、あっという間に収まってしまった。ご飯は1升ぺろり!
あつあつの炊きたてご飯に、鯵のたたきたっぷり乗せて・・・。あぁ~、ごっつぁんです!

 わが家の戦利品報告は明日へ続く…。

メキシコシティ中央卸売市場 Central de Aasto
公式ホームページは、こちら→★

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-23 23:49 | メキシコの美味しい

桃と長靴とわたし ~メキシコ脳の整理と分類~

 ただいまメキシコシティは、桜が桃が満開です。
a0254243_1374629.jpg


 自宅前の幹線道路ぞいの街路樹に咲く桃。桜のはずがないよね。(最初は桜でアップしましたが訂正)
原色の鮮やかな花が多いメキシコでは、花が地味すぎて目立たないのだ。
日本のようにお花が密にみっちり枝についていないからかなぁ。葉っぱも一緒に芽吹いちゃってるしね。

a0254243_263244.jpg


 メキシコシティの春の花は、薄紫のハカランダの方が今はインパクトがありすぎて。

 お花見をしながら、テクテク歩いてご近所散策。
明日出かける素敵なツアー(まだ内緒)のために長靴を探してきました。
乾季がほとんどで、降水量が極端に少ないメキシコシティで、日常には長靴はまったく必要ありません。
おしゃれなお姉さんたちは、もちろん冬にはブーツを履きますが、いわゆるレインブーツじゃないのよね。

 それでも、スーパーマーケットの魚売り場や、レストランの洗い場、ガソリンスタンドの洗車場など、「水場」はあるわけで、働く人たちの足下に長靴を見てはいましたが、「はて?長靴はどこで売っているんでしょうか?」
長靴は Botas de Agua(水のブーツ)と言います。

 私は、「整理収納」の仕事をしているので、こういう時は、分類や見当識という考え方で物を探してしまう癖があります。
「片づけ」とワンセットにされた「使うとき」を考えた収納の観点からの捜索です。
見当識というのは、このあたりに、分類されているはずという当たりをつけることを言います。
 認知症になると悲しいかな、この能力が失われていって、“おにぎりが押し入れに”というような悲しい収納事件を起こすようにもなります。見当がつかなくなるのね。

さて、メキシコでは、どこで長靴が売られているでしょうか?
とりあえず靴屋さんですが、子ども用しかありませーん。
アウトドアショップにもありませーん。
残念ながら、近所には釣り道具屋とか、業務用作業着やさんとかがないので、スーパーマーケットへ。
靴売り場のコーナーにはありませーん。
キャンプ道具コーナーやDYIコーナーにもありませーん。
結局思いあぐねて、「普通のメキシコ人が長靴を履く機会は?」と言う事に考えが及び、ガーデニングかなぁってことで園芸コーナーに行ってみたら、ようやく見つかりました。スコップの下に寝そべるように5足だけ。

a0254243_239147.jpg


 「どこにあるかな?どんな商品と一緒に分類されているのかなぁ~」というのは、モノの分類の見当識をつけるという脳の働きが自然にスイッチオンになって「分類の階層」に思考を巡らせています。
不思議ね。
こういう分類カテゴライズのセンスは得意な人と、不得意な人がいて、ファイリングの分類や、収納の分類にこの見当をつけ違うと、玄関の下駄箱にキッチンのおたまとか、食器棚にアイロンというような不思議な収納カテゴライズになっちゃうのね。嘘みたいだけど、よくみかける光景です。

 日本の常識が世界の常識の分類じゃないなぁと、海外に暮らすと思います。
肌の色、言葉、文化さまざまな要素が入り乱れると、このあたりのセンスの基準が日本とは全く違う。
メキシコで探しまくったヘアドライヤーは、家電売り場じゃなくて、シャンプー・リンスと並んでヘアケア用品コーナーに売られていました。
日本の収納分類システムなんてまぁ狭い、ちっこいなぁ!と思える瞬間です。
 こういうのは店頭販売での戦略にも直結するんですよねぇ。ドライヤーをシャンプーリンス売り場で売ったら売上倍増になるかなぁ~などと、日本の商品を海外に売る人はきっといろいろ考えるのだろうなぁ。

 お花見しながら、お気楽に、ぼぉーとしてもいられず(メキシコシティは治安が悪いので、周辺にはものすごく気を使いながら歩いています)
こんなメキシコ分類カテごライズの新発見に、ひとりニヤケながら、ようやくゲットした長靴を持って帰ってきました。
残念ながら私のサイズの長靴は見つからずビニールのバレエシューズです。
 さぁ、明日はこれ履いて、楽しいところへおでかけの予定!
さて、この長靴が活躍するエリアってどこでしょうねぇ~。

**** Studio HAGAからのお知らせ ****
 大人気のお片づけ講座を開催します。

★★ 残席まだあります ★★ ホームファイリング講座
2014年2月25日(火曜日) 10:00-12:00
会場 吉祥寺第一ホテル3階 ワミューズ
会費 4200円(税込)
講師 枡田敦子(Studio HAGAお片づけコーチ)

★★ お引っ越しシーズン 新学期前にぜひ ★★ 住まいリセットセミナー
2014年3月4日(火曜日) 10:00-12:00
会場 吉祥寺第一ホテル3階 ワミューズ
会費 4200円(税込)
講師 成田恵 (Studio HAGAお片づけコーチ)

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-22 02:30 | 暮らしの工夫

ひよこ豆のお豆腐つくり

 暇を持て余し…というか、お家での校正仕事にがんじがらめで、外出できず、豆腐なんぞを作ってみました。

a0254243_1552155.jpg


ちょっと上手に出来たので、お懐石風にして食べてみました。
お土産にいただいた「おつまみの干し貝柱」2個を熱湯で戻し、その出汁で餡をつくって餡かけに。
でも一番美味しい食べ方は、
わさび醤油に限ると思います!

 以前、友人から、「チリの奥さまがガルバンゾでお豆腐作ってますよぉ~」ってブログを紹介され、いつかいつかと思いつつそのままに…。
 時々、コメントをいただくメキシコ・プエブラ州に暮らすHIROKOさんのブログに先週から「ひよこ豆で作るお豆腐レシピ」がアップされて、私も刺激をいただきました。
 グラシャス!HIROKOさん。

a0254243_157878.jpg
 

 いろいろな作り方があるようですが、材料はきっぱり、「ひよこ豆と水」だけです。
にがりはもちろん、塩も砂糖も要りません。

 豆と水で、どーして固まるのか、ひよこ豆のたんぱく質の効果?と、最初不思議だったけど、ようやく作ってみてわかりましたねぇ~。ひよこ豆、潰して濾してみたら実にデンプンが多いのだ。
絞った豆汁の底に片栗粉を溶いたように白いデンプンがたまりました。
 だから火を加えると自ら凝固してくれるのです。ちょうどごま豆腐を作るときに、胡麻ペーストに葛をいれて練る時と同じ感触です。
 凝固材も、調味料も入れないのに、豆そのものの濃厚な風味と甘さが、ちょっと料亭のごま豆腐を上回る美味しさ。豆好きにはたまりません。水ぽいロングライフの輸入お豆腐なんかもう食べたくなくなっちゃいますね。
(大豆のアッサリが好きな人には、くどく感じるかもしれませんが)
昨日、紹介した、タヒーニをいれたら、本当に本格的な胡麻豆腐になりますよぉ~。

a0254243_1574117.jpg


 さて作り方。本日でひよこ豆の豆腐作りは、2回目です。下記のレシピはご参考までね!
さっと洗ったひよこ豆(500g入りひと袋)を24時間水に浸すと、ふっくら2~3倍に膨らみます。
豆をザルに揚げ、戻した水を計量して1000CC分(豆の2倍)をとっておきます。(足りなければ水をたす)
フードプロセッサーに豆をいれて、戻した水を加えながらよくすりつぶします。

水加減がお豆腐の固さを決める大事な要素なので、
胡麻豆腐くらいにしっかりタイプがいい人は、半分の500CCまで、
木綿風ならば700CCくらい、ゆるゆるの絹ごしくらいなら豆の重さの2倍1000CCです。
この水加減だけが、ちょっと何回かの経験を伴うかなと思います。
すでに豆が十分に水分を吸っていると思って、加減して下さいね。
この水の量がほぼ出来上がりの豆腐の量なので、500gで豆腐3丁分がくらいできます。

豆が固いので、フードプロセッサーの様子をうかがいながら、豆2カップくらいづつくらいで潰していきます。

a0254243_1594195.jpg


 木綿の布(私はメキシコのシーチングを使用)を袋状に縫って(縫わなくてもいいけど)、
そこに潰した豆をいれてよーく絞って、豆汁、いわゆる豆乳を絞りだします。
袋に残った絞りかずは「おから」ね!(まさに栄養がぬけちゃった豆かすのおから)

a0254243_159024.jpg


 豆汁を強火にかけて、沸騰したら弱火にし、ナベ底に線が引けるほどになるまで木べらでかき混ぜます。
葛を煮たことがある人ならわかると思うけど、まんべんなく固まるのではなく、ところどころダマダマができてきますので、その都度火からおろしてダマを潰して滑らかにして、よく練って混ぜてください。(←ここポイント)
 寒天などの流し箱にいれて、荒熱がとれたら冷蔵庫へ、2~3時間でしっかり固まります。

 豆の風味が生きたお豆腐の完成。調子に乗って、こんなことを。
うぐいすきな粉と黒蜜で和スイーツにしても美味しい。胡麻豆腐の硬さだと型抜きもできます。

a0254243_213463.jpg


 ぜひお試しあれ!

そして残った「おから」の始末。こういうの悩むわぁ~。
日本にいても、スーパーじゃなくて、自家製のお豆腐屋さんでお豆腐買った時、
それも気が向いたときしか「おから」なんて買い求めません。
うちは国産大豆にこだわってます!ってくらいの「上等なおから」だったら食べる気もするけどねぇ~。

 有名なダイエット食品会社の「おからクッキー」、あれを美味しいと思ったことないもんなぁ~。
a0254243_2435455.jpg

 玉ねぎをよーく炒めてカレーパウダーをふって、コーンとツナ缶を合わせてコロッケに。
人参を胡麻油で炒めて、干しシイタケ、きくらげ、油揚げをいため、おからを加えて、だし汁、醤油、みりんで味付けして、ネギの青いところをいれて卯の花。
 しっかり味付けしないと、ぼんやりした味の「おから」の始末に困りますね。

食物繊維たっぷりゆえ、ダイエット食にはいいんだけどねぇ~。
もちろん本日のお弁当にどちらも投入しました。

 ひよこ豆はトルコあたりが原産地と聞く。
インドには古代文明時代から伝わったらしく、インドのひよこ豆のカレーではとてもポピュラーで、ベジタリアンのインド人には大事な蛋白源でした。インドではチャナ豆といいます。チャナ豆の揚げ煎餅もあったなぁ~。
インドについでメキシコでも生産量がものすごく多く中南米でもよく食べられる豆のひとつです。
メキシコでは、ひよこ豆は500gで23ペソ、184円なり。
英語名のガルバンゾって言う名前も「がんばるぞ」みたいでこの響きが好きです。

 世界中の駐在員の奥さんたちが、日本よりもずっとお安く手に入る「ひよこ豆のお豆腐」をつくっているようであちこちのブログでお見かけします。
駐妻のKilling timeには、持ってこいのひよこ豆のお豆腐作りなのねぇ~。
お暇なら、ぜひ!帰国したら、こんなことは、きっとしませんが…。

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-21 02:05 | メキシコの美味しい

中高年のためのビーツ料理

 夫も私も、降圧剤のお世話になっていることもあって、体重管理はとても大事です。
ちょっと日々の食事がカロリーオーバーしているので、このところお野菜中心の減量メニューが続いています。

a0254243_23435938.jpg


 先日レストランのサイドディッシュに登場したビーツ。
意外にも夫が「結構、これ好きなんだよなぁ~。どうして料理しないの?」と言いました。
35年も連れ添っても、夫の好みまだ知らないことあるのねぇ~。
酸味のある食べ物が苦手なのでこれもダメかと思っていました。

 ご存知のとおりビーツは植物繊維に富み、リン、マグネシウム、カリウム、鉄、カルシウムなどもたくさん。
カリウムが多いのでナトリウムの排出効果が高いから高血圧の人にはもってこいの野菜です。
鉄分も多いから妊婦さんや貧血気味の人にはほうれん草以上に効果的だし、葉酸もおおいから「鬱」な気分の改善にもなりますしね。ムンバイではよく食べたけど、メキシコに来てから、あることは知ってはいたけど、見向きもせずに…。スペイン語ではBetabel。
 まんべんなく好き嫌いに関わらず、あれこれ食卓へ乗せてきたつもりでしたが。

 さっそく近所のメルカドで買い求めました。メキシコでは通年出回っているお野菜です。
2個買って12ペソ。100円ほどです。

 下茹でする(少々の塩と酢)のが一般的とされていますが、水にこの色素と栄養分が流れ出るのを少しでも抑えたくて、私は圧力鍋で30分蒸してみました。(かなり固いので、茹でると1時間くらいかかるのですよね)
独特の甘みが凝縮されて、香りも高くて美味しい。このままでも十分イケちゃいます。

a0254243_23453888.jpg


 相変わらず、和風のメニューに合わせ、お弁当のおかずにしたいという目論みもあって、味噌、マヨネーズ、砂糖少々、そして胡麻ペーストのタヒーニを入れたソースで和えました。金胡麻のすりおろしをたっぷりトッピングして、栄養ばっちりという感じの出来上がり。

a0254243_23462514.jpg


 メキシコのマヨネーズでレモン入りじゃなのを探すのは結構苦労します。私はこのクラフトの自家製版が一番シンプルでいいお味かなと思います。
a0254243_23515710.jpg

タヒーニは、アラブ料理の胡麻ペーストなので、ユダヤ系のコシェールのお店か、トルココーヒーのお店などで手に入ります。芝麻醤(チーマージャン)よりも伸びがいいのでマヨネーズや和え物に重宝しています。
ビーツを和えた同じソースで、よく茹でたアスパラガスとワカメも和えたりします。

 しばらく毎週ビーツを、いろいろ形を変えて食卓へのせたいなとおもっています。
朝起きて、昨夜ビーツを食べたことをすっかり忘れた中高年の夫と私。
“お通じ”みて、朝からとても動揺しました。
 ビーツは最後まで真っ赤なんですねぇ~。

<追記>タヒーニのお店
私はいつも散歩するPrado Norteのトルココーヒー店で買い求めます。
(スタバの向かい側)中瓶で90ペソほどです。
店名を忘れてしまって…。また思いだしたら、更新しておきますね。

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-19 23:53 | メキシコの美味しい

老いの自覚と「いつも、ふたりで」

 白内障の手術をしたのに、まだよく見えない気がします。
ローガン鏡をかけないと、ぼさぼさの眉にも気がつかなくなりました。
眼鏡をかけて眉の手入れをする事ににうんざりで、そのためにエステの予約をしようかと思います。

 見えないと言うのは、時には大きな過ちを招くもので、いつもの収納先とは違う場所に、ちょい起きしたピアス。見えていたらゴミとは思わなかったでしょうに、「金色の釘」と思って摘まんでゴミ箱に捨てました。
 翌日気がついた時には、もう手遅れで…。

 アカプルコのホテルの朝食で、みんなが並んでいたブッフェのパンシータ。
豚の臓物(ホルモンやハチノスとか)が、とろとろになるまで煮込んである、こってりしたスパイシーなメキシコの代表的なスープ。脂ぎらぎら、とっても辛い。
 行列につられて朝からパンシータを食べたら、大変な胸やけと、脂に負けて悶絶するほどの嘔吐の嵐。
すっかり胃がまいってしまって水さえも受けつけず…。2日ほど絶食でした。

 長いトレッキングを楽しんだコスタリカのツアーの後も、股間に違和感があって、もしかしたら脱腸か?膀胱脱か?と思い悩んで受診したら、「加齢によるものですね。」と診断されました。

 瓶の蓋の開閉はほとんどが無理なほど握力も落ちているし、夕方からの針仕事はまったく見えません。

 まだ「老い」はずっと先のはずと思ってはみるものの、出来ないことや、無理なことが少しづつ増えてきて。
そんな一つ一つを自分の気持ちに折り合いをつけて、諦めたり、改善を試みたりと、若いころにはなかった小さな心配も増えてきました。あれこれ上手くいかない、自分の思いどうりにいかないことがいっぱい。

 病気をロクにしたことがない夫は、妻の不調にオロオロと、「大丈夫か?」と聞くので、「大丈夫じゃない」って答えると、「気合いだ」と言うんだけど、気合いじゃないよねぇ~。

 こんなことばかり考えていると、ちょっと鬱うつしてしまうから、人生の先輩たちの輝くライフスタイルでも学ぼうかと思うわけです。先日、渡墨した友人に頼んで持ってきたもらった「いつも、ふたりで ばーさんが、じーさんに作る食卓」が届きました。6年も前に出た本ですが、今このタイミングで、じっくり読んでいます。

a0254243_284520.jpg


 この年になって「愛する人」なんておこがましくて言えないけど、夫を含め家族は「愛する人」。
本当は自分の仕事や、自分の自己実現で輝けたら人生は、一番気楽で楽しいのだけど、「愛する人」を大事にするための務めもある。
「愛する人」との家庭生活(家事、育児、介護)を無償で切り盛りしていくことに、有意義な価値感が見いだせない人もたくさんいるわけで…。
家事は不毛ですからねぇ。家の仕事が好きじゃないと、メンドクサイといくらでも手を抜けちゃいますしね。

 最前線で仕事優先に生きてきた夫や、働く妻も、いずれはこうして毎日の「食」や「家事」をすることだけが人生のゴール付近に残されいているわけで、長い夫婦生活の関係のなかで、食や暮らしを通じてどんな夫婦の関係を築けるかというのも私の課題です。

 この本は、ブログでもずっとフォローしていた68歳から始めたご夫妻の食卓日記(すでに8年目)が本になったものですが、
「すごいなぁ~」と思うのは、ちゃっちゃと簡単レシピが横行するネットのレシピ界にあって、手間暇かけて、下ごしらえをして、旬の経済的な食材を使い、和食に限らずエスニック、イタリアン、フレンチ、インド料理まで及んで食卓にあげている様子。
 
 高齢になると、どうしてもお野菜中心の和食に傾きがちなのに、ココナッツミルク、シェリー酒、ウーシャンフェン(五香粉)、バルサミコと使う調味料もすごくバラエティーがある。
 テーブルセッティングやマットやクロス、食器、カトラリーも実に豊かで、肉厚の染めのプレートや、和食器、調理道具にも長い時代のコレクションがあってそれも楽しい。
料理ブログによく登場する一目瞭然のブランド物や、流行りの北欧食器はまったく登場なしね。
長いこと食べるを大事にしながら、ちゃんと作って、きちんと食べてきた経験や実践が垣間見られます。サプリメントや健康食品は、全く無縁のご様子。

 一切外食をしないというお二人の食卓の食材の豊かさを思うと、「豊かな老後」って、実はこういう事なのかしらと感慨深くなります。若い世代にも支持されている本で、大ベストセラーなんですね?2冊目以降は電子ブックになってました。

 老いを素直に受け入れて、(今の与えられた環境を受け止めて)、何を豊かと思って暮らすのか?
愚痴ばかりつぶやいてないで、こう賢くありたいと、大事にページを繰りながら本を読み更けています。

ブログ 「ばーさんがじーさんに作る食卓」 こちら→★




毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-02-19 02:13 | アラフィフのつぶやき


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧