<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

メキシコに戻ってきました

 久々にジェット妻になって飛び回りましたが、戻ってきましたよぉ、メキシコシティ。
すっかり雨季になっていてちょっと寒いわね。
 メキシコシティもやっぱり住めば都。東京の家も自分の家ですが、今の暮らしの中心はメキシコシティ。
お子たちよりもシニアな夫の方がずっと心配な今日この頃ゆえ、やっぱり自分の家は落ち着きます。

 あぁ、ほっとするわ。

たまに戻った東京なのに、ろくに美味しいものも食べに行かず、ひたすら住まいのあれこれ(掃除や修繕、買い物)に関わって暮らしていたので、おかげでとても痩せたわ。パンツはワンサイズダウンしましたが、顔はやつれるのね、歳とってからのダイエットって。

 東京の家の冷蔵庫の使いけかの食材を泣き泣き、処分して来ました。
どうしても毎回こういうロスが出ちゃいますよね。
最後は、お持たせで娘のお友だちにもらっていただく。
a0254243_320067.jpg

 食べ物や日用品、色々なロスや無駄って転勤族の辛いところ。
実家じゃないので「後はよろしく」ともいえず、ギリギリまでシーツの洗濯やら、ゴミの始末とあわただしかった最終日。

 メキシコに戻ったら冷蔵庫にちゃんと食材が買ってあったので(偉いぞ!夫)、さっそく今日からお弁当です。5月の愛妻弁当は今日だけですが。(久々にコンデジで撮影したら色が変!)

a0254243_3153476.jpg

 東京の外出先での一人ご飯、ぱぱっと済ませて次の用事をテキパキしなければならず、3回もSoup Stock Tokyoのお世話になっていました。レジのそばに売られていたこの店のスープのレシピ本。
a0254243_317940.jpg

1冊目(表紙の赤いスープはルージュの伝言のスープ)は、定番のスープレシピでしたが、続編の「スープの作りかた2 日常スープ篇」が実によく出来ていてびっくり。
 スープというより、今夜のおかずへの展開や、段取り、下準備のステップが明確なので、一人暮らしや多忙な人には、持ってこいという手引書で、よくできたレシピ本です。
 一人暮らしの男性や、新生活をはじめたばかりの人、お料理ビギナーにもお薦めです。「Soup Srock Tokyo スープのつくりかた2 日常スープ篇」の方がお薦めです。
そして子どもたちにも2冊を買って送るというお節介な母でした。

 直行便のアエロメヒコは30分も早く到着して、今回は11時間半というとても早いフライトでしたけど、やっぱりよく眠れなかったなぁ~。それでもトランジットなしはありがたや!
 親の介護中からはじまったメキシコと東京のジェット妻生活。本当に何度こうやって往復した事やら。
いよいよ、これで最後でしょう。

 メキシコライフの終わりが近づいてきました。






毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-30 03:20 | メキシコの美味しい

母の思い(3) 天満天神繁昌寄席 ~息子編~

 娘ばかりにかまっていると、もうひとりも気になる。
今年から関西に転勤になった息子の元へもちょっと足を運ぶ。
嫌がられるかと思ったら、意外に歓迎されて、ちょっとホッとしています。

 わたくし、生粋の東女(あずまおんな)なので、関西圏は異国と思うくらい何も知らない。
さっそく予習のためにこんなコアなガイドブック買い込みました。
東京の人が文化圏を比較しながら大阪を見たらという趣向の本。
a0254243_1551563.jpg

 新大阪では、目当ての限定おこわを買って息子の迎えを待つことに。
a0254243_15514161.jpg

 日本では、スマホじゃなくてまだガラ携でGPI機能もついてない、メキシコで使っているiPadはフリーのWi-Fi圏でないと使えない。
いまどき紙ベースでは知らない街を歩けないんだなぁと思います。人にもなかなか聞けないわよね。

 無事に息子の迎えで、彼の住む街歩き。
「まださぁ、ぜんぜん友達できないよ。週末はゴルフとジムと日常の買い物くらいで、新規開拓は接待用の夜の店だけ。」と言う息子。あらぁ~、これじゃ完全版単身赴任親父と同じじゃん!
たくさんの友人とワイワイが大好きな彼にしてはかなり弱気モード。
これでは、観光案内は頼めそうにないね。
 わたしの行きたいところなら、どこでもご一緒しますということで、古い建築物を見て廻り、夜はかねてからの希望どおり天満天神繁昌寄席へ。

a0254243_15533894.jpg


 息子とは、小さいころの一時帰国のたびに、子ども寄席や、子どものための狂言や能へ出かけていたのだ。
クレヨンハウスで観た子ども寄席は衝撃的だったよ!と今でも覚えているらしい。
ふたりで、「上方落語」で、異文化体験。大阪弁がわからず、その上、噺が早くて日本語なのに8割しか聞き取れず。

 おりしも毎月25日は商売繁盛、天神様の寄席は特別講演とあって、今回のテーマは「経済」。
商売のメッカで商いについての落語を4席、県談では、NHKのEテレ、オイコノミアの大竹文雄先生が、落語と経済学のお話をしてくだったので、商いの街大阪をちょっと斜めに拝見した感じでした。

 「おかあさん、現地の文化理解なんて赴任先でまったく考えていなかったんだけど、寄席に来て初めて暮らす街の文化を深く知ってみたいと思ったよ。」という息子。

 おい、おい!
長いこと色々な国の異文化体験をさせてきたつもりだったけど、ひとりで暮らし始めてからは、息子は何をしていたんだろうか?
自分から進んで与えられた環境や、状況へ適応し、自ら世界を広げ、その文化を理解していこうと言う姿勢なくして、仕事も暮らしも成り立ちはしないだろう。

 「関西はつまらない!」とつぶやいていた息子が、
「もうちょっと、いろいろ自分から進んで体験してみるわ。」って笑顔をみせてくれて…。
そうそう、どこにいても自分なりに、その土地での愉しみは探せるぞ!と言ってみる。

駐在先でも、親や家族が訪ねてこないことには、歴史も文化にもかかわらず、ゴルフとジムとに明け暮れるビジネスマンをたくさん見てきた。これはとても残念でたまらない。

 息子よ!新任地での仕事はとても厳しいだろうが、どうぞどこでも人生を愉しんでいける人を目指して欲しいよと母は、かげながら思うのだ。

次回の関西旅、一緒にどこに行くか、あれこれ画策中の母なのです。
まだまだしばらくは、エスコートしてもらわなくては!






毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-26 16:02 | 一時帰国@japon

母の思い(2) 立つ鳥跡を濁さず

 小さな命を初めて胸にかき抱いたとき、
このかけがえのない人を私は全力で守っていくという決心と、
いつか、ひとりで生きていける大人に育てあげられるのだろうかという重責で、胸がつぶれそうになった日のことを思い出しています。

 愛情を傾け可愛がるのはもちろんのこと、動物の親が子に餌のとり方や、巣の作り方を教え、一人前に育てる様子を見るたびに、親に与えられた使命は、子を巣立たせることなのだと、折に触れこの重責に身震いしたりもしました。

a0254243_15124450.jpg

 あまりに厳しく言い過ぎたのか、娘が発った部屋には、ベッドがぽつんと残されただけ。
 朝脱いだパジャマさえも、スーツケースに収め、彼女のものは何一つ部屋に残っていません。
使いのこしの化粧品は処分してね。
携帯電話の契約解除の委任状入れたから、来週手続きお願いします。と言い添えて。

 「今度この家に戻るときは、この家には私は客人として泊まるんだわ、わたし。そのときはお母さんのパジャマを貸してね」と。

a0254243_15131466.jpg

 
 空港のお見送りから戻ったら親友が、「どうしてる?がっくりして、寂しく泣いてない?」と心配して電話をくれた。もう長いこと、娘と離れて暮らしているので特に今回の別れは寂しくはない。
ベタベタ母娘でもなかったので、成人後は、ひとりの大人の女性として互いに尊重しあってきたつもり。

 出発に感傷的にはならないのだけど、今までの子育ての重責を肩から下ろした安堵で帰宅後は電気もつけずにひとり部屋でしばらく呆然としていました。
これからも遠くあれこれ気をもみ、心配しても仕方ないのに、きっとそうしていくのが親業なのでしょう。

 素敵な伴侶にめぐり合って、人生を数倍、豊かに送れるようにと願っている母なのです。
 
毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-24 14:39 | 一時帰国@japon

新刊本 「アルテサニアがかわいい メキシコ・オアハカへ」

 先のオアハカ旅の工房めぐり(過去ログはこちら→★)でお世話になった「さる屋」さんの櫻井陽子さんの新刊本「アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ (旅のヒントBOOK)」が届きました!

a0254243_9454410.jpg

 すごい!
このガイドブックもってオアハカに1週間くらい滞在したくなっちゃう!!
「こんなに全部教えちゃっていいんですか?」ってほど、総力あげたメキシコのアルテサニア(民芸品)のガイドブックです。
 櫻井さんが、丁寧に取材されたメキシコ刺繍や、染織ページは圧巻です。
美味しいグルメガイドや、可愛いホテルの紹介もあって、これはついに可愛いメキシコブームがやってくるに違いない。その火付け役になってしまいそうな一冊です。

 きのうSHIPS吉祥寺店へ行ったら、オアハカのメルカドバック(クニャクニャでなくて、しっかり編んであるほう)のブルーの無地かごや、キッチュなピンク×ホワイトの幾何学模様のかごバックが、サマー用というか、ビーチやレジャーバックとして売られておりました。
やっぱりセレクトショップに置かれちゃうと、めちゃお高いわ!(7,800円位した気がします) 
だからオアハカでは、ベニートフアレス市場は絶対にはずせないわねぇ~。
a0254243_9461045.jpg


 本の中には、このかごたちのご紹介もあるし、大好きなブリキもあるし、今までどのメキシコ本にもなかったメキシコ Bonitaが集結で、くらくらしておりますよ。

 あぁ~、早くこの本を持ってメキシコに戻りたい!
スマホから投稿すると、写真が小さくなったったわ。



毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-23 09:49 | 読んだ本

いい道具たちと吉祥寺の北欧通り

 前から読みたかった外村吉之介の「少年民藝館」を読んでいます。
しばらく絶版だったのが、昨年復刻版がでて、あちこちの書評で取り上げられて気になっていた一冊。
日本の民藝だけでなくて、メキシコのものもたくさん取り上げられていてびっくり。
私がオアハカで買って、帯止めにしようとしていた紐が取り上げられていたりしてね。

 日本に帰国したら、すっかり和の民藝ものが気になって、毎日の買い物のついでに吉祥寺のアンティークショップや、雑貨店めぐりを楽しんでいます。
ただいま吉祥寺は、駅ビルが新オープンして、毎日が大混雑。

 サンロードや、大正通り、中道通りまでもが平日なのに、すごい人出になっています。
気になっていたMisto、MARKUS、サンク、pukpukuなどを見て廻っては、久々の日本の雑貨を愉しんでます。うちの前から吉祥寺東急デパートまでの大正通り、最近は別名「吉祥寺の北欧通り」と呼ばれているらしくて、たしかに北欧雑貨店や、ブティックみたいなパン屋のダンディゾン、北欧レストランのアルトゴットなんかもあるのだった。毎日歩く買いもの道が、地元っ子の知らないうちにこんなに有名になっていたなんてねぇ。

 毎日の生活用品のお買い物に支障が出るので、もっぱら朝の三浦屋で買い物を済ませてます。
地元っ子は、いつもの吉祥寺が大混雑過ぎて困ってます。

 新しい雑貨店めぐりは嬉しいけど、世代交代でなくなる店もまた多くて、それもちょっと残念。
エプロンはこの店、スリッパならあそこ、刃物とぎはあのおじさんに、味噌ならここにと決めていた店が3年の間になくなってしまっていました。

 さて、我が家のキッチン。
たくさんの留学生たちがやってきては、ショートホームステイをしていたようです。
大の料理好きのMさんのキッチンツールが置かれていました。学生寮のキッチンにはオーブンがないからと、我が家でパン焼きやら、オーブン料理をしていたらしい。
a0254243_18121612.jpg

もう家を閉めるから引き取ってねと連絡しましたが、この道具たち、長年とてもよく使い込まれています。
 大量生産、大量消費の国の出身の人だけど、こういうこだわりの料理ツールを拝見するのはなかなか楽しい。
パン用のスケッパーは木製、発酵温度をみる温度計は華氏表示。使いこんだ厚手のミルクパンでは、ママレードを作ったらしく帰国したママさん用にと、冷蔵庫に3瓶ほど保存されていました。
コーンミールで焼いた素朴なコーンパンとママレードはとても美味しかったです。

 メキシコに移ってからというもの娘はバスタオルを新調しなかったらしく、なんとまぁ、すごくゴワゴワ。
a0254243_18322115.jpg

せっせと始末しながら、雑巾を縫いました。訪問客に配ったり、近所の協会のバザーに出してもらうことに。

いい道具はいつまでも大事に使い、そしてちゃんとモノの始末をつけるという暮らし。
欲しい雑貨や、キッチンツール、食器の誘惑は大きいのだけど、まずは手持ちの始末からですね。




毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-15 18:14 | 一時帰国@japon

母の思い(1) 娘に持たせたいもの

 東京に一時帰国中です。
留守宅に一人暮らしをしていた長女が来週転勤となって、空き家になる留守宅を締めに戻っています。

 送別会で帰宅が遅く、週末にようやく余剰品を断捨離をする娘のうしろでゴミ袋をまとめながら、いろいろな思いが交錯している私です。
 娘は、インド駐在中に、高校入学のために親元を離れてひとり東京の学生寮で暮らしたり、大学時代はインドやマレーシアに長期インターンシップにいったり、アメリカにも1年留学していたので、親元を離れるのは初めてではありません。
 ましてもう5年も社会人としてひとりの暮らしを切り盛りしてきたので、なんら心配はしていないけど、いよいよこれで、もう親元に戻ってくることはなくなるのでしょうとおもうと、ちょっと寂しい。

 昭和の時代に嫁いだ私は、親の元から夫の下へ。
女性がまだひとりで生きていける時代ではなかったから、親元を巣立つときは、それなりに親はあれこれ準備してくれたのですが、今の時代は、どうなんでしょうね?

 家具や衣類は彼女の持つものをそのままに、私は親として特に準備してやることもないかなと思いつつも、心豊かな人生を送ってもらえるようにと、長く使うものはいいものを持たせたいなぁと、私の持ち物中から生活道具を選んでは、「持って行く?」と聞きながら、船便や、航空便のダンボールに仕分けしています。

 カタン糸は40番、木綿の針と、交換用のゴムひも、付け替え用のボタンのスペアを整え、彼女のお気に入りのセルロイドの裁縫箱に詰めました。クロワッサンの店で購入したものです。
a0254243_130893.jpg

セルロイド製 ソーイングケース(裁縫箱) 金魚

 一度買ったら、壊れることのないものは慎重に選んでおこうと、柳 宗理 ステンレス ケトル つや消し 311130

 カトラリーは、ヘンケルも柳宋里も彼女は嫌だというので、コンランショップで自分で選ばせました。イタリー製のMepraです。こうして一緒に買い物をするのも、だんだん少なくなってきたなぁ。
セットの中から当座使いの2本はアナカンで、残りは船便とパッキングを分けています。
a0254243_1304023.jpg


 和服は、訪問着と、カジュアル用に袷の紬。
浴衣はイベントくらいしか着ないわねといいながら、娘時代の大柄のアジサイの浴衣はさすがに子どもっぽいよねと、小さな柄行の浴衣に、博多の変わり献上の半幅を持たせます。
a0254243_13133251.jpg

(浴衣の柄は小さくなるほど大人っぽくて品よく見えるからね)

 あとは、私のキッチン用品から、有次の寸胴鍋、行平鍋、フライパンと中華なべ、すり鉢(!)を持っていくのだとか。お重箱、懐石盆、剣山に花バサミも私のお古でいいそうです。

 私がこだわって選んだ生活道具を、娘も同じように好きになってくれたのは、ちょっと嬉しい。
寝具や食器も私が選んだものの中から好きなものを持たせることにしました。

 新しい門出に寂しいほどに、準備してやれることは、この程度。
船便用にニットの洗濯をたくさんして、クリーニングに出して、これもパッキング。

 親のしてあげることって、もうほとんどないんだなって思うと、これもとても寂しいのね。
母の日に、母のこんな思いに心揺れながら、荷物をダンボールに詰めています。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-11 13:13 | 一時帰国@japon

メキシコ赴任のための10冊

 メキシコ生活が長くなったら、周りの人から、「メキシコのどんな本がお薦めですか?」と聞かれることがしばしばです。旅行代理店の情報誌「Tabitabi」さんに、1年ほど「メキシコ読書案内」というコラムを連載させていただきました。(詳しく知りたい方はバックナンバーを見てね!)

 メキシコのことをスペイン語で読めたらいいけど、やっぱり日本語で書かれた本を読んでメキシコを知ることになる。メキシコ関連の日本語書籍260冊が墨西哥文庫にはあるけど、その中から、メキシコ赴任の際にはぜひ買ってきた方がいいものをごく個人的な視点で選んでみました。
意欲的にメキシコ赴任する人ばかりではないのが辛いところ。難しそうなDeepなものは省きました。詳しいメキシコ本にご興味があれば赴任後にメキシコ文庫で借りて下さいね。

 多くのメキシコ駐在員が、「地球の歩きかた ~メキシコ~」しか知らず、赴任前にメキシコ情報を探すのにご苦労されているみたいだし。準備した本が「地球の歩き方」と、「るるぶ」だけという残念な人にならないために。

 メキシコ入りしてから、ここでの暮らしを楽しむために「あぁ、買ってくれば良かった!」という人がとても多いのよね!Amazonに「メキシコ」ってキーワードを入れたくらいじゃ検索できないお役立ち本をご紹介します。
日本からの取り寄せの場合、メキシコまでの送料は、5冊ほどで3,000~5,000円ほど。早めに準備して船便に入れておきたい本です。

1)絶対買ってくるべしスペイン語が出来ないあなたのために
電子辞書を用意して、ちょこっとスペイン語の文法の本やドリル、問題集は買うとしても、絶対必携は

 この本はシリーズになっていて「スペイン」を選ぶと、メキシコで通じないスペイン語の会話本になってしまいます。かならず「メキシコ」を選択してくださいね。

不安な人は、もう一冊。


有名なマンガ家玖保 キリコさんの会話本。イラスト可愛いから苦行のスペイン語レッスンも癒されます。

2)メキシコでレストランの注文に困らないために


タコスだけがメキシコ料理じゃありません。ご接待でメキシコ料理のうんちくを披露するネタ帳にもなります。
タコスとサルサ専門の別シリーズもございます。


3)メキシコシティ観光のお伴にぜひ
着任したら半年以内行かないと、市内観光ってほとんどしなくなります。
ご帰国前に「まだ行ってないよ」って、駆け足で回ると、「あぁ、どうして…早くいっておけばメキシコ生活がもっと楽しめたのに…。」ってならないための手引書。読んでから行きましょうね!


ルイスバラカンって誰?って言わないために。


フリーダ・カーロの青い家に行って、良くわからなかったって言わないために。


堀口大學は、メキシコで青春時代を送ったんです。メキシコシティの通りの名前、この国の近代化の歴史をちょっとかいつまんで入門しておくのには便利な小説です。(赴任やメキシコ出張の飛行機の中で読んできたらいいと思う一冊。)



4)休暇のためのメキシコ旅行旅の手引書

まだ売っているといいけどなぁ~。バックナンバーを中古でどうぞ。
サンミゲルアジェンテ、オアハカなどのボニータ・メキシコ特集。


とりあえず、オアハカ行く前には必読の2冊(↓)です。



5)マヤの遺跡なんて興味がありません!という人も必読の2冊。
マヤ・アステカについて書かれた本はたくさんあれど、どれも辛抱強く読まなければならない大学の考古学の先生たちのご本ばかり…。この本を貸した人は、「とっつきやすくて、解りやすい。わたしも買っちゃいました!」というほどに、メキシコでは手元に置きたくなる本です。マンガだからねぇ~。子どもから大人まで楽しめます!


こちらは、国立人類学博物館ガイドも充実です。


 紹介しているうちに、どんどんたくさんになってしまって10冊越え。
直接Amazonに行けるようにしてありますんで、お役にたてば幸いです。

後は、テキストリンクだけ貼っておきますが、個人的にメキシコ関連本で面白かった本たちです。
うさぎのみみはなぜながい―メキシコ民話 (日本傑作絵本シリーズ)(絵本)
赤い薔薇ソースの伝説
メキシコ デザインホテルの旅 (地球の歩き方―GEM STONE)
メキシコの夢ホテル―ベストセレクション
天皇(エンペラドール)の密使 (文春文庫)(日本人コックとパンチョビラのお話)
侍 (新潮文庫)(遠藤周作が市倉常長を題材に書いた小説)
オアハカ日誌(ナショナル・ジオグラフィック版 オリバーサックス)
ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなし(絵本)
メキシコのかわいいデザインたち―陽気な風土が作り出すポップな日用品
コーラを聖なる水に変えた人々―メキシコ・インディオの証言 (インディアス群書 2)
メキシコのわが家へようこそ
メキシコからの手紙―インディヘナのなかで考えたこと (岩波新書)
メキシコの輝き―コヨアカンに暮らして (岩波新書)

ついでにメキシコ映画のお薦めDVD


ご参考になれば幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-03 02:18 | メキシコを読む

心ここにあらずの柏餅

 今年も買い置いた「柏の葉っぱ」で柏餅を作りました。
a0254243_5375792.jpg


 メキシコで買った上新粉にちょっと白玉粉(どちらもタイ産)を混ぜて蒸し器で30分蒸して、良くついて、捏ねて…。
今年も小さなお友だちに、召し上がっていただきました。

 今年、長女は28歳、長男は25歳になり、今は親元を離れて自立して暮らしています。
親業はとうに卒業したもつりですが、古いアルバムをめくって小さかったころの子どもたちに思いを馳せています。

 久しぶりに娘からあれこれ手伝いを頼まれて、遠くメキシコから子どもたちのことに、気を揉んだら、心ここにあらず。
なんだか夫との会話もぎくしゃくしてしまうし、心配しても仕方ない事にあれやこれや。
いつになってもやっぱり親だったんだわね、わたし…。

 実家に彼らの残した物はとても少なく、自宅を出て一人暮らしをはじめた息子の物は、すでに全部引き取られてしまっています。手元にあるのは、彼の小さな時のアルバムだけ。理想的な巣立ちでした。
こいのぼりや、兜を飾って祝った子育て時代って、実に短かったなぁと振り返っています。

 あれこれ、遠くの娘のいらない心配をしていたら、どうも今年の柏餅は上手くできません。
a0254243_5453082.jpg


 子育て中のアルバムは、セレクトした写真のイヤーブックだけをメキシコにも持参しています。
いわば子育て写真のダイジェスト版。たくさんの写真は、整理して東京の家にありますが、育った子どもが持ちだしたのも、私がいつも観るのもこのダイジェスト版アルバムです。
a0254243_23345057.jpg
 朝日新聞のご取材を受けて、お片づけコーチングStudio HAGAのスタッフ飯島亜紀さんが、写真整理のコツをお話しさせていただきました。本日の生活欄に掲載されていますので、ぜひご覧になってみくださいね。

 飯島亜紀講師による写真整理の講座が吉祥寺第一ホテルワミューズにて開催されます
プリントした写真、データのままの写真、いつか整理と思っているあなた!
いつかは今しかありません。重い腰をあげて写真整理をしたい方向けの新企画です。

セミナースケジュールと会場案内、詳細は、こちらから→★
お申し込みはこちらから承っています。こちら→★

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。


励みになりますんで、ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-02 05:46 | メキシコの美味しい

お誕生日のロマンチックレストラン

 お誕生日でした。
インターネットのSNSやメールでたくさんのお祝いメッセージをいただき、大感激。
300件以上のお祝いメッセージにお礼の返信が追い付かず、メッセージやメールが潜ってしまった皆さん、ごめんなさい。
たぶん人生で一番たくさんの人たちからお祝いをいただいた誕生日になりました。
 おかげでさまで、たくさんの友人に恵まれて、わたしは孤独な老後にはならない気がします。(笑)

 メキシコで出会った素敵な友人は数知れず…。
大親友が、素晴らしいロマンチックなレストランで誕生日を祝ってくれました。
a0254243_1162124.jpg


 彼女と共通の趣味はアンティーク!
a0254243_1172835.jpg

メキシコのコロニアル・アンティークを一緒に観て歩いたり、ディープなメキシコへの関心ごとを教えていただいたりする友人でもあります。
聡明で、美人で、趣味のいい親友が、「メキシコで一番のお気に入りのレストランなのよ」と連れて行って下さったのは、El Candelero。

a0254243_1182497.jpg


a0254243_11101040.jpg


 メキシコにはアシェンダ・レストランと言われる、コロニアルスタイルの荘園をリメイクしたレストランがたくさんあります。San Angel innとか、La Hacienda de Los Moralesとかね!

 コロニアル時代の内装がすごくってね!床のタイル、お皿のコレクション、ガーデンテラス、素晴らしいバーニョ(トイレ)などに、びっくりたまげちゃいましたよ。
一番いいお席、大噴水のあるテーブルについて…。
昼食(メキシコのお昼はメインの食事で14時頃から)には早い時間だったので、一番乗り。お好きなだけ写真をどうぞと言われて、もう舞いあがってしまったほどです。

 お食事がはじまったら、噴水には、それはたくさんの薔薇の花びらがに浮かべられて。
コロニアル気分は最高潮なり。タイムスリップしたみたいな感じです。
a0254243_1112785.jpg

毎日お花は入れ替わるそうで、今日は真っ赤なバラに、真っ白なクチナシで、クチナシの香りが素晴らしいの。日本も、もうじきクチナシが咲くわね、大好きなお花です。

 お食事メニューは、親友にお任せして選んでいただきました!
アペタイザーは、頼まなくても出てくる海老の冷製スープにフリホーレス(黒豆)のミニパイ。
なんて美味しいのでしょう!
a0254243_11193516.jpg


a0254243_11202723.jpg


 3種のレタスのサラダ、アマランサス&ハニーパイナップルドレッシング。Ensalada Barbero
a0254243_11244857.jpg


 ウィトラコテェ(とうもろこしに寄生する黒いキノコ)のクレープ。Las Crepitas de Cuitlacoche
a0254243_11214515.jpg


 そしてこの店のお薦め、牛タンのベラクルス・ソース。La lengua de Res a la Veracruzana
(あれまぁ、ピントがサイドディッシュのご飯にあってしまったわ)
a0254243_11233078.jpg


ベラクルスは、メキシコ湾岸の貿易港。
オリーブやジャガイモ、大きな透明感のある黄緑のチレが入ったソースですが、これが、もう絶品の美味しさ。ソースだけをおかわりしたくなったほどです。もちろんトロトロの牛タンもほっぺが落ちそう。

 デザートもたくさんあるのだけど、これもイチオシといわれるグアバのフラン。Jericaya de Guayaba。
a0254243_11264063.jpg

きゃー!っていうほどの美味しさで、お腹一杯で完食できなかったのが、返す返す惜しい。

 メキシコ料理を食べに行って困るのは、メニュー。
たとえスぺイン語が読めても、それがどんな料理なのかが解らないよね。
どの店の何が美味しいのかが、いつになっても解らない。
でもこうやって、メキシコ料理に詳しい人が選んでくれるメニューには、毎回はずれがないのも嬉しいよねぇ。
今日のお料理はどれも辛い料理はありません。

 トリオが登場で、大好きなラテンの名曲「El Rejoj 時計を止めて」をリクエストしました。
(マリアッチや、生バンドに好きな曲を頼めるくらいメキシコ通になってきたのがちょっと嬉しいね)
素敵なお誕生日。
最高のプレゼントに大感激でした。

 そして、これまた素敵なたくさんの薔薇の花のプレゼントも他のお友だちから。
a0254243_11275178.jpg

 たくさんの友人に、幸せなお誕生日を祝っていただき感謝です。
半世紀をとうに過ぎ、でも私なりにいい感じで歳を重ねてきたかなと思います。
好奇心を忘れず、どんな環境でも自分の楽しみを探し、たくさんの人と交わることを心がけて、豊かな人生の後半を送りたいなと思います。
 持つべきものは「友」、そう思えた誕生日となりました。

今日の、El Candeleroを、デサジュノが有名なEl Cardenalと勘違いしていました。
 素晴らしい好みの内装と、絶品のメキシコ料理。バレンタインディーや、クリスマス、死者の日のデコレーションも素晴らしいのだとか…。
 ちょっと前は、アシェンダ内の古井戸に落ちた少女の幽霊伝説をウエイターさんが語るというパフォーマンスもあったらしいけど、今はあまりに噂になりすぎて鎮魂封印なんだとか。とにかく古いお屋敷なのでした。
お気に入りのお店になりました。
ぜひ今度は、ディナーで行きたいですが、メキシコはディナーよりも今日のように昼食の方がゴージャスなんですけどね!日本からのお客様のご接待用にも、美味しいメキシコ料理にご開眼いただけますよぉ。

El Candelero
http://www.elcandelero.com.mx/
Avenida de Los Insurgentes Sur # 1333
Ciudad de México,

Tel. (55)5598-0055,(55) 5598-9008

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。


励みになりますんで、ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-01 00:02 | メキシコの美味しい


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧