タグ:手芸 ( 18 ) タグの人気記事

ハンドメイド Vol.18 4センチのマカロンポーチ kawaii

 ブログを読んでくださったお知り合いが、日本でよくマカロンポーチを作っていらして、材料の余分があるからどうぞ!とお届けくださいました。

 私は、いつも直径3.5センチに、10センチファスナーでつくっていましたが、
直径4センチに12センチのファスナーをいただいたので、ちょっと厚めの布でも大丈夫。

a0254243_7541556.jpg


 新しく仕入れたチアパスの織り模様で、4センチマカロンポーチです。
a0254243_7545565.jpg

 こちらは、モカクリーム、チョコクリーム、いちごジャム入りマカロンの贈答用。
バニラ(白いファスナー)は、ただいま品切れ中。
はみだしクリーム(オレンジ)と、入れ込みクリームは、作り方がちょっと違うのだ。

 半日で4つ制作がいいところかなぁ~。

夫が出張中につき、終日好きな事をして過ごせばいいのに、ここ数日ヒッキーです。
ソカロの美術館や博物館へひとりで出かけたいけど、ひとりでタクシーで動いて不測の事態があってはと、なかなか出張中に、ひとりで外出する気になれないのだ。
 近くへの買い物へ行く時も、ダイニングテーブルに、行き先と、出かける時間を書いておくようにしている今日この頃。
 万が一、外出先で何かがあっても、私の日常の動向については誰も知らないから探しようもないだろう。

いつもは、朝ご飯を食べながら、今日の予定を夫に伝えるようにしている。
それも緊急連絡が取れないと困るからなのだけどね。
日本にいたら、絶対考えないこんなことを、なぜか一人になると考えちゃうのだ。
 せいぜい、SNSで日々の動向をアップしておかないと…なんて思うのもメキシコだからかなぁ~。

 いっそ無人島のほうがまだあれこれ気にしなくてもいいかもしれないわね。
とりあえず、食料も水もあるから、ヒッキーしながらチクチク仕事を楽しみます。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-05-30 00:40 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.17 シェルポーチ カラーバリエーション

 メキシコの織り物や刺繍の布でハンドメイドをはじめた最初のころに作ったシェルポーチ
 10センチ角のコースターがたくさん手元に届いたので、張り切ってたんまり作りました。

 友人・知人が、こんなものを面白がってくださり!
どんどんも貰っていただいています。
面白がって使ってくだされば幸いです。
a0254243_281989.jpg


 ファスナーは、日本製(金色)と、メキシコ製(いぶし銀)。
チャームは、メキシコで買っていろいろ楽しんでつけています。
a0254243_23241.jpg


 シェルポーチもそろそろ飽きたので、こんどは形の違うのを作ろうと、思います。
テレビを見ながらの、ながら手芸。上等なKilling Time。
 最近NHK海外プレミアムの番組にすごく詳しい私よ。
 “あまちゃん”が、面白くていいね!

シェルポーチのレシピも制作したので、こちらからどうぞ!
 * シェルポーチの作りかた(PDF)

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-04-17 02:11 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.16 マカロンポーチ チョコクリーム贈答用  kawaii

ハンドメイド作品でお友達の反響と「欲しいよぉ~、私にも作ってぇ~」とリクエストが一番多いのが、マカロンポーチ。(過去の作品はこちら→★

作るそばから、誰かにもらわれていくので、手元にあまり残らないの。
だから、このところ大量制作中です。

a0254243_0113321.jpg


 バニラクリーム(ファスナーの色)に加えて、チョコクリームでも作って!というご要望をいただいて、
チョコならぬ、モカクリーム色のファスナーで作ってみました。
チョコ色だとちょっとコントラストがつきすぎちゃってね。

 贈答用マカロンポーチになんかも、いいかなぁ~なんて、
こんなメキシコのバスケット箱入りセットもご用意しました。

 マカロンポーチの作り方をみるとプラスティックのくるみボタン(布を張りこんだボタン)で制作するのですが、
当初はこれが見つからなくて、プラスティックの直径3.5㎝の平たいボタンで作っていました。

a0254243_0135419.jpg

先日ポランコのボタン専門店にて、よーやく、くるみボタンのパーツをゲット出来たので、
今後はこれで、さらにぷっくり膨らみのあるマカロンポーチ作りに励もうと思います。

a0254243_0143439.jpg

 めちゃくちゃ、キッチュなボタンやさん!

 何でもあちこちを、探してみるものね?
なるべく日本から取り寄せることなく、日常の生活を送りたいと思うので、
探す手間を惜しまずに、メキシコでのハンディクラフトを楽しみたいと思います。

ボタン専門店
LA CASA DE LOS BOTONES
Julio Verne 95 Polanco
月ー土 11:30-19:30
日曜休み
Tel:5281-3126

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-04-10 00:14 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.15 ツンまるポーチ トルティージャナプキン  kawaii

 先日のブログでご紹介したトルティージャ・ナプキンのServilletasで、ツンツンとフリンジを残してまん丸底のポーチを作ってみました。
 布の特性のフリンジを残してデザインしてみる。

a0254243_939367.jpg


 ポーチの用途は、旅行で使うランジェリーバックか、携帯電話やデジカメの充電用ケーブルの収納なんかにどうかしら?

 デザインは、トルティージャのイメージを残したくて、まん丸に仕上げたかったの。
巾着袋として紐を絞ったあとに、底が丸くなるように製図を何度も作りなおして、納得の寸法にするまで試行錯誤。

こちらは、ツンツンのフリンジはなくして、まん丸仕立て。
a0254243_942354.jpg

 丸いから、2つに畳んだブラとか、ビキニとか入れてもいいかなぁと思う。
ツンツンありと、なし。どっちが好きですか?

 当初から、もくろんでいたとおり、荒くなった織り目に直接、紐を通しました。
紐用の両脇の始末が要りませんから、がーっとミシンで一気縫い。
 裏をつけても、ひとつ15分で完成。
出来上がり寸法 縦×横24㎝ フリンジ付き 縦28㎝×横24㎝

a0254243_9434283.jpg


 あぁ~、ミシンでカタカタがとまりませーん。
好きな事だけして暮らせるのは、し・あ・わ・せ!だわ。
そろそろ、今年の目標の通信教育の教材と、あたらしいプロジェクトの企画書作成に取り掛かろうとおもうけど、3月はこれで終わりそうだなぁ~。今月は、珍しくほとんど本も読まなかったなぁ・・・。

 夫が、「今日もチクチク、カタカタですか?好きな事して暮らしていて、いいっすねぇ~」と、
趣味に没頭する妻に、冷ややかに言い捨てて出社する。
・・・んっじゃ、いったい何をやっていたら、いいんだ?
 趣味だって、十分に生産性のある活動と思うんですけどね。

【材料】
トルティージャ・ナプキン (メルカド 常設市場)
裏布 (Junco)
紐、ビーズ (Fantasias Migel)

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-03-28 00:16 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.14 バブーシュタイプのルームシューズ メキシコ州

 ちょっと手の込んだ物にも挑戦してみたくて、
バブーシュ(Babouche)タイプのルームシューズを作ってみました。

 モロッコの人たちって、
こんなに難しい剥ぎ合わせを皮で作っているのね
という制作の過程を実感してみたくなったわけ。
バブーシュ。
ユニークなぽってりしたフォルムと、いかにもおうち履きというゆるさが好きです。

a0254243_7155172.jpg


布地は、メキシコ州のSan miguel ameyalco周辺の織り物です。
織物は、ランチョンマットで買い求めましたが、左右両端で切り落としたら、
ちょうどいい具合に、ヒヨコが向かい合わせの柄合わせになりました。

 つま先にもうちょっと余白が欲しかったんですが、ランチョンマットの端ギリギリでしか布が断てなくて、なんだか模様の位置のバランスが悪いなぁ~。

a0254243_7165249.jpg


裏表を重ねて、袋状で始末するので、最初に表布にキルト芯を出来上がり寸法から2ミリ内側に捨てミシンをかけてから…。
ランチョンマットの布地が荒いので端ミシンをはじいてしまって悪戦苦闘。

a0254243_7173281.jpg


 つま先の丸みを出すためのぐし縫いは、8.6㎝(0.1㎝まで細かい)に縫い縮めて印合わせ。
表に、ひっくり返すためには、三角のぎりぎり切り込みもあちこちに入れたりして、技(わざ)の難易度高すぎるぅ。

カーブと、数ミリ単位の端ミシンの連続でしたが、しつけをしっかりかけたので、
どうやら狂わず縫い合わせができました。

 もっと横幅ありのぽってり、丸くてもいいかなぁと思います。型紙の改良の余地ありです。
でも、当分、こんな複雑で、緻密な剥ぎ合わせ作業はやめておこう。
脳みそ絞り切って、何度か折れそうになりましたぁ(苦笑)

手芸の本や、お料理の本はもういらない時代だわねぇ。
作りたい物が、ほんとに海外に居ても、WEB検索ですぐに見つかりますね。

今回は、こちら→Studio Clipさんの「手作り雑貨の作り方 バブーシュタイプのルームシューズ」のサイトを
参考にさせていただきました。無料で型紙も、作り方もダウンロードできて嬉しいねぇ。
次回は、もうちょっと薄手の布地で、ぽってり作りたいと思います。
でも、とうぶん、バブシュー制作はやらないと思うけどぉ…。

制作時間 4時間
出来上がり寸法 女性用Mサイズ(24㎝)幅14㎝

【材料】
メキシコ州の刺繍 ランチョンマット 1枚
裏布、キルト芯(Bayon)


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-03-27 00:18 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.13 エプロン ゲレロ州のウイピル刺繍 

 先日のテポストランの、民芸市場で買い求めた安~いゲレロ刺繍の*Huipil(ウイピル)。
未晒しシーチングにヘタウマなピンク・グラデーションの小さな刺繍。
 インディヘナさんも、これほどお粗末なウイピルは、実際お召しにならないであろうというほどに、
The 観光土産用ハンディクラフトとして制作されたことがミエミエなウイピルです。
 買い求める時点で、エプロンにしようと決めて柄選びをしました。

 本当は、ゲレロのクロス・ステッチのウイピルで作りたいのだけど、あまりに高い!
とても日常使いのエプロンには、もったいなさすぎて・・・こちらを選択です。

モデルが、いまひとつ(わたしよっ!)ですが、こんな感じに出来上がりました。
お若い人用なら、あと10㎝着丈が短くてもよろしいかなぁ~

a0254243_325949.jpg


 連載中のどうする40のエッセイ「YUKKEの今日もラテンステップで Vol.12」にも書かせていただきましたが、メキシコのエプロンは日本とちょっと違う。
最初モンテレイにいたときに、必死で探したけど、サロンエプロンは見つからず。
メキシコシティでも、サロンエプロンはフランス人の奥さんが作っている骸骨柄のエプロンくらいしかみあたらない。(理由の詳しくはこちら→★で)

a0254243_13132930.jpg


 Huipilっていいうものを最初に見た時から、
前身ごろの部分を胸あてにして、エプロンを作りたいと思っていたのだ。
直線裁断だから、ちょうどいい布の大きさ。
でも、今回はあまりにお安かったので、脇縫いがあまりに甘いのだよ。
結局、脇縫いの部分は、全部ほどいて、袋縫いで剥ぎ直してます。
a0254243_344091.jpg


 Huipilは基本、後ろ身頃も同じ模様なので、後ろの胸の刺繍部分でポケットを、
残りの後ろ身頃で紐を作って、無駄なく全部を利用しました。
こういうリメイクが大好きなのよぉ~。

 なんたって、メキシコらしい織りや刺繍の布は、
“衣類”になって売られていて、材料の布だけを買い求められない。
もちろん手芸店や布地屋さんには、メーター売りの布(伝統工芸品じゃないもの)がありますが、
それじゃ、骸骨柄エプロンと同じだもんね。
(あのフランス人マダムが売っている骸骨柄の小物は、後日、日本製プリント布だと聞いてがっくりだったわさぁ~)

a0254243_13135571.jpg


 未晒しシーチングなので、ナチュラルな感じにしたくて、
Dカン金具やボタンはつけないで、紐だけで仕上げてみました。
カーブの仕上げ用には、別布のシーチングでバイヤステープを足しています。

 連なるヘタウマ小鳥や、お魚、亀がいい感じ。
ほかのHupilでも、エプロンじゃんじゃん作りたくなっちゃいました。

制作時間 2時間
出来上がり寸法 着丈90㎝ 幅86㎝ (Mサイズ)

【材料】
ヘタウマ刺繍のHuipil  Guerrrero州 

*Hupil ウイピル
中南米の先住民族の伝統衣装で、平面裁断の貫頭衣。身幅30センチを3枚つなげて、頭が出る部分だけを丸く穴をあけて着用する。前身ごろ、後ろ身ごろが同じ文様の地方もあれば、前身ごろだけに文様があるものもある。日本でも縄文時代はこの貫頭衣を着用し、次第に着物に進化した。

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-03-24 00:32 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.12 オトミ刺繍のお弁当袋 (幼稚園用) kawaii

 オトミ族(Hidalgo州 Tenango de Doria)の刺繍の布には、12㎝四方の“練習パターン”のような作品を良くみかけます。
想像をするに、小さなインディヘナの子どもの練習刺繍のように見受けられ、動物のモチーフがとても多いの。

小さな子どもらしい刺繍を、幼稚園用のお弁当袋に仕立ててみました。
a0254243_8481116.jpg


a0254243_0435462.jpg ロバ、トカゲ、魚、鶏、蝶、ハチドリ・・・メキシコの農村にいる身近な動物たちで、パンダや、キリン、象はいませんね。

 この練習用なのか、コースター用なのかに作られた小布。
手に取る30枚の中に、1枚か、2枚くらい、いいなぁ~と思うものがあって、ティアンギスや市場で、立ち止まってはインディヘナさんたちから、気にいったものだけを買い求めています。
だいたい1枚が、20~30ペソ(140~210円くらい)

裏布と、表布の口の部分を最初に縫って、両脇を返しぐちを残して一度に縫って裏返してから、紐ととおしのステッチをかけています。リバーシブルにもなっていて丈夫です。
a0254243_852387.jpg


 年少さんは、今もこういう巾着絞りのお弁当箱なんでしょうね?
年長さんになったらボタンやスナップの練習で、あずま袋の仕立てになるのかしら?

 今回は、ぜんぶ巾着で、サイズだけちょっと変えてみました。
おしゃまでお歌が上手なOちゃんには、ハチドリの模様のピンクを
a0254243_8535432.jpg


甘えん坊のYちゃんには、触角がかわいい蝶を
a0254243_8555045.jpg


元気に飛び回るKちゃんには、極楽鳥のハカランダ色を
a0254243_8571584.jpg


・・・なんて勝手に、メキシコの外孫を思いながらチクチクです。

出来上がり寸法 横14×高さ15㎝ マチ11㎝

【材料】
オトミ刺繍サンプルパターン 12㎝×12㎝ (シウダテラ市場)
無地ブロード、裏プリント木綿布地 (Bayon)
紐、ビーズ (Fantasias Migel)

日本時間 金曜日11時更新 「YUKKEの今日もラテンステップで」
どうぞ、こちらからお楽しみくださいね。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「別冊 どうする?40代からのファッション&生き方」

dosuru40.com



毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-03-22 00:22 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.9 チアパス織り 水色の信玄袋

 チアパス・コーヒー(オーガニック&フェアトレード)の行商をしているチアパス在住のパウロさんから、昨年秋に買いもとめた水色の幅30センチ、長さ150センチのチアパス織りで、信玄袋の2つ目を制作しました。

a0254243_10552351.jpg


 実は、この布は、“いわくつき”だったんです。
 販売用のテーブルの隅っこに広げられてあって、一目ぼれしたのだけど、とても高価でした。
パウロさんが、
「それキズものなんです。
織り姫が途中で体調を崩して、最後の30センチだけ違う人が織ったんですよ。
糸も、文様も同じなんだけど、織り姫の手によってこんなにもテクスチャーが違うんですよね。
よくみると、わかるでしょ、ここから織りの風合いが違うから・・・。」と。

a0254243_10564258.jpg


 白い点線の部分から右が最初の織り姫が織ったところ。
左が、体調のわるい娘に代わって違う人が織ったところ。
実に、よーく見ないとわかりませんが、織り手の糸の引き具合や、人の気持ち、体調もこうして織りに現れるというのが、私の心を大きく揺さぶって、不具合の事情を聞かなければ買いもとめなかったと思います。

 あとで聞いたお話しでは、
この織り姫が、妊娠中に織った作品。
この写真のアンドレアさんです。妊娠中に体調を崩して倒れたのだそう。
でも無事に、昨年の11月14日にアナ・ラウラちゃんが誕生しました。この子もいつか織り姫になるんだよね。
写真は今年の1月6日に撮った写真です。(写真:パウロ氏)

a0254243_10573755.jpg

構図が『聖母マリア様と巫女キリスト』を思わせるとパウロさんがいいました。

 この作品を、最後まできちんと仕上げなくては、きっと赤ちゃんの出産準備(お産や赤ちゃんを迎える費用)が出来なかったのでしょう。
 倒れた妊婦のアンドレアさんに代わって、義理の母親のアントニアさんが織ったのだと思いますとのこと。
こうした詳しい事情は、先日知ったのですが、
「ストーリーがあるもの(いわく付き?)に惹かれます」と言って、天邪鬼な私は、あのとき即決で買い求めました。いま詳しくお聞きして、倒れた織り姫に、無事に赤ちゃんが生まれて、また織り物ができるようになって良かったなぁ~。
きっと今日も赤ちゃんをあやしたり、オンブしながら機を織っていることでしょう。

a0254243_10592228.jpg


 紐通しは、同じ水色のリボンにしないで、うすいベージュのリボンにしました。
織り幅×2が、袋の幅になるので、オレンジ織りよりも2センチほど横幅を大きく取ることが出来ました。
ただ、柄あわせの都合で、縦糸と横糸を逆に繋いであります。
 本来は、横長のひし形模様を、剥ぎ合わせの都合で、縦に使っています。
でもそうしたことで、両サイドで、柄あわせできて良かったかなぁ。

チアパス織りの織りものの幅は、30センチ。
和服の反物は、今は日本人の体格が良くなったので幅が広くなりましたが、昔は32センチくらいの反物がたくさんあったので、モンゴロイドの体型から生まれた居座織りの身幅に同じなのでしょうね。

 この文様も、なんとなくこぎん刺しに似ていて、インディヘナは、遠く日本人と同じ祖先のモンゴロイドだったんだと思いを馳せます。
 まだ少し残っているので、もうひとつ作ろうと思っています。

制作時間、3時間。
出来上がり寸法 縦15センチ 横17センチ マチ12センチ。
型紙・制作方法は、YUKKE@オリジナル。

金曜日11時更新 「YUKKEの今日もラテンステップで」
どうぞ、こちらからお楽しみくださいね。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「別冊 どうする?40代からのファッション&生き方」

dosuru40.com

今週は、突撃隣のメキシコベッドルームという過激なレポートです。
さすがアモーレの国はちがうわねぇ~

「どうする40」にはFacebookページ(ファンページ)が出来ました。
定期購読したい人は、FBで「どうする40」を検索して「いいね!」



毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-03-16 01:11 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.8 チアパス織り オレンジの信玄袋 kawaii

 メキシコで、このチアパス織りに出会った時から、和装小物にしたいと思っていました。
それで、信玄袋です。
 メキシカンキッチュ × ジャパニーズエスプリ
って感じです。

a0254243_245582.jpg


インドのサリーでは、名古屋帯を作って楽しんだこともあったのです。
その時の様子は、こちら→★
(ヒンズー教では、サリーの反物に鋏をいれるのはタブーといわれていて、あの長い布のままを装うのが大事な教えです。それを、またまた大胆に切って帯にしたのだ。ヒンズー教の神様ごめんなさい。罰当たりなわたしなのだ。)

 ジャワ更紗、インド更紗は、昔から和装小物や、帯として、日本からずいぶんとたくさんの和装や帯メーカーのバイヤーが来ていました。
 メキシコには、来ないんでしょうかねぇ。こんな見事な染織があるのに・・・。
きっと、誰かしらそんなことを考えて、メキシコの染織で、何かしらを作っていたと思うけど。

a0254243_2465933.jpg


 オレンジの裏の布は、インテリア用の厚手の織り文様があるもの。
ギリギリで織り布を断ったので、やや小さめですが、大島に博多の帯をあわせて、この信玄袋をあわせるものいいかなぁ~と。

a0254243_2462360.jpg


 アクセントにと、紐に、メキシコの木のビーズを通してみました。
やや小ぶり。たぶんこれ、ゆくゆくは、娘へ。
大人用(私用)には、もう一回り大きく作りたいなと思います。

 刺繍の布が厚手だけど、ミシンが、頑張ってくれました。制作時間、3時間。
出来上がり寸法 縦15センチ 横15センチ マチ12センチ。


【材料】
チアパス織り 布地 18センチ×56センチ (シウダテラ市場)
オレンジの裏布 オレンジのリボン (Bayon)
紐、木製ビーズ (Fantasias Migel)


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-03-14 00:42 | ハンドメイド

ハンドメイド Vol.7 オトミ刺繍のドロップバック kawaii

 メキシコのHidalgo(イダルゴ)州Tenango(テナンゴ)のオトミ族の刺繍。とってもカラフルで綺麗です。
 エルメスがスカーフのデザインにとこのパターンを買いとったり、コンバースのスニーカーの模様になったりして、カラフルな花や動物たちのパターンが世界中で大人気です。メキシコ発信のフォークアート。

 当地に暮らす外国人の奥様たち。
フランス人マダムは、ランプシェードにしたり、トレイやフレームしたりしています。
ドイツ人の奥さまも、単色のオトミ刺繍で、ベッドリネンや、テーブルセンターを制作していました。
 どこの国のマダム達も、メキシコのフォークアートを上手に生活に取り入れて暮らしてるの。
わたしは、物へのこだわりに生産者のこともちょっと気になる。だから、彼女たちが、商売っ気たっぷりにプロデュースしたものは、参考にはしても、絶対に買いたいくないんだなぁ~。
 買い求めるなら、メキシコ人のインディヘナさんたちからが、いいと思う。

a0254243_726134.jpg


 そしてインディヘナたちから、あれこれ買い求めては、他国のマダムたちのように自分が、クリエイトするのを楽しみたくて、小さな作品作りをしています。
過去にもMichikoさんのインテリア書道をこのオトミ刺繍でフレーミングしたりしました。
詳しくは、過去ログのこちら→★

 今回は、クッションほどの刺繍布地だけを市場で買いもとめて、デニムとあわせてドロップバックを作ってみました。

a0254243_7212439.jpg


刺繍の色が濃いのであわせる色は、デニムくらい濃い色でないと負けちゃうね。
コントラストがはっきりしたのでデニムを選んで正解だったかな?

 私は、縫い目に落とさないように、ギリギリ2ミリに端ミシンをかけるのが大好きなの。
一日、カタカタとミシンを踏んでいました。
a0254243_722115.jpg


 デニムの裏には、接着芯をはってシャリ感をだしました。
マグネット・ボタンを裏布につけて、内ポケットもこしらえました。

a0254243_7224898.jpg

 こちらは、チアパスのいつもの手機の織り物ですが、珍しくうすい水色。
水色のダンガリーを探したけど見つからないから、シャツ用のオックスフォードにしました。
キルト芯をいれて、先のものと違って、ふっくら厚みを出しています。
 内ポケットは、携帯電話ように、ちょっとマチ入りに。

 どちらも3時間ほどで完成。
しつけをしっかりすれば、ミシン縫いも一気にガァーとかけることができますね。

 つぎは、ゲレロのミニ刺繍で作品を・・・、こうご期待!

【材料】
刺繍布地 オトミ刺繍、チアパス織り (メキシコシティの市場にて)
デニム、オクスフォード(綿)、裏布(ストライプ)、キルト芯、接着芯 (メキシコシティ Bayon→★ Prad Norte店)
マグネットボタン (Rick Rack)

【型紙】
ドロップバックは、「雨つぶ・しずく」をイメージしてデザインされたもの。Rick Rackさんのオリジナルパターンです。
Rick Rack ドロップバック型紙 こちら→★
海外発送も対応してくれます。
今回はネット注文確定から、わずか3日で私の自宅へ届きました。

++ オトミ刺繍 参考作品 ++

a0254243_1035325.jpg


 イダルゴのオトミの村で、職人から直接買い求めたという、友人のコレクションの数々を見せていただいた。
 上段の作品は、横長で2メートル。連続の刺繍は緻密でほんとうに素晴らしい。(通常は縦柄が多い)
一部、撮影の画像がうまくつながらなかったのが残念。
 友人は、この素晴らしいコレクションを、なにげな~く“ランチョンマット”に使用している!メキシコの一般家庭でもテーブルのセンターにもよく使われているライナーでもある。
 そして、いい作品は、洗濯をしてもまったく縮むこともなく、色落ちもしない。
下段左の鹿のツノのステッチの細かさには目を見張る。裏の仕上げに至っては、涙が出そうなほど、細かいのが驚きです。私がバックにした刺繍の数倍もの、細かい刺繍で、どれもが見事なコレクション。こういう作品には、リメイクではとても鋏は入れられないね。


毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2013-03-13 00:51 | ハンドメイド


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧