タグ:本 ( 46 ) タグの人気記事

秋の夜長に読む本

 東京の家もですが、今暮らす家も、図書館まで徒歩5分。
今度は県立図書館というとってもありがたい読書環境です。

 今回も利用者登録をしてWEBでの予約取り寄せサービスを駆使していますが、まだ住民税も払っていないのに、こんなに税金の還元をいただいてありがとうって感じです。
 せっかくだから公立図書館使い倒したいですよね。

 驚いたことに、図書館のパソコン、OPACでログインすると、そこにはマイページがあって、自分の好きな本棚を作成することができます。(もちろん自宅からも) スマホや、iPadの電子ブックの本棚みたいな感じです。
 読んだ本、読みたい本など自分で本棚をいくつも作成できるので、検索したて読みたい本のデータはここにプール。
その本棚から直接予約をしてもいいし、図書館についたら、マイページをOPACから開いて印刷ボタンを押せば、どこに配架されているかという資料配架情報もプリントできるようになっています。
 あぁ、県立図書館のサービス、ずいぶん進歩しているねぇ~。

 そうそう、書店の本のバーコードをスマホのアプリで読むと、自分の利用している図書館のWEBサイトに飛んで検索してくれる便利なアプリもありますよ。
日本に帰国して一番先にダンロードした便利アプリ。
私は、新刊本はこれを駆使してます。本は、買わない主義なんですよぉ~。よほどのことじゃないとね。

 登録図書館の本を検索してくれる無料アプリは、
iPadなので、Appleの「図書館日和
Bookever」(こちらはAndroid版 Evernoteともリンクしてます)

 本読みのセンスのいい友人たちが、FacebookやSNSにアップする読後の感想で、「読みたい!」本が見つかるたびに、図書館の読みたい本棚に登録している今日この頃です。

a0254243_1028338.jpg


 3年間、日本を離れている間、帰国したら読みたいなと思っていた本を順番に貸出手続き中です。
子育て中に、子どもと楽しんだ児童文学の作家さんたちのエッセイや、芸術に関する本。

 「青い鳥」の作家メーテルリンチの「花の知恵 (プラネタリー・クラシクス)」、書庫から出してもらいました。
同じく、書庫から、「遊びの博物館」。物片づけをしているので、持っている価値について思い悩むことがいっぱいあって、役に立たないガラクタへの思いを読み説くためにと。

 梨木香歩は、思春期の娘とよく一緒に親子読書した作家。「西の魔女が死んだ」や「からくりからくさ (新潮文庫)」の作家のエッセイを2冊。
同じく「クヌギ林のザワザワ荘 (あかね創作文学シリーズ)」の富安陽子のエッセイ。童話作家の大人向けエッセイ楽しいですね。
新幹線の往復でざっと読めるお楽しみ読書にもってこいです。

 原田マハが面白いよといわれて、ジヴェルニーの食卓[電子特別版] (集英社文芸単行本)を手にとったら、すっかりはまってしまって…。
続けて、楽園のカンヴァス (新潮文庫)と、本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を読みました。

a0254243_10283978.jpg


 原田マハさん、メキシコ旅行をされて、今後はメキシコ美術で小説を書きたいとか?
あぁ、早く実現してほしいです。読みたい、読みたい。

 原田マハは、芸術の秋を、読書しながら、絵画観賞をするような感じで、キュレーター出身の小説家ならではの美術ミステリーは、秋の読書にもってこいだったのでした。

 湯水のごとく、本が読める環境にあって、こんなに楽しい秋の夜長はありません。
でも昨夜も、知らない間に寝てしまってね。でもいいの。セカンドライフには時間はたっぷりあるんですから。

 夫のふたりの地方都市生活。
お夕飯は7時、夜8時半には、静かな読書タイムがスタートするんです。







毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-10-31 10:46 | 読んだ本

予約の取れない人気店が教える はじめてのメキシコ料理

 ひさしぶりにPHP出版の編集者Oさんが遊びに来てくれました。
次の本の相談かとおもいきや、なんと今度はOさんが転勤なんだとかで、帰国したら色々相談したかったのにとっても残念です。まぁ、国内だから、きっとまた会えるね。

 お土産にと、先日発売になったばかりの「予約の取れない人気店が教えるはじめてのメキシコ料理」をお土産に持ってきてくれました。
a0254243_13375814.jpg

 人気の代官山のメキシカンレストラン アシエンダ デル シエロのシェフのモダン メヒカーノです。
メキシコ滞在経験者が、日本で再現するメキシコ料理本としてはなかなかいいです。

私は、メキシコ駐在中は、Deepにメキシコ料理の事を知りたかったので、もうちょっと本格的な渡辺シェフの「魅力のメキシコ料理―メキシコ料理の調理技術のすべて
」とか、「本格メキシコ料理の調理技術 タコス&サルサ―トルティージャの技術、タコスのバリエーション、サルサのレシピ、唐辛子の使い方…etc.
」とかを参考にしていますけど、材料の揃いにくい人には、こういうレシピがいいかなぁとお薦めですよ。

 日本に帰ったら、メキシコ駐在をしていた人から、「タコスの具材は何にしていますか?」とよく聞かれます。
なんでも入れちゃっていいのがタコスなんだけど、日本だとなかなか浮かばないですよね?
そんな時のお助けがこの本。
他にもコリアンダーのスープ、お魚のベラクルスソース、シーザーサラダのビギナー向けがあります。

 そうそう、日本に暮らすメキシコ人マダムは、こちら→★からトウモロコシのトルティージャをお取り寄せているそうです。


 暑い夏、食欲のない日は、セビッチェとビールが最高なのだ。
パーティーメニューにはもってこいのメキシコ料理。
初心者さんにももちろんお薦めでーす。



毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-08-12 13:38 | メキシコを読む

ラテン的空間デザインの魅力 SPA-DE18

 昨日のNHKのあさイチで、北欧家具に日本の民藝の器のコーディネートしている暮らしのスタイルが、じんわりブームという特集をしていました。
先月の仕事仲間とのミーティングでもそんなインテリア傾向の話題が出たばかり。
 
 日本に限らず、最近のデザインの傾向には、コンテンポラリーなものを追及するデザインの世界に置いて、「そこでしか味わえないもの」や「土着性」への回帰がみられているようですね。日本の民藝の器を暮らしにもう一度とりこむというムードが高まっているのもそのせいでしょうね。

 そのせいかラテン、古代文明、熱帯という風土、植民地文化との融合、ブラジルやメキシコの空間デザインが、今とてもホットなんだとか。

送別会やお別れの挨拶で、心揺さぶられる日々で、ときどきぼんやりぼぉ~っとして過ごしています。
そんな時に、アンテナ高くて、暮らしのセンスのいい友人が素敵な本を貸してくれました。
a0254243_233964.jpg


世界の空間デザインの雑誌スペード SPA-DE18
ブラジル&メキシコ特集です。
 メキシコ特集の巻頭には、ポランコのTori Tori、テポストランのTubohotel(チューブの個室がとってもすごい)、クエルナバカのEstudio Cinco、コヨアカンのレストランCorazon de Maguey、ローマ地区のクラブM.N.ROY club、コヨアカンのキャンディハウスThe Candy Stop Coyoacan、ヌエバレオンのマカロンショップTheurel & Thomasの7つが掲載されています。

 見て回りたいなぁ~。 まだ観て歩く時間があるだろうか。

東京に帰ったら、今度はラテン、メキシコのエッセンスの効いたインテリアを楽しみたいと思っています。
駐在の帰国後はしばらく暮らした国の余韻に浸ることになりますが・・・。今までのアジアンインテリアの融合、隔離が楽しみどころなんだろうなぁ~

 これまたプレゼントのセンス抜群のお友だちから送られたウイリアムソノマのメキシコ料理本。
a0254243_244319.jpg

英語版なのですが、盛り付けや選んであるメキシコ料理のセンスが素晴らしいレシピ本。

 お花もたくさん、いただいています。だからいつも花瓶は最後までしまえませんね!
a0254243_25246.jpg

みなさん、グラシャス!




毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-06-12 02:07 | メキシコボニータ

ハウスワイフ2.0を読了

 娘に薦められて、アメリカの有力各紙で、大論争が起きたエミリー・マッチャーのハウスワイフ2.0を読了。

a0254243_6201085.jpg


 不況が長引くアメリカ。娘の留学時代の学生寮の友人たちも、日本以上に就職難にあえぎ、そのうちアメリカンガールが2人も日本にやってきて就職している。ここ数年、多忙の娘に代わって日本での新居設営や各所の外国人登録手続きなどのお世話をするのはいつも私の仕事になっていました。

 この本は、アメリカの20~30代の高学歴キャリアウーマンの「主婦回帰」という社会現象をリポートしたもの。
ハウスワイフ2.0の数字は、1.0が彼女たちのおばあさん世代の専業主婦、そしてそのおばあさんたちの時代とは違ってバージョンアップされた専業主婦が2.0ということなのだ。
 キャリアウーマンを目指して、仕事と家庭にアップアップしてきた母親世代、そしてその次世代、超一流大学を卒業して今度はビジネスウーマン、MBA取得などの超高収入、バリバリキャリアの女性たち。
 今はもう「キャリアウーマン」という女性らしさを兼ね備えたオフィスレディーは死語なんだとかで、日本でもこういう女性は「サラリーマン女子」と言われているそうで、つまりは男性以上に仕事ができて、すっかり家事は放棄した女性。

 あたりまえだけど、男性以上に仕事をして、ちゃんと家事や育児もこなせるなんている人は世界を見回してもいるはずはない。絶対的に時間が足りないのだもの。
猛烈に働いて一日1時間程度しか我が子を抱きしめられない、まともに食事が作れないくらい帰宅が遅いんだもの、家事なんかできなくて当然じゃないですか!

 年収がゼロになって、それが夫の年収だけになったとしても、専業主婦になって「家庭をつくる」ことに価値観を見いだしている女性が増えたのは、やはり「企業の働らかされ方」に問題があるのだろうなぁ。これ日本も同じだね。

 家庭生活に新しい価値観、自ら野菜を育て、鶏や豚を買い、エコに配慮して持続可能エネルギーを使って暮らすことに重きを置き、子どもはホームスタディで自らが教育するという女性。
仕事がなくて働けないからの専業主婦でなく、高収入の夫にすがって三食昼寝つき楽(らく)したいからでの専業主婦でもない。
専業主婦その仕事に価値観を見いだいして楽しみ、生きるという女性たちのレポートなのでした。

 去年、娘に同じく紹介されたFacebookのCOOシェリル・サンドバーグのLEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲にみるガラスの天井に嘆く女性のその後の様子がみてとれます。

こんな有名な就職面接もあるくらいだし。

そう、主婦という仕事に価値観がみいだせるか?

 面白かったのは、レポートの中の女性たち、ただの専業主婦として埋没していないこと。
自分の主婦という生活観をブログで発信。10万アクセスのビックブロガーが実に多いのです。
 家事や育児を楽しむ専業主婦は、その仕事の価値を家族にときに感謝されてはいても、評価されるという事はまったくと言っていいほどない。
 自分で焼いたカップケーキ、丁寧に育てたハーブや野菜、ペンキを塗り替えた家具や壁、素晴らしいテーブルセッティング、オーガニックコットンで作ったベビー服・・・。だから誰かに共有してもらいたくてこれらをブログに発信して、共感をえたり、それらの価値を広めたり。

 おばあちゃん世代のハウスワイフ1.0が、“夫にかしずき夫が気持よく、子どもが健やかに育つことだけを願って家事の完璧”を目指していたのとはかなり違う。
 ブログの写真にはのらないごったごったのシンクや、夢のようにシンプルには生きられない厳しい現実は脇に置き、それでも「主婦という輝き」を欲している点。そしていつの間にか、人気主婦ブロガーはアフィリエイトブログに発展していき、手編みのショールや、カップケーキでビジネスをしなやかにスタートさせる現代のハウスワイフが2.0なのです。お気に入りの主婦ブロガーの発信する商品の読者の購買力、今は本当に市場を左右するほどの影響力になっていますからね。

 あらぁ、このブログのスポンサーのエキサイトブログの今週のピックアップブロガーさんたちなんて、まさにみんながハウスワイフ2.0じゃありませんか?
…なんてことを自虐的にヒシヒシと感じながら、痛快に面白かったレポートなのでした。

 専業主婦なんてつまらない。価値観が見いだせない。
仕事と家事と育児でアップアップしている。
赴任先で、いきなり専業主婦になって悶々としている。
そんな人にお薦めの本ですよぉ。

 さて、私ごとですが、まもなくメキシコ生活にピリオドが!やってまいりました。
日本に一時帰国中に決まってしまった帰任。2年と言われていたメキシコモンテレイの夫の単身赴任に始まったメキシコジェット妻生活もあと3週間です。

 帰国後の事、つらつら考えてます。夫も定年だし、今度は私が夫を帯同してどこかの国にシニアボランティアをしに行くっていうのはどうだろうか?洋裁指導、袋モノ制作指導くらいは出来そうだぞ…などなど。

 まったく海外生活を経験したことがなく英語力もかなり怪しい大親友が、ベトナム・ハノイに続いて中国の山奥にダーリンを日本に残して単身日本語ボランティア講師として赴きました。トランク2つだけの女寅二郎みたいな生活です。
 帰国後のアラフィフの生き方、主婦とか妻とかなんかにこだわらない、一人の人として今度は輝けたらいいなと、親友のブログを見ながらつらつら考えています。素敵な友だちはいつも刺激的だ!
「アラフィフ女子単身渡中」は、こちらから→★







毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-06-06 10:05

メキシコに戻ってきました

 久々にジェット妻になって飛び回りましたが、戻ってきましたよぉ、メキシコシティ。
すっかり雨季になっていてちょっと寒いわね。
 メキシコシティもやっぱり住めば都。東京の家も自分の家ですが、今の暮らしの中心はメキシコシティ。
お子たちよりもシニアな夫の方がずっと心配な今日この頃ゆえ、やっぱり自分の家は落ち着きます。

 あぁ、ほっとするわ。

たまに戻った東京なのに、ろくに美味しいものも食べに行かず、ひたすら住まいのあれこれ(掃除や修繕、買い物)に関わって暮らしていたので、おかげでとても痩せたわ。パンツはワンサイズダウンしましたが、顔はやつれるのね、歳とってからのダイエットって。

 東京の家の冷蔵庫の使いけかの食材を泣き泣き、処分して来ました。
どうしても毎回こういうロスが出ちゃいますよね。
最後は、お持たせで娘のお友だちにもらっていただく。
a0254243_320067.jpg

 食べ物や日用品、色々なロスや無駄って転勤族の辛いところ。
実家じゃないので「後はよろしく」ともいえず、ギリギリまでシーツの洗濯やら、ゴミの始末とあわただしかった最終日。

 メキシコに戻ったら冷蔵庫にちゃんと食材が買ってあったので(偉いぞ!夫)、さっそく今日からお弁当です。5月の愛妻弁当は今日だけですが。(久々にコンデジで撮影したら色が変!)

a0254243_3153476.jpg

 東京の外出先での一人ご飯、ぱぱっと済ませて次の用事をテキパキしなければならず、3回もSoup Stock Tokyoのお世話になっていました。レジのそばに売られていたこの店のスープのレシピ本。
a0254243_317940.jpg

1冊目(表紙の赤いスープはルージュの伝言のスープ)は、定番のスープレシピでしたが、続編の「スープの作りかた2 日常スープ篇」が実によく出来ていてびっくり。
 スープというより、今夜のおかずへの展開や、段取り、下準備のステップが明確なので、一人暮らしや多忙な人には、持ってこいという手引書で、よくできたレシピ本です。
 一人暮らしの男性や、新生活をはじめたばかりの人、お料理ビギナーにもお薦めです。「Soup Srock Tokyo スープのつくりかた2 日常スープ篇」の方がお薦めです。
そして子どもたちにも2冊を買って送るというお節介な母でした。

 直行便のアエロメヒコは30分も早く到着して、今回は11時間半というとても早いフライトでしたけど、やっぱりよく眠れなかったなぁ~。それでもトランジットなしはありがたや!
 親の介護中からはじまったメキシコと東京のジェット妻生活。本当に何度こうやって往復した事やら。
いよいよ、これで最後でしょう。

 メキシコライフの終わりが近づいてきました。






毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-30 03:20 | メキシコの美味しい

新刊本 「アルテサニアがかわいい メキシコ・オアハカへ」

 先のオアハカ旅の工房めぐり(過去ログはこちら→★)でお世話になった「さる屋」さんの櫻井陽子さんの新刊本「アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ (旅のヒントBOOK)」が届きました!

a0254243_9454410.jpg

 すごい!
このガイドブックもってオアハカに1週間くらい滞在したくなっちゃう!!
「こんなに全部教えちゃっていいんですか?」ってほど、総力あげたメキシコのアルテサニア(民芸品)のガイドブックです。
 櫻井さんが、丁寧に取材されたメキシコ刺繍や、染織ページは圧巻です。
美味しいグルメガイドや、可愛いホテルの紹介もあって、これはついに可愛いメキシコブームがやってくるに違いない。その火付け役になってしまいそうな一冊です。

 きのうSHIPS吉祥寺店へ行ったら、オアハカのメルカドバック(クニャクニャでなくて、しっかり編んであるほう)のブルーの無地かごや、キッチュなピンク×ホワイトの幾何学模様のかごバックが、サマー用というか、ビーチやレジャーバックとして売られておりました。
やっぱりセレクトショップに置かれちゃうと、めちゃお高いわ!(7,800円位した気がします) 
だからオアハカでは、ベニートフアレス市場は絶対にはずせないわねぇ~。
a0254243_9461045.jpg


 本の中には、このかごたちのご紹介もあるし、大好きなブリキもあるし、今までどのメキシコ本にもなかったメキシコ Bonitaが集結で、くらくらしておりますよ。

 あぁ~、早くこの本を持ってメキシコに戻りたい!
スマホから投稿すると、写真が小さくなったったわ。



毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-23 09:49 | 読んだ本

メキシコ赴任のための10冊

 メキシコ生活が長くなったら、周りの人から、「メキシコのどんな本がお薦めですか?」と聞かれることがしばしばです。旅行代理店の情報誌「Tabitabi」さんに、1年ほど「メキシコ読書案内」というコラムを連載させていただきました。(詳しく知りたい方はバックナンバーを見てね!)

 メキシコのことをスペイン語で読めたらいいけど、やっぱり日本語で書かれた本を読んでメキシコを知ることになる。メキシコ関連の日本語書籍260冊が墨西哥文庫にはあるけど、その中から、メキシコ赴任の際にはぜひ買ってきた方がいいものをごく個人的な視点で選んでみました。
意欲的にメキシコ赴任する人ばかりではないのが辛いところ。難しそうなDeepなものは省きました。詳しいメキシコ本にご興味があれば赴任後にメキシコ文庫で借りて下さいね。

 多くのメキシコ駐在員が、「地球の歩きかた ~メキシコ~」しか知らず、赴任前にメキシコ情報を探すのにご苦労されているみたいだし。準備した本が「地球の歩き方」と、「るるぶ」だけという残念な人にならないために。

 メキシコ入りしてから、ここでの暮らしを楽しむために「あぁ、買ってくれば良かった!」という人がとても多いのよね!Amazonに「メキシコ」ってキーワードを入れたくらいじゃ検索できないお役立ち本をご紹介します。
日本からの取り寄せの場合、メキシコまでの送料は、5冊ほどで3,000~5,000円ほど。早めに準備して船便に入れておきたい本です。

1)絶対買ってくるべしスペイン語が出来ないあなたのために
電子辞書を用意して、ちょこっとスペイン語の文法の本やドリル、問題集は買うとしても、絶対必携は

 この本はシリーズになっていて「スペイン」を選ぶと、メキシコで通じないスペイン語の会話本になってしまいます。かならず「メキシコ」を選択してくださいね。

不安な人は、もう一冊。


有名なマンガ家玖保 キリコさんの会話本。イラスト可愛いから苦行のスペイン語レッスンも癒されます。

2)メキシコでレストランの注文に困らないために


タコスだけがメキシコ料理じゃありません。ご接待でメキシコ料理のうんちくを披露するネタ帳にもなります。
タコスとサルサ専門の別シリーズもございます。


3)メキシコシティ観光のお伴にぜひ
着任したら半年以内行かないと、市内観光ってほとんどしなくなります。
ご帰国前に「まだ行ってないよ」って、駆け足で回ると、「あぁ、どうして…早くいっておけばメキシコ生活がもっと楽しめたのに…。」ってならないための手引書。読んでから行きましょうね!


ルイスバラカンって誰?って言わないために。


フリーダ・カーロの青い家に行って、良くわからなかったって言わないために。


堀口大學は、メキシコで青春時代を送ったんです。メキシコシティの通りの名前、この国の近代化の歴史をちょっとかいつまんで入門しておくのには便利な小説です。(赴任やメキシコ出張の飛行機の中で読んできたらいいと思う一冊。)



4)休暇のためのメキシコ旅行旅の手引書

まだ売っているといいけどなぁ~。バックナンバーを中古でどうぞ。
サンミゲルアジェンテ、オアハカなどのボニータ・メキシコ特集。


とりあえず、オアハカ行く前には必読の2冊(↓)です。



5)マヤの遺跡なんて興味がありません!という人も必読の2冊。
マヤ・アステカについて書かれた本はたくさんあれど、どれも辛抱強く読まなければならない大学の考古学の先生たちのご本ばかり…。この本を貸した人は、「とっつきやすくて、解りやすい。わたしも買っちゃいました!」というほどに、メキシコでは手元に置きたくなる本です。マンガだからねぇ~。子どもから大人まで楽しめます!


こちらは、国立人類学博物館ガイドも充実です。


 紹介しているうちに、どんどんたくさんになってしまって10冊越え。
直接Amazonに行けるようにしてありますんで、お役にたてば幸いです。

後は、テキストリンクだけ貼っておきますが、個人的にメキシコ関連本で面白かった本たちです。
うさぎのみみはなぜながい―メキシコ民話 (日本傑作絵本シリーズ)(絵本)
赤い薔薇ソースの伝説
メキシコ デザインホテルの旅 (地球の歩き方―GEM STONE)
メキシコの夢ホテル―ベストセレクション
天皇(エンペラドール)の密使 (文春文庫)(日本人コックとパンチョビラのお話)
侍 (新潮文庫)(遠藤周作が市倉常長を題材に書いた小説)
オアハカ日誌(ナショナル・ジオグラフィック版 オリバーサックス)
ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなし(絵本)
メキシコのかわいいデザインたち―陽気な風土が作り出すポップな日用品
コーラを聖なる水に変えた人々―メキシコ・インディオの証言 (インディアス群書 2)
メキシコのわが家へようこそ
メキシコからの手紙―インディヘナのなかで考えたこと (岩波新書)
メキシコの輝き―コヨアカンに暮らして (岩波新書)

ついでにメキシコ映画のお薦めDVD


ご参考になれば幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-05-03 02:18 | メキシコを読む

合理的なキッチン収納ができれば、とても簡単なの!

 お付き合いで夜の外食が続いたり、週刊コミーダ・コリーダで積極的に外食していたら、見事に太りました。
だから、ここ数日、軽めの食事をしています。一週間ほど続けると難なく3キロくらいは落とせるのです。
毎日の食事って、本当に怖いなぁ、大事だなぁと思います。できれば外食したいくない!
a0254243_143648.jpg


 今の駐在には、自宅接待やお持ちよりパーティーというヒエラルキーは消滅したのだと思います。
総合職で駐在する女性も増えている時代。なにも帯同される配偶者にまで社内接待や、懇親のための手料理を強いることはないでしょうしね。
a0254243_1112946.jpg


 ここ(駐在コミュニティ)では年齢的に、最年長の私ですから、知人や友人を自宅に招くときは、「持ち寄りで・・・」とは、言わないを心がけています。
a0254243_112039.jpg

同年代の料理が好きならいざ知らず、作って持参してもらうのというのは、私が言うにはあまりにも強制力がありすぎるからね。(こういうの年長者から言われたら、断れないでしょ?姑さんとて、きっと同じ気持ちだろうと思いまする。)
 知り合いには、お持ちよりなら参加しませんという“きっぱりの人”もいますしね。
PTAのママ友や、同年代とポットラックが気軽にできた若いころが懐かしい。
でもそう言う役回りになったんだと妙に納得もしています。
誰かをお呼びしてご飯を食べていただくのは、私も楽しいし、なんたってやりがいや生きがいを感じちゃうよ。「ごちそうさまを聞きたくて」っていった料理研究家の気持がよくわかります。

a0254243_1132434.jpg


 お片づけコーチングの仕事では、家のしつらえに加えて、来訪者のおもてなしや、パーティーまでの段取りのコーチングもしています。もちろんキッチンの合理的収納のアドバイスがあって、それの延長ということで。

 先日NHKのあさイチに、同僚の整理収納アドバイザーが、被災地の仮設住宅での整理収納のアドバイスをしていました。もう長い事ボランティアでサポート支援しているみんなの姿にじーんと感動して拝見していましたが、仮設住宅の極小キッチンといわれるスペースが都心のアパートやマンションとさほど変わらず、生活力や、収納術で簡単に解決できるのになぁ~、私も手伝いたい!とため息でした。

 なんでも一から手作りというこだわりは必要ないけれど、着実に日本人の暮らし生活力は落ちている。
そして、当たり前の食生活や家のしつらえ、衣類の洗濯と手入れという一連の生活のためのライフネットの作業を忍耐強く長年続けることが難しくなってきましたね。年齢的に私も続くと堪えるなぁって時がある。

 自宅にお招きする時は、日常のご飯の支度のちょっと延長という食事の準備を心がけています。
2時間以内に準備できるお食事メニュー。小さなお集まりのときの献立。
 アペタイザーを3種くらい、スープ、前菜、メインディッシュ、デザート。
a0254243_1141080.jpg

今回も2時間でできるささっと料理とセッティング。
 どーんと、一度にお料理を出しして取り分けてもらうよりも、ひと品づつサーブする方がお客さまの満足度が高くなりますね。

 東京で、お料理上手なStudio HAGAの講師による「合理的なキッチン収納」講座があります。
(わたしもオブザーブ参加予定)
5月27日(火曜日) 10:00-12:00
会場は、吉祥寺第一ホテルワミューズにて
詳細(こちら→★)とお申し込み・問い合わせは(こちら→★)からどうぞ!

この日の献立<2時間で作るおもてなしクッキング>
・アペタイザー (ロメリートのタヒーニ・アーモンド和えトマト添え、プロシュート・チーズ&手作りいちじくジャム、カナディアンベーグルのカニディップ)
・スープ (マッシュルームのポタージュ)
・前菜 (サーモンとほうれん草のキッシュ 画像なし)
・メインディッシュ (ドラムステーキ グリンピースライス、ビーツサラダ、ルッコラ添え)
・デザート (ロールケーキフルーツ添え、バニラアイスクリームのフランボワーズ&テキーラソースかけ)
市販品や、手土産デザートを組み合わせています。

毎度ご訪問ありがとうございます。ご飯ネタの時は、こんなランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-04-26 01:26 | メキシコの美味しい

ガルシア マルケス追悼読書 百年の孤独

 セマナサンタの休暇中に、ガルシア・マルケスの訃報を知りました。
メキシコ赴任が決まった時に真っ先に古本屋で買い求めた「百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))」。
長年、埃をかぶって“積ん読状態”でしたが、時間があるときにと、ようやく重い腰をあげて読みはじめました。

a0254243_016118.jpg


 長い事読了できずに2度、放りだしてしまったので、実は3回目の挑戦です。
今回も、時間があるから向き合えるけど、まったくの難解。
わたしはこういう前衛的なものがとても苦手ですが、ノーベル文学賞受賞作品で、ラテンアメリカ、欧米では絶賛された一冊。
多くの知識人が絶賛しているけど、解らないものは、解らないわね。

 あの松岡正剛氏さえもが、「千夜千冊」で、この摩訶不思議なとっつきにくい本を読み説く苦労を語っているし、家系図作成していらっしゃったからねぇ。(・・・と、自分の解らなさを納得させています。)
大江健三郎や寺山修二にも大きな影響を与えたといわれるマルケス。
家系図や登場人物の関係図を書きながら読んだ本は、インド時代のラーマ・ヤーナや、マーハバーラタ以来。中南米のスペイン語圏の人たちには、絶賛されているとしたら、私にはラテン文学の感性は、皆無な気がします。

 ガルシア・マルケスはコロンビア人ですが、晩年はずっとメキシコシティに暮らし、なんと先日はメキシコの国葬が行われたほどの超著名人の英雄。国葬に値する作家ということですからねぇ。
 ようやく読み終えたけど、他の気になる作品「コレラの時代の愛 [DVD]」は、映画で観ることにしましたよ。

実はまだ、手元に買い置いているラテン文学はあと2冊ある。
a0254243_0184669.jpg

オクタビオ・パスの「孤独の迷宮―メキシコの文化と歴史 (叢書・ウニベルシタス)」と、別冊登場人物&歴史年表付きのカルロス・フエンテスの「澄みわたる大地 (セルバンテス賞コレクション)」。メキシコに暮らす間に読了できるかなぁ。

 多くのラテン文学は、実に難しくて難解。
超常現象や、迷信、何代にも渡る家族のつながり、信じられない習慣(土を食べちゃうとか…)などがあって、当地に暮らしてもイメージできない描写が多すぎて困惑の極みです。
どうにか読み終えたのは、「精霊たちの家」(イザベル・アジェンテ)、「赤い薔薇ソースの伝説」(ラウラ・エスキヴェル)くらいなものです。

 メキシコ人と文学についてや、ブックトークをするような機会はまったくないけど、文学の底知れぬ深さに感嘆とため息ばかりなのです。
 本読みは大好きなのだけど、メキシコでラテン文学散歩はとても無理だと思うわたしです。




毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-04-25 23:45 | メキシコを読む

停電の夜に (駐妻にお薦めの一冊)

 まだ雨季には早いのに、あまりに暑くなった日は、夕方から夕立になったりします。
ラテン文学を読むと、“一天にわかに暗くなり、急に激しい突風が襲い、洗濯物が飛び、雨がやってくる”というような表現が随所に出てくるけど、メキシコシティもまさにその舞台のような天候になっています。

 ここ数週間、夕方は落雷と雨。
すぐに雨水は土にしみ込んで焼け石に水なのだけど、その前に吹く突風に、「あぁ、あの小説の表現は決して誇張じゃなかったんだな」と思ったりします。
 メキシコに暮らしながら、メキシコの文学を読むのはそんな楽しみもありますね。
a0254243_1153340.jpg

落雷や急な雨でわが家も停電になることがしばしば。

もうね、途上国生活が長いと、家の修理や不具合をブログネタにする気にもならないのだけど。
インド時代に、散々書きまくっていて、今読むと若気の至り。
「あなたは何さまのつもりよ?」って自分に突っ込み入れたくなる。生活力のなさ、寛容さに欠けて恥入りたくなるわ。
便利な国に生まれ育った人の、理不尽な修繕生活への怒り。思いどうりにいかないのは当たり前だから。
縁あって、暮らさせていただき、夫が稼がせていただいている国のあれこれをあげつらって愚痴や悪口を言わない事にしたわ。まれに上手く行ったら、あぁ、ありがたい事と感謝して…。
ちょっと私も海外生活が長くなって成長したかな。

 先日も珍しく2時間も停電。
晩ごはんは半分明るいうちに仕込んでいるので、間にあったけど、本は、蝋燭じゃ読めないのね。
今は電子ブックがあって本当にありがたいと、まんじりと2時間電子ブックを読みながら過ごしていました。

a0254243_123125.jpg


 中国雑貨の輸入販売をしている近所のメキシコのドンキホーテみたいなお店で買ったキャンドル。
まさか電池で灯るとは知らずに、良く見もせずに買ったら、電池のキャンドルだった。
あぁ、ありがたい事です。

a0254243_1234637.jpg


 こういう時はとても便利ね。風が吹いても、子どもやペットがいても安心。
あまりによく出来た蝋燭の質感で、それを知らずに夫は、マッチで火をつけようとして電球を焦がしていましたけどね。

それで、思いだして再読したのは、ジュンパ・ラヒリの「停電の夜に」。
私のような思いをしている人は日本人だけじゃないのよね。
ジュンパ・ラヒリは、インド系アメリカ人の女流作家ですが、駐在妻の心境を見事に描いた作品ばかりで、ずっと私のお気に入り。
世界の駐妻も同じような辛さを胸にそっと秘めているのねと、思わせてくれる一冊です。
(たしか、ジュンパ・ラヒリは数冊、墨西哥文庫にもあったはず…。)




毎度ご訪問ありがとうございます。
こんなランキングに参加しています。お時間があれば、ぽちっとお願いね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
by jetwife | 2014-04-08 08:35 | 読んだ本


駐在5都市目 アラフィフマダム Mexico暮らし


by YUKKE

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いらっしゃ~い!

* リンクフリーです

*お知らせ*

2013年2月17日の記事
2013年2月20日の記事
2013年2月23日の記事

2013年3月7日の記事
2013年3月13日の記事
2013年3月14日の記事
2013年3月17日の記事
2013年3月22日の記事
2013年3月28日の記事
2014年3月15日の記事
Exciteの「かわいい」に
選ばれました。

2013年4月2日の記事
2013年7月3日の記事
Exciteの「旅とさんぽ」
に選ばれました。

2012年9月18日の記事
2012年10月2日の記事
Excite ニュース「コネタ」に
選ばれました。

2014年2月5日の記事
Exciteの「おいしい」に選ばれました。


トリップアドバイザー
メキシコTepoztlan
観光・ホテル口コミ情報



+ + + + +

 18回も世界中をお引越をしたら、お片づけコーチになってしまいました。お片づけに、お困りの方は、ご相談くださいませ。

Studio HAGA
お片づけコーチング
http://www.okataduke.net/

+ + + + +


free counters

カテゴリ

全体
THE お片づけコーチング
ちょこっとお仕事
ラテン文化
暮らしの工夫
メキシコの美味しい
メキシコの旅
メキシコシティー散策
サバイバルスペイン語
メキシコを読む
メキシコインテリアの素敵
メキシコボニータ
メキシコあれこれ
ふれあい街歩き
言いたい放題
一時帰国@japon
読んだ本
週刊コミーダコリーダ
ハンドメイド
過去ログはこちら
海外への旅
アラフィフのつぶやき
TOKYO
YATSUGATAKE
Discover JAPAN
Oebnto @ Japan
カメラ散策
愛妻弁当
未分類

最新の記事

メキシコ便利帳が発刊されました!
at 2016-12-26 14:42
長らくご愛顧いただきありがと..
at 2015-11-16 17:37
メキシコ生活情報の更新 ~ラ..
at 2015-11-06 14:05
2015年秋の愛妻弁当まとめ
at 2015-11-04 13:19
10月の八ヶ岳(3) ~コゲ..
at 2015-10-14 18:22
10月の八ヶ岳(2) ~ヤマ..
at 2015-10-11 17:48
10月の八ヶ岳(1) ~Wo..
at 2015-10-10 17:15

以前の記事

2016年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

YUKKESCRAP

外部リンク

ライフログ

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧